hurattoko-teddoretoriba - i

フラットコーテッドレトリバーの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【フラットコーテッドレトリバー】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

フラットコーテッドレトリバーの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、フラットコーテッドレトリバーのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

フラットコーテッドレトリバーの画像

フラットコーテッドレトリバーの平均寿命は?

陽気で明るい性格のフラットコーテッドレトリバーの平均寿命は8年~10年と言われています。

短命に感じるでしょうが、平均寿命はあくまでも1つの目安だと理解して下さい。

犬の体質や飼育環境を整える事で平均寿命より長生きする可能性があります。

購入を検討する際はフラットコーテッドレトリバーにとって良い飼育環境などを調べる必要がありますね。

フラットコーテッドレトリバーの寿命と長生きするコツ

フラットコーテッドレトリバーの平均寿命8年~10年を延ばすにはいくつかのポイントを参考にする必要があります。

「スキンシップ」、「運動と食事のバランス」、「正しい躾」です。

飼い主と過ごす事を望む犬種です。

定期的にスキンシップを取ってあげましょう。

あまり構ってあげないと閉鎖的な性格になってしまう可能性があり、飼い主の言う事を聞かない事があります。

運動量がかなり多い犬種なので運動時間はしっかりと取らなくてはいけません。

運動内容は計画的な運動プランを考えて行う様にしましょう。

肥満になりやすい体質でもある為、栄養バランスが整ったフードを選ぶ必要があります。

賢い犬種ですが、本来の狩猟犬としての本能を持ち合わせています。

人間社会で幸せになる為に躾はしっかりと行いましょう。

甘噛みでも許してはいけません。

自身が無いならブリーダーに預けると良いでしょう。

Sponsored Link

フラットコーテッドレトリバーのかかりやすい病気は?

フラットコーテッドレトリバーがかかりやすい疾患は様々ですが、知識として覚えておく事は発症を早期発見する為にとても重要です。

重要性の高い病気だけでも覚えておきましょう。

すい臓から分泌されるインスリンの働きに異常が見られ、血液中の糖の濃度が高くなり、高血糖になってしまう糖尿病や、股関節が発育の段階で形態的な異常を起こし、歩行異常などの様々な症状を引き起こすと言われている股関節形成不全、白内障や緑内障、網膜が委縮して最終的には失明する進行性網膜委縮症などがフラットコーテッドレトリバーがかかりやすい病気としてあげられます。

毎日しっかりスキンシップを取って異変を感じたらすぐ動物病院へいきましょう。

フラットコーテッドレトリバーの病気のサイン

病気には様々な初期症状があります。

飼い主が日頃より健康チェックをしてこの初期症状を発見する事で早期治療に入れるのです。

糖尿病は飲水量や尿量が増え、多飲多尿や、食欲があるのに体重が減少する、または食欲や元気の低下、嘔吐や下痢、神経障害や昏睡などを引き起こします。

他の病気を併発する事もある為注意しましょう。

股関節形成不全は歩行や四肢に異常が出る場合があります。

横座りをしたり、腰を振るように歩いたり、四肢をつっぱるように歩いたり、ウサギ跳びの様に後ろ足を一緒に動かしたり、立ち上がりに時間がかかったり、高い所の上り降りができなくなったりします。

重症化すると歩行が困難になる可能性があるので、歩行に異常を感じたらすぐに動物病院へ行きましょう。

緑内障は眼球に痛みを伴う事がある為、目を気にしたり瞑ったままになる事があります。

白内障は瞳の水晶体が白く濁ります。

進行性網膜委縮症は瞳の中がキラキラ光るよ様に見え、一瞬綺麗と思う方もいる様ですがそれは網膜が委縮している症状です。

病気の予防法と対処法

フラットコーテッドレトリバーには豊富な運動量が必要です。

運動不足になると退屈からくるストレスで乱暴で攻撃的になったり、破壊的行動が増える事があります。

狩猟犬として豊富な体力を持つフラットコーテッドレトリバーに破壊的行動を取られたらたまったものではないですよね。

散歩は1日2回1回1時間~2時間以上行う様にしましょう。

歩くだけではなく、早歩きやジョギングを入れた運動をする様にしましょう。

定期的に広い場所で自由運動をさせる必要があります。

ご自宅近くのドッグランを調べておきましょう。

小さい犬を見たりすると興奮して他の犬に大怪我を負わせてしまう事がありますのでドッグランは誰もいない時間を狙って連れて行くようにしましょうね。

ボール遊びやフリスビーなどの遊びを覚えさせてあげるとストレスが緩和されて心身共に安定する事もあります。

フラットコーテッドレトリバーの老化のスピード

平均寿命が8年~10年のフラットコーテッドレトリバーは6歳を過ぎた頃から老化が加速します。

それまでは元気に散歩や遊びをしていても老化が進みあまり元気が無いように感じる事もあるでしょう。

環境やフードによって老化のスピードには個体差があります。

いつまでも元気でいてもらう為にそれなりの環境を整える必要があります。

フラットコーテッドレトリバーの老化に伴う外見の変化

フラットコーテッドレトリバーの老齢化が進むと、外見にも変化が見られる様になります。

体は弛み、お腹が垂れてきます。

運動量が減る為、肥満化する事もあるでしょう。

お尻の肉が落ちて、全体的に痩せた様な状態になる事もあります。

老齢化が進んでも散歩はしっかり行う様にしましょう。

体毛は艶が無くなり、瞳が白内障で白く濁る事もあります。

老化に伴う外見の変化

老犬におすすめのの食べ物は?

フラットコーテッドレトリバーは大型犬で運動量が多い反面、食が細いのであまり多い量を食べません。

なのでフードは高カロリーのものを選ぶ必要があります。

運動能力が高いファラオハウンドには動物性タンパク質が豊富なフードを選ぶ必要があります。

その他にも関節のケアに必要なグルコサミンや、コンドロイチン、眼疾患予防にビタミンやミネラル、皮膚のケアに必要な鶏脂やサーモンオイルなどが含まれたフードを選ぶと良いでしょう。

アレルギー物質によって発症するアレルギー性皮膚炎を予防する為、グルテンフリー、ヒューマングレードのフードを選ぶ必要があります。

老齢化したスタンダードプードルは食欲不振になる事がある為、フードをふやかしたり、缶詰やパウチタイプのフードを混ぜて食欲を刺激しましょう。

ラム肉やささみ肉等を茹でて与えても良いでしょう。

Sponsored Link

フラットコーテッドレトリバーに適した散歩の量は?

フラットコーテッドレトリバーには豊富な運動量が必要です。

運動不足になると退屈からくるストレスで乱暴で攻撃的になったり、破壊的行動が増える事があります。

狩猟犬として豊富な体力を持つフラットコーテッドレトリバーに破壊的行動を取られたらたまったものではないですよね。

散歩は1日2回1回1時間~2時間以上行う様にしましょう。

歩くだけではなく、早歩きやジョギングを入れた運動をする様にしましょう。

定期的に広い場所で自由運動をさせる必要があります。

ご自宅近くのドッグランを調べておきましょう。

小さい犬を見たりすると興奮して他の犬に大怪我を負わせてしまう事がありますのでドッグランは誰もいない時間を狙って連れて行くようにしましょうね。

ボール遊びやフリスビーなどの遊びを覚えさせてあげるとストレスが緩和されて心身共に安定する事もあります。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

フラットコーテッドレトリバーは愛想が良く、飼い主に対しても嬉しいことがあった時は尻尾を大きく振って喜びを表現してくれます。

とても賢い犬種なので飼い主は躾の際に自分が要求する事を明確に伝える必要があります。

飼い主が言っている事が理解できずにいるとフラットコーテッドレトリバーにとってストレスとなりいう事を聞かなくなる原因となります。

運動量が多い犬種なので運動不足は勿論ストレスとなります。

十分な運動時間を確保してあげましょう。

フラットコーテッドレトリバーの寿命に関するまとめ

陽気で明るい性格のフラットコーテッドレトリバーを飼育する際に必要な事は毎日の運動とスキンシップです。

狩猟犬として誕生したフラットコーテッドレトリバーは元気いっぱいな犬種です。

運動不足はストレスが溜まり、イライラから破壊的行動を取ったりとトラブルへつながります。

毎日欠かさずに運動をしてあげましょう。

遊ぶ事が大好きな犬種なので飼い主がスキンシップをしっかり取って一緒に遊んであげて下さい。

活発なフラットコーテッドレトリバーの健康を守るのも飼い主の務めですよね。

コメントを残す

*