berujianguro-nenda-ru-i

ベルジアングローネンダールの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【ベルジアングローネンダール】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ベルジアングローネンダールの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ベルジアングローネンダールのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ベルジアングローネンダールの画像

ベルジアングローネンダールの平均寿命は?

ベルジアングローネンダールの平均寿命は、10年から12年と言われています。

ベルジアングローネンダールは、基本的には、病気にかかりにくい犬種といわれています。

ですが、ベルジアングローネンダール特有の病気もありますから、その知識を前もって知り、蓄えておくなら、愛犬のちょっとした変化に気づきやすくなります。

それが結果、愛犬の寿命を伸ばすことに繋がりますから、是非情報を知るところから始めてください。

ベルジアングローネンダールの寿命と長生きするコツ

ベルジアングローネンダールは、他の犬種より、比較的病気になりにくい、丈夫な健康犬種といわれています。

< br>ベルジアングローネンダールの、寿命を伸ばし、長生きさせるポイントは、「十分に運動をさせてあげる」 「ストレスを溜めさせないようにする」「被毛のケアーをきちんとおこなってあげる」などがあげられます。

走ることが大好きなベルジアングローネンダールですから、毎日の運動はかかせません。

体調の変化に合わせて、お散歩コースをかえてみたり、時には時間をとって広いドッグランなどで、遊ばせてあげるなら、ワンちゃんも喜びますし、ストレスを溜めずにすみます。

アジリティーや、夏なら、ボールを使って、川で水遊びなどしてあげるなら、免疫力も上がって、体力をつけることができます。

また毎日のブラッシングは、皮膚のケアーにもなりますので、病気の予防、症状の軽減にもなります。

なにより、飼い主さんとの温かなコミニュケーションにもなりますので、かかさずしてあげてください。

Sponsored Link

ベルジアングローネンダールのかかりやすい病気は?

シェパード種は突発性の「てんかん」になりやすい傾向があります。

ベルジアングローネンダールも例外ではありません。

ですから、飼い主が、病気のサイン(症状)を覚えておくのはとても大切です。

気になる遺伝性疾患は見られませんが、気をつけなるければならない病気は、他に「股関節形成不全」「」「皮膚アレルギー」などがあります。

これらには、注意が必要です。

「股関節形成不全」は、股関節に、歪みが生じることによって、激しい痛みを感じる病気です。

この病気の原因は、主に肥満によるものです。

ベルジアングローネンダールの病気のサイン

ベルジアングローネンダールのかかりやすい病気は、まず最初に「股関節形成不全」です。

< br>症状としては、関節に歪みが生じることによって、激しい痛みを感じる病気なので、症状が軽いものであれば、痛みから、動くことを渋ったり、足を浮かせて歩くといったものがあります。

症状が重くなると、歩くことが困難になってしまうことがあります。

< br>次に「てんかん」です。

< br>「てんかん」は、脳の神経細胞の異常が原因で起こるものです。

< br>全身や、顔面が痙攣したり、硬直するといった症状があります。

< br>ほとんどの場合、短時間で回復しますが、受診してあげて下さい。

病気の予防法と対処法

ベルジアングローネンダールは、牧羊犬、災害救助犬としても活躍しているように、運動量は他の犬種よりも多く、毎日、運動や散歩が必要です。

朝晩2回駆け足を取り入れた散歩を1時間ほど行ったり、フリスビーやアジリティーをやらせてあげるのもおすすめです。

記憶力が優れている、頭の良い犬種で、また、飼い主の言うことを聞きたいと、従順な性格も持っているので、ドッグランや、犬を遊ばせられる大きな場所で、フリスビーやアジリティーに挑戦させてあげて、思いっきり走らせてあげると喜びます。

ベルジアングローネンダールの老化のスピード

他の大型犬に比べて、平均寿命が比較的長い、ベルジアングローネンダール。

10歳から12歳が平均寿命だといわれていますが、人と比べると、ずっと速いスピードで年を取ってしまいます。

今は病気になってしまっても、サポートしてくれる補助サプリもあります。

少しでも長くいっしょにいられるように、ワンちゃんのために、できることをしてあげたいですね。

ベルジアングローネンダールの老化に伴う外見の変化

どんな犬種も老化をとめることはできません。

体格が良いベルジアングローネンダールですが、年を重ねていくと、筋肉が衰えて、少しずつその、身体を支えることがむずかしくなってきます。

足腰が弱ってしまうために、歩くスピードが落ちたり、休みがちになるかもしれません。

老化に伴う外見の変化

老犬におすすめのの食べ物は?

ベルジアングローネンダールは体高56~66cm、体重27~29㎏とがっしりとした骨格と、活発な運動量が必要な犬種ですが、年を重ねていくと、若い時と同じ食事だと太りやすくなってしまう恐れがありますので、フードの素材や質を見直してあげてください。

低脂肪でカロリー控えめのシニアフードもありますし、足に負担がかかってきやすくなるので、間接ケアのためのグルコサミンや、コンドロイチン、といった栄養素を含んだフードは、高齢期を迎えたワンちゃんにおすすめです。

Sponsored Link

ベルジアングローネンダールに適した散歩の量は?

ベルジアングローネンダールは、牧羊犬、災害救助犬としても活躍しているように、運動量は他の犬種よりも多く、毎日、運動や散歩が必要です。

朝晩2回駆け足を取り入れた散歩を1時間ほど行ったり、フリスビーやアジリティーをやらせてあげるのもおすすめです。

記憶力が優れている、頭の良い犬種で、また、飼い主の言うことを聞きたいと、従順な性格も持っているので、ドッグランや、犬を遊ばせられる大きな場所で、フリスビーやアジリティーに挑戦させてあげて、思いっきり走らせてあげると喜びます。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ベルジアングローネンダールは、飼い主やその家族と一緒に過ごすのが大好きで、いつも一緒にいたいと思う家庭犬向きの犬種です。

また、とても繊細な心を持っていて、賢く俊敏です。

もともと外に出て運動をすることが大好きなので、運動不足からストレスがたまらないように、毎日の運動は欠かさずに行ってあげてください。

最低でも毎日一時間程度の散歩を、朝、昼、夜との3回は行ってあげてください。

ベルジアングローネンダールは、黒い毛色のために、日本の夏に弱く、高温が苦手です。

夏場は、わんちゃんの足のトラブルが多い季節です。

熱中症にならないよう、日中アスファルトは避けて、土のある、涼しいところでお散歩してあげてください。

愛犬といっしょにやることで、コミニュケーションや、信頼関係を築くことにもなります。

フリスビーやアリジテイなどのスポーツを、大きな広場でやってあげるなら、ストレスを発散できるでしょう。

ブラッシングも大切です。

お散歩から帰った後は、ピンブラシで全身ブラッシングしてあげてください。

換毛期には、かなりの毛が抜けるので、抜け毛を取り除くための、ピンブラシと艶出し用に獣毛ブラシを用意しておくことをおすすめします。

ベルジアングローネンダールの寿命に関するまとめ

身体能力や、判断能力に優れていて、とても頭の良いベルジアングローネンダールは、飼い主が大好きでいくつになっても一緒に遊びたがります。

身体は大きいですが、甘えっこのところもあります。

家族に迎えた人だけが、そのかわいさがわかるのかも知れませんね。

ベルジアングローネンダール特有の病気を知って、健康管理をしっかりしてあげることで、少しでも長く一緒にいて欲しいですね。

コメントを残す

*