bo-da-teria-i

ボーダーテリアの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【ボーダーテリア】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ボーダーテリアの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ボーダーテリアのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ボーダーテリアの画像

ボーダーテリアの平均寿命は?

ボーダーテリアの平均寿命は12歳~15歳と言われています。

他の小型犬とほぼ同じくらいです。

親犬からの遺伝性疾患は少ないとされている犬種ですが、かかりやすい後天性疾患があるので、普段から健康に気をつけてあげてください。

ボーダーテリアの寿命と長生きするコツ

ボーダーテリアは先天性の遺伝疾患がほとんどみられず、他の種類が混ざっていない純血種です。

また、日本ではなかなか手に入りくいようです。

テリアの中では珍しく人懐っこくて従順な性格をしていますので、家族と仲良くやっていけるとても理想的な犬です。

後天的な疾患に気をつけてあげれば、とても長生きしてくれるはずです。

頭がよく、考えるのが好きなので、ボールやゲーム感覚の遊びをしてあげると喜びます。

毎日一時間以上の散歩と、ドッグランでリードを外して思いっきり走らせるといった刺激的な運動がおすすめです。

ブラッシングも飼い主さんとの大切なコミニュケーションの時間ですから、一週間に一度はブラッシングしてあげてください。

時には短毛用のブラシでマッサージしてあげるなら、皮膚疾患になりにくくなりますし、愛犬との距離もぐっと近くなります。

三か月に一度はプラッキング(被毛抜き)をしてあげることも大切です。

プラッキングとは被毛をぬいていくことで、かわいそう痛そうと思うかもしれませんが、ボーダーテリアのように硬い毛質の犬種には皮膚を強くしたり毛の色艶を長く維持できるというよい点があります。

プラッキングをしている評判の良い犬の美容室で相談してみるのもいいかもしれません。

Sponsored Link

ボーダーテリアのかかりやすい病気は?

ボーダーテリアは遺伝的な、先天的病気はないのですが、「股関節形成不全」「心臓疾患」「下部尿路系疾患」「椎間板疾患」「てんかん」などの後天的疾患がありますので、注意してあげてください。

ボーダーテリアの病気のサイン

「股関節形成不全」は股関節に痛みが生じるために、歩行困難になります。

お散歩に行きたがらくなったり、いっても足がふらふらしたりします。

「心臓疾患」は咳、頻呼吸、呼吸困難、チアノーゼ、失神、などがあります。

このような症状が出たらすぐに動物病院に連れて行ってあげてください。

何かほかの病気も隠れているかもしれません。

「下部尿路系疾患」のサインは、おしっこに何度も行くのにでなかったり、陰部をしきりに気にしたり、舐めたりするなどがあります。

さらに、血尿や、尿の跡に白い砂が残ったりします。

「椎間板疾患」は、多くの場合、激しい痛みをともなう疾患です。

ふらつきがあったり、後ろ足の異常がみられます。

「てんかん」。

全身の発作があります。

通常なら数秒から数分ほど(二分以内)でおさまりますが、発作が10分以上おさまらなかったり、落ち着きかけてまた再び発作を繰り返してしまう、24時間以内に2回以上発作を起こすときは気をつけなければいけません。

発作から呼吸困難になって、脳に十分な酸素が行き届かなくなると、重い障害や命にかかわる危険があるので、すぐに動物病院に行ってください。

病気の予防法と対処法

ボーダーテリアは大型犬ほどの量は必要ありませんが、キツネ狩りをする狩猟犬だったことを考えると、十分な運動量をとってあげてください。

毎日一時間以上の散歩と、ドッグランでリードを外して思いっきり走らせたり、アジリティのような頭を使う遊びもいいかもしれません。

ボーダーテリアの老化のスピード

見かけは変わらずかわいいボーダーコリーですが、確実にシニアになっていきます。

人の何倍もの速さで年を重ねていくことになります。

シニアに不足している栄養をサプリで補って長生きしてもらいたいですね。

ボーダーテリアの老化に伴う外見の変化

老化に伴う外見の変化といえばやはり、足の衰えかもしれません。

股関節や椎間板など、シニアになると疾患が増えてきますので、どうしても避けられないものですね。

老化に伴う外見の変化

老犬におすすめのの食べ物は?

シニア期に入ったからといって急にフードを変える必要はありませんが、食事の内容によって長生きに繋がることがありますから、飼い主さんも工夫して、ワンちゃんの食事の時間を今まで以上に楽しい時間にしてあげてください。

水分補給にはトマト、キュウリ、レタスのトッピング。

アミノ酸補給には手作りのチキンスープがよいです。

体調によっても変化をつけてあげることもできます。

Sponsored Link

ボーダーテリアに適した散歩の量は?

ボーダーテリアは大型犬ほどの量は必要ありませんが、キツネ狩りをする狩猟犬だったことを考えると、十分な運動量をとってあげてください。

毎日一時間以上の散歩と、ドッグランでリードを外して思いっきり走らせたり、アジリティのような頭を使う遊びもいいかもしれません。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ストレスを受けないように飼い主さんができることは、まずなんといっても、暑さ対策です。

ボーダーテリアはイギリスの北西部出身です。

寒さには強いですが、暑さが苦手、とても弱いです。

夏は一日中エアコンをかけて、涼しいお部屋で過ごさせてあげてください。

お散歩も決して日中に出かけることのないようにしてください。

アスファルトでのワンちゃんのトラブルはとても多いそうです。

夜のお散歩する前に、アスファルトの熱さ確認してあげてください。

いっしょに遊んであげることは、ワンちゃんがなにより求めていることです。

時間をとって、遠出をしたり、競技に参加したりと、いつも頭を使うような遊びをしてあげるなら、ワンちゃんは若々しさを保つと思います。

いっしょにいてあげてください。

ボーダーテリアの寿命に関するまとめ

とても温厚で、子どもがしっぽを引っ張ってもほとんど怒らないとも言われているボーダーテリア。

穏やかな性格は高齢期を迎えても変わらないと思います。

近年では室内で飼う人が増えているため、ワンちゃんの平均寿命も延びている傾向にあります。

いくつになっても走り回りたいとおねだりする姿はかわいいですね。

ボーダーテリアは親犬からの遺伝的疾患はほとんど見られません。

特にかかりやすい病気もないので、とても丈夫な犬種です。

しいて言うなら、暑さに弱いので、真夏のお散歩は控えて、涼しくなってから出かけたり、室内の温度をエアコンを使ってコントロールしてあげるなど、気を遣ってあげるなら、ワンちゃんの寿命に大きく貢献できます。

コメントを残す

*