buraddohaundo-i

ブラッドハウンドの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【ブラッドハウンド】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ブラッドハウンドの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ブラッドハウンドのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ブラッドハウンドの画像

ブラッドハウンドの平均寿命は?

ジャーマンシェパードをも凌ぐ嗅の持ち主であるブラッドハウンドの平均寿命は10年~12年と言われています。

大型犬としては平均的な数字ですが、平均寿命はあくまでも1つの目安だと理解して下さい。

犬の体質や飼育環境を整える事で平均寿命より長生きする可能性があります。

購入を検討する際はブラッドハウンドにとって良い飼育環境などを調べる必要がありますね。

ブラッドハウンドの寿命と長生きするコツ

ブラッドハウンドの平均寿命10年~12年を延ばすにはいくつかのポイントを参考にする必要があります。

>「病気の予防」、「運動と食事のバランス」、「躾」です。

運動量が多い犬種ですが、大型犬故に大きな体は関節や臓器への負担となります。

気づかないうちに重大な病気を発症しているかもしれません。

運動量がかなり多い犬種なので運動時間はしっかりと取らなくてはいけません。

運動内容は計画的な運動プランを考えて行う様にしましょう。

肥満になりやすい体質でもある為、栄養バランスが整ったフードを選ぶ必要があります。

そしてブラッドハウンドを飼育する際に最も必要な事は正しい躾をしっかり入れる事です。

子犬の頃より徹底した服従訓練、指示を聞くといった訓練が必要になります。

素人だけでは難しいので警察犬の訓練学校に通いプロの指導を受けて飼い主も一緒に成長する必要があります。

初心者にはハードルが高い躾の為、購入の際はお近くのスクールを調べておきましょう。

Sponsored Link

ブラッドハウンドのかかりやすい病気は?

ブラッドハウンドがかかりやすい疾患は様々ですが、知識として覚えておく事は発症を早期発見する為にとても重要です。

重要性の高い病気だけでも覚えておきましょう。

股関節が発育の段階で形態的な異常を起こし、歩行異常などの様々な症状を引き起こすと言われている股関節形成不全や耳に炎症が起こり悪臭を放つ外耳炎、アレルギー性皮膚炎などの皮膚疾患、胃が大量のガスで膨れ上がり、胃がねじれてしまう胃捻転など様々です。

ブラッドハウンドの病気のサイン

病気には様々な初期症状があります。

飼い主が日頃より健康チェックをしてこの初期症状を発見する事で早期治療に入れるのです。

股関節形成不全は歩行や四肢に異常が出る場合があります。

横座りをしたり、腰を振るように歩いたり、四肢をつっぱるように歩いたり、ウサギ跳びの様に後ろ足を一緒に動かしたり、立ち上がりに時間がかかったり、高い所の上り降りができなくなったりします。

重症化すると歩行が困難になる可能性があるので、歩行に異常を感じたらすぐに動物病院へ行きましょう。

アレルギー性皮膚炎は激しい痒みが出る為、皮膚を掻き毟り、脱毛する事があります。

胃捻転などは大量のよだれや、腹部を舐める行為、お腹が膨れる等の症状が出ますは発症すると緊急性が高い病気です。

発症すると早急な治療が必要で、最悪の場合死に至る為、発症させない事が大切です。

病気の予防法と対処法

ブラッドハウンドは豊富な運動量が必要です。

運動不足になると退屈からくるストレスで乱暴で攻撃的になったり、破壊的行動が増える事があります。

ブラッドハウンドは嗅覚が優れている為、電柱や塀などの臭いを嗅ぎながら散歩をし、思っている以上に時間がかかる場合があります。

そうする事で自信の好奇心を満たしている事があるため我慢強く付き合ってあげましょう。

散歩は1日2回1回1時間以上行う様にしましょう。

歩くだけではなく、早歩きやジョギングを入れた運動をする様にしましょう。

定期的に広い場所で自由運動をさせる必要があるので、ご自宅近くの大型犬用ドッグランを調べておきましょう。

ボール遊びやフリスビーなどの遊びを覚えさせてあげるとストレスが緩和されて心身共に安定するでしょう。

ブラッドハウンドの老化のスピード

平均寿命が10年~12年のブラッドハウンドは7歳を過ぎる辺りから目に見えて老齢化を感じる場合があります。

他の犬種に比べると平均的ではありますが、老齢化が進むと様々な疾患も現れる様になるでしょう。

ブラッドハウンドの老化に伴う外見の変化

ブラッドハウンドは元より股関節があまり強くない犬種なので、老齢化が進むと歩行異常が出る可能性があります。

食欲も落ちていつものフードを残す様になります。

散歩に出たがらず、寝てばかりいる様になる可能性があります。

若い時は大きく筋肉質だった体も筋肉が落ちて痩せた様な体つきになる可能性があります。

逆に運動不足でお腹が垂れて肥満になる可能性があります。

老化に伴う外見の変化

老犬におすすめのの食べ物は?

運動量が多いブラッドハウンドですが関節系の疾患になりやすいのと体質的に太りやすい傾向があります。

関節のケアに必要なグルコサミンやコンドロイチンが含まれていて、低脂肪のものを与えると良いでしょう。

アレルギー性皮膚炎を発症しやすい為、アレルギー物質を含まないなるべく無添加のフードを選ぶようにしましょう。

ラム肉等には脂肪燃焼効果があるLカルニチンが豊富に含まれているので茹でたラム肉を与えるのも良いでしょう。

その他皮膚や被毛のケアに効果があるオメガ3脂肪酸や、ビタミンD、カルシウムが入ったサプリメントやフードも良いでしょう。

ブラッドハウンドの老齢化が進むとフードを残したりするようになります。

ラム肉を茹でた茹で汁をフードにかけて匂いを出したりと食欲を刺激する工夫をしましょう。

缶詰やパウチタイプのフードを混ぜるのも良いですが、脂肪分が多い為毎日与える事はお勧めしません。

Sponsored Link

ブラッドハウンドに適した散歩の量は?

ブラッドハウンドは豊富な運動量が必要です。

運動不足になると退屈からくるストレスで乱暴で攻撃的になったり、破壊的行動が増える事があります。

ブラッドハウンドは嗅覚が優れている為、電柱や塀などの臭いを嗅ぎながら散歩をし、思っている以上に時間がかかる場合があります。

そうする事で自信の好奇心を満たしている事があるため我慢強く付き合ってあげましょう。

散歩は1日2回1回1時間以上行う様にしましょう。

歩くだけではなく、早歩きやジョギングを入れた運動をする様にしましょう。

定期的に広い場所で自由運動をさせる必要があるので、ご自宅近くの大型犬用ドッグランを調べておきましょう。

ボール遊びやフリスビーなどの遊びを覚えさせてあげるとストレスが緩和されて心身共に安定するでしょう。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ブラッドハウンドは穏やかで愛情深く、飼い主にも従順な性格です。

子供や他の動物とも十分仲良くできる犬種で、嗅覚とても優れているのですが、一度何かを探し始めたら見つけ出すまで徹底的に探し出す頑固な一面も持ち合わせています。

あまり叱ると飼い主に対して敵意を抱いてしまいますので褒めて伸ばす躾を基本にしましょう。

運動不足はストレスとなり、室内での問題行動を引き出す原因となる可能性があります。

優れた嗅覚を持つ為様々な場所の臭いを嗅ぎながら長時間の散歩になる可能性がありますが、十分な散歩はエネルギーの発散となり愛犬の精神を安定させるでしょう。

ブラッドハウンドの寿命に関するまとめ

温厚で社交性が高いブラッドハウンドを飼育する際に必要な事は躾です。

我儘な一面がある為、子犬の頃からの服従訓練が必要で、警察犬の訓練学校に通いプロのアドバイスを受けながら飼い主も一緒に成長する事が望ましいです。

正しい躾はブラッドハウンドが人間社会で幸せに生きていく為に必要な事なのです。

初心者にはハードルが高い犬種ですが、正しく躾をすることができればとても愛情深い犬種で魅力がいっぱいです。

自身がある方はブラッドハウンドを家族に迎えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

*