berujiangurifon-i

ベルジアングリフォンの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【ベルジアングリフォン】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ベルジアングリフォンの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ベルジアングリフォンのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ベルジアングリフォンの画像

ベルジアングリフォンの平均寿命は?

ベルジアングリフォンの平均寿命は12年~14年といわれており、親からの遺伝性疾患もほとんどない健康的な犬種といわれています。

昔に比べて愛犬の食生活や生活環境も変わり小型犬の平均寿命は16年程になったため、ベルジアングリフォンも環境によって長生きする可能性があります。

ベルジアングリフォンの寿命と長生きするコツ

ベルジアングリフォンはネズミ捕りの小さな猟犬として活躍してきたため、チワワやダックスなどの小型犬に比べて運動量が多い犬種です。

そのため室内の運動だけでなく外での適度な運動がないと肥満になりやすくなり、関節炎をおこす可能性があります。

1日1回~2回、20分程度の散歩で筋肉が衰えないようにし、食事制限で肥満にならに体作りを目指すことが大切です。

室内で運動をする場合、フローリングだと足が滑りやすく負担をかけてしまうため、カーペットを敷いて滑りにくくしましょう。

また暑さに弱く、寒さにも敏感な犬種です。

室内の温度調整や散歩の時間に気をつけて熱中症対策をしましょう。

冬場は着せたり、サークルに毛布やベッドをいれて寒さ対策するのがおすすめです。

ベルジアングリフォンは鼻先が短く気管支が弱い傾向があります。

鼻をグーグー鳴らしたり、食事の際にむせる、大きないびきといった短頭種に多い症状がみられたら病気のサインかも知れません。

症状が悪化するまえに気になったらすぐ病院へ行きましょう。

Sponsored Link

ベルジアングリフォンのかかりやすい病気は?

ベルジアングリフォンがかかりやすい病気は短頭犬に多い軟口蓋過長が挙げられます。

上顎の奥の部分、人だと喉ちん子にあたる部分が普通より長く気道をふさいで息がしにくくなる病気です。

人間のようにいびきをかいていて可愛いと思っても、軟口蓋過長の病気かもしれません。

ご飯を食べるときにむせたり、鼻がグーグーならしているのを見つけたら早めに病院で診てもらいましょう。

他にもかかりやすい病気で関節炎や熱中症があげられます。

ベルジアングリフォンの病気のサイン

ベルジアングリフォンのかかりやすい病気のサインを知っておくことは大切です。

短頭種に多い軟口蓋過長は呼吸がしずらくなるため、寝ているときのいびきやご飯を食べているときにむせるといったサインがみられます。

関節炎は肥満や老化により発症しやすくなり、散歩を行くのを嫌がったりソファや段差など上らなくなるといったサインがみられます。

また、食欲の低下や軟便、ぐったりとした様子は熱中症の可能性があります。

こういった小さな変化に気づいてすぐ病院へ連れて行けるようにしましょう。

病気の予防法と対処法

ベルジアングリフォンは元々ねずみを捕獲する猟犬として飼われていたため、普通の小型犬に比べ少し運動量が多い犬種です。

通常チワワやダックスなどの小型犬は5分~10分の運動で足りてしまいますが、ベルジアングリフォンは20分程の散歩が必要になってきます。

活発に動く犬種なため、運動しないと肥満になってしまいます。

暑さに弱く熱中症になりやすいため、夏場の散歩は気をつけましょう。

気温が下がる夕方に行くのがおすすめです。

ベルジアングリフォンの老化のスピード

ベルジアングリフォンの平均寿命は12年~14年とされており、親からの遺伝的疾患がほとんど見られない健康的な犬種といわれています。

その子その子によって違いはあると思いますが、生活環境や食生活によって寿命も変わってくるので、少しでも長生きしてもらえるようサポートしていきましょう。

ベルジアングリフォンの老化に伴う外見の変化

ベルジアングリフォンは歳を重ねるにつれ人間と同じで関節が弱まってきます。

そのため関節炎を発症しやすくなり、散歩にあまり行きたがらなくなったりソファなどの高さがあるとこを上らなくなったりするようになります。

また活発に動いて運動する犬種ですが、寝る時間が増えたり他の子と遊ばなくなったりするしぐさがみられるようになります。

肥満は関節に負担をかける原因にもなるので、食事の管理には気をつけましょう。

老化に伴う外見の変化

老犬におすすめのの食べ物は?

ベルジアングリフォンは関節炎を発症させやすいため、骨や筋肉を丈夫にする必要があります。

そこでおすすめなのが小松菜です。

小松菜はホルモンの分泌や体内のバランスには不可欠なカルシウムが豊富に含まれており、骨や歯の強化に最適です。

茹でるだけで与えることができ、ほうれん草よりもアクが少ないため与えやすいと思います。

またヘルシーでダイエット中の子でも食べられるささみもおすすめです。

ささみからはたんぱく質を摂取することができ、骨の強化だけでなく疲労回復効果や免疫力のアップにもなります。

食に興味が薄れてくる老犬もご飯と混ぜることによって食いつきがよくなります。

食べやすいように細かくほぐしてあげると良いでしょう。

1日1本以上あげないよう気をつけてください。

Sponsored Link

ベルジアングリフォンに適した散歩の量は?

ベルジアングリフォンは元々ねずみを捕獲する猟犬として飼われていたため、普通の小型犬に比べ少し運動量が多い犬種です。

通常チワワやダックスなどの小型犬は5分~10分の運動で足りてしまいますが、ベルジアングリフォンは20分程の散歩が必要になってきます。

活発に動く犬種なため、運動しないと肥満になってしまいます。

暑さに弱く熱中症になりやすいため、夏場の散歩は気をつけましょう。

気温が下がる夕方に行くのがおすすめです。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ベルジアングリフォンは普通の小型犬に比べて運動量がありとても活発です。

元々ネズミ捕りの猟犬として飼われてきた犬種なため、適度な運動をしないと肥満になりストレスがたまってしまいます。

室内でのおもちゃで遊ぶなどの運動だけではストレスになってしまうので、1日1~2回20分程の散歩に行きましょう。

老化がはじまると関節炎を発症しやすくなるため、適度な運動で筋肉をつけることも大切になってきます。

暑さにも弱く熱中症にかかりやすいですが、寒さにも敏感なため冬場は服を着せての散歩をおすすめします。

フローリングなどの滑りやすいところはすべり止め防止でカーペットを敷き足への負担を減らしましょう。

肥満は関節への負担が大きいので食事制限の管理も欠かせません。

またベルジアングリフォンは毛が抜けにくい代わりに、毛が細いためからまりやすい特徴があります。

毛がもつれることによって毛玉になり、放置すると皮膚病の原因にもなるので1日1回ブラッシングをしましょう。

頑固な性格も持ち合わせているため、嫌がらないように小さい子犬の時期から慣れさせましょう。

ベルジアングリフォンの寿命に関するまとめ

飼い主に愛情深く、活発で明るいベルジアングリフォン。

親からの遺伝性疾患もほとんどなく健康的な犬種ですが、他の子と同じでかかりやすい病気はあります。

私たち飼い主がその病気について知ることにより、どんなサポートをしていくかで愛犬の寿命をのばすことができるはずです。

病気でなくても定期的な健康診断を行うことにより気づけなかった病気に早期発見することができます。

少しでも長く愛犬と楽しい時間をすごせるようにできる範囲のサポートをしていきたいですね。

コメントを残す

*