buryusserugurifon-i

ブリュッセルグリフォンの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【ブリュッセルグリフォン】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ブリュッセルグリフォンの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ブリュッセルグリフォンのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ブリュッセルグリフォンの画像

ブリュッセルグリフォンの平均寿命は?

ブリュッセルグリフォンの平均寿命は、10歳から14歳といわれています。

ブリュッセルグリフォンは小型犬です。

小型犬の平均寿命は12歳から15歳といわれていますので、ブリュッセルグリフォンはほぼ平均的と言えます。

ブリュッセルグリフォンの寿命と長生きするコツ

ブリュッセルグリフォンの平均寿命は、10歳から14歳といわれています。

ブリュッセルグリフォンは遺伝性の疾患はかかりにくい犬種ですが、短頭種特有の病気にはかかりやすいです。

その他、「熱中症」、「アレルギー性皮膚炎」、「膝蓋骨脱臼」、「ホーナー症候群」にもかかりやすいので、少しでも健康で長生きしてもらうためには定期的な健康診断を受けた方が良いでしょう。

ブリュッセルグリフォンは見た目でも分かるように口の回りの毛が長く、食事や水を飲んだ後に汚れてしまいます。

汚れをそのままにしていると、皮膚炎にかかったり、ダニやカビが繁殖してしまうので、放置せずその都度拭き取ってあげましょう。

ブリュッセルグリフォンの被毛は、ワイヤーヘアーと呼ばれる針金のような硬いコートで覆われています。

その特有の被毛を美しく維持する為に、「プラッキング」をする必要があります。

プラッキングとは、被毛を抜いてあげる作業の事です。

プラッキングをすると、被毛の退色を防ぎ濃い色の被毛を維持することができますが、毛を抜くので痛みはあります。

ブリュッセルグリフォンは、活発な犬種ですので、毎日の散歩はとても大切です。

1日2回30分程度は連れていってあげましょう。

更にドックランなどなのような自由に動き回れる場所があると、喜んでくれるでしょう。

ブリュッセルグリフォンは性格的に無駄吠えなどの問題行動を起こしやすい犬種です。

しかし、子犬の頃にしっかりと社会性を養わせれば穏やかな性格になりやすいので、しつけは勿論、幼少期には外に連れていき、人や、犬など様々なものを見せて社会性を養わせましょう。

Sponsored Link

ブリュッセルグリフォンのかかりやすい病気は?

ブリュッセルグリフォンのかかりやすい病気は、まず「熱中症」です。

ブリュッセルグリフォンに限らず短頭種の犬種は体内の熱を逃がすのが苦手です。

次は、「アレルギー性皮膚炎」です。

主に、食べ物で発症するものと、アトピー性のものがあります。

次は、「膝蓋骨脱臼」です。

膝蓋骨脱臼は膝にある膝蓋骨と呼ばれる部分が、正しい位置からずれてしまう病気です。

次に、「短頭種気道症候群」です。

この病気はブリュッセルグリフォンに限らず短頭種(頭の長さに比べて鼻の高さが短い犬種)の犬種に多い病気です。

鼻がつぶれていることにより、息を吸う時に気道に負担がかかることで発病します。

次は、「ホーナー症候群」です。

又の名をホルネル症候群とも呼ばれます。

この病気は、眼の中にある交感神経が炎症することによって起こる病気です。

ブリュッセルグリフォンの病気のサイン

ブリュッセルグリフォンのかかりやすい病気のサインをご紹介致します。

まずは、「熱中症」です。

熱中症は、ぐったりして元気がなくなったり、体温が高くなります。

よだれも大量に出て呼吸も荒くなるので、発見しやすいです。

次は、「アレルギー性皮膚炎」です。

この病気は主に食べ物や、アトピーの2種類の原因があります。

症状として、皮膚のかゆみや乾燥などがあるので痒みを伴います。

目の周りが炎症した場合は結膜炎を起こすこともあります。

見た目も赤くなるので発見しやすいでしょう。

次は、「膝蓋骨脱臼」です。

膝蓋骨脱臼は、膝にあるお皿の部分が、外れてしまう病気なので、発症すると足を浮かせて歩くような不自然な歩き方になります。

次は、「短頭種気道症候群」です。

この病気はブリュッセルグリフォンのような、頭の長さよりも、鼻の長さが短い犬種に多く見られます。

症状として、気道が狭くなるために、呼吸がしにくくなる為、息を吸う時にブーブー鳴くような音がしたり、重症であれば呼吸困難に陥ります。

次は、「ホーナー症候群」です。

別名「ホルネル症候群」とも言います。

この病気は、脳から交換神経にかけての異常で発症します。

主に、瞳孔が小さくなったり、目が陥没してきたり、瞼が下がってきます。

病気の予防法と対処法

ブリュッセルグリフォンは小型犬ではありますが、とても活発な犬種なので、散歩は1日に2回、30分ほど行ってあげると良いでしょう。

駆け回るのも好きなので、広いところで自由に動き回れる場所があれば尚ベストでしょう。

ブリュッセルグリフォンの老化のスピード

ブリュッセルグリフォンは小型犬ですので、大型犬よりは老化のスピードは遅い傾向にあります。

ブリュッセルグリフォンの老化に伴う外見の変化

ブリュッセルグリフォンは年齢を重ねると白髪が増えたり、段差などの上り下りが難しくなったり、体臭がきつくなったりします。

どの犬にも言えることですが、シニア期に入れば病気も発症しやすくなるので、普段の動きを観察したり、コミュニケーションを今まで以上にとってあげると早期発見にも繋がります。

老化に伴う外見の変化

老犬におすすめのの食べ物は?

ブリュッセルグリフォンはとても活動的で活発な犬種です。

ですが、年齢を重ねると運動量も減ってくるので、それに合わせたフードが必要になってきます。

高タンパク、低脂肪、低カロリーを心がけましょう。

Sponsored Link

ブリュッセルグリフォンに適した散歩の量は?

ブリュッセルグリフォンは小型犬ではありますが、とても活発な犬種なので、散歩は1日に2回、30分ほど行ってあげると良いでしょう。

駆け回るのも好きなので、広いところで自由に動き回れる場所があれば尚ベストでしょう。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ブリュッセルグリフォンはとても活動的な犬種です。

毎日十分な運動が出来ないとストレスが貯まり無駄吠えなどの問題行動を起こすようになるので、毎日の散歩、遊びを取り入れた運動などを十分にしてあげることが望ましいでしょう。

また、性格的に警戒心が強く、無駄吠えが多い犬種ですので、場合によっては近所迷惑になることもあります。

小さいときからのしつけと社会性を養うことがとても大事になってきます。

子犬の頃に沢山の人や犬、さらには生活音など様々なものに慣れさせましょう。

ブリュッセルグリフォンの寿命に関するまとめ

ユニークな顔立ち、賢く、勇敢で、飼い主に深い愛情をしめすブリュッセルグリフォン。

活発で明るい性格をしているので、飼い主の良きパートナーとなってくれるでしょう。

日本ではとても珍しくなかなかペットショップでは見かけませんね。

少しでも長く元気で過ごしていく為には毎日の健康管理は重要です。

ブラッシングや散歩、遊びなどを通して少しでもいつとも違う変化を見逃さないようにしましょう。

コメントを残す

*