bosutonteria-i

ボストンテリアの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【ボストンテリア】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ボストンテリアの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ボストンテリアのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ボストンテリアの画像

ボストンテリアの平均寿命は?

ボストンテリアは小型犬で、平均寿命は13歳~15歳であり、通常の犬と同じ程度の寿命になります。

ミックス犬ではないため遺伝的疾患により寿命が短くなることがありますが、生活習慣などに気を付けることにより寿命を平均よりも延ばすこともできます。

ボストンテリアの寿命と長生きするコツ

ボストンテリアは小型犬で平均寿命は13歳~15歳になります。

長生きさせるためのコツは「十分な運動をさせてあげること」「ストレスを抱え込ませないこと」「体を清潔に保つ」などが挙げられます。

ボストンテリアは高い観察力と敏感な感受性を持ち穏やかで友好的な性格をしています。

穏やかで友好的な性格をしているため子供のいる家庭でも子供と楽しく遊ぶことができます。

ですが、寂しがりやで甘えん坊な一面もあり、長時間の留守番などが苦手なので、そのような時は帰宅した時に十分遊んであげることでストレスななくすことができます。

十分運動させてあげるには、飼い主と一緒に遊ぶことやボール遊びをすることが大好きなので、室内などで遊んであげると喜びます。

散歩では朝夕に30分程度を毎日行うことで十分運動させてあげることができます。

鼻や目の周りのシワ部分を清潔にしておかないとその部分が蒸れて不衛生になり、皮膚病などの病気になりますので、シワなどは週に1回は綿棒などで優しくふき取るなどをする必要があります。

Sponsored Link

ボストンテリアのかかりやすい病気は?

ボストンテリアのかかりやすい病気として白内障、チェリーアイ、鼻腔狭窄、膝蓋骨脱臼などがあります。

白内障では、目の中にあるレンズの部分の水晶体が白く濁り、視力が落ちます。

チェリーアイでは、瞬膜と呼ばれる人間で言う瞼の役割を担う目頭の組織が真っ赤で丸く飛び出します。

鼻腔狭窄では、空気の通り道が狭く息をするたびにブーブーと音がし呼吸が苦しくなります。

膝蓋骨脱臼では、膝のお皿が正常の位置からずれ、歩行が困難になります。

ボストンテリアの病気のサイン

ボストンテリアのかかりやすい病気のサインは白内障では「散歩を嫌がるようになる」「物によくぶつかるようになる」「目が白く濁ってくるようになる」などの症状がみられるようになります。

チェリーアイでは「目をこするような仕草をするようになる」「頻繁にまぶしそうに目を細めたりするようになる」「瞬きの回数が増加する」「涙が流れるようになる」「目が充血するようになる」というような症状がみられるようになります。

鼻腔狭窄では「鼻の穴が狭まっている」「日常的に鼻からグーグーと音がするようになる」「鼻水をよく飛ばすようになる」「呼吸が荒く苦しそうな仕草をするようになる」「呼吸困難に伴うチアノーゼになるようになる」「熱中症にかかりやすくなる」というような症状がみられるようになります。

膝蓋骨脱臼では「足を後方に蹴るような仕草をするようになる」「寝起きに歩行に違和感がある」重症になれば「足を着くことができず歩行困難になる」といった症状がみられるようになります。

病気の予防法と対処法

ボストンテリアは友好的で穏やかな性格の小型犬です。

散歩の量は30分程度を1日2回程度してあげることが必要です、また、ボール遊びが大好きなので、散歩の他にも公園や広場で安全を確認した後、飼い主とボール遊びを存分にしてあげると喜びます。

ドッグランに連れていき走らせてあげることも良いですが、もともと散歩の量が少ない犬種ですので、すぐに飽きる可能性があります。

子犬や成犬の時はたくさん散歩させたりすることで問題ありませんが、老犬になると足が弱くなって歩行が困難になってきます。

なので、抱っこして散歩をさせてあげるというような工夫が必要になります。

ボストンテリアの老化のスピード

ボストンテリアの老化のスピードは平均寿命が13歳~15歳ということから人間の4倍のスピードで年をとります。

人間に換算すると1年で4歳年をとることになります。

ミックス犬ではないため遺伝性疾患によって病気になり寿命が短くなるリスクはありますが、生活習慣などに気を付けることで寿命を延ばすこともできます。

ボストンテリアの老化に伴う外見の変化

ボストンテリアの老化に伴う外見の変化は歩行時に足がプルプル震えるようになる、もともと太りやすい体質なのはありますが、代謝が落ちて肥満体形になる、活発だった動きが鈍くなるといった外見の変化が現れるようになります。

普段からの遊びや散歩などを通じてコミュニケーションをとることで変化が多少であっても見逃すことなく気づくことができるようになります。

老化に伴う外見の変化

老犬におすすめのの食べ物は?

ボストンテリアは元気で活発ですが、年をとるにつれて元気がなくなったり代謝が悪くなり肥満になってきます。

この症状が出てくるくらいの老犬になってきた時にはモグワンドッグフードがオススメです。

このドッグフードには主原料の50%以上のチキン生肉やサーモンが含まれているので犬の体づくりに欠かせない動物性たんぱく質を効率よく摂取することができあます。

また、脂肪分が12%と低めなので肥満対策としても最適で、関節のケアに役立つグルコサミンやコンドロイチンなども含まれています。

人工添加物や穀物が使用されていませんので老犬でも安心して食べることができます。

Sponsored Link

ボストンテリアに適した散歩の量は?

ボストンテリアは友好的で穏やかな性格の小型犬です。

散歩の量は30分程度を1日2回程度してあげることが必要です、また、ボール遊びが大好きなので、散歩の他にも公園や広場で安全を確認した後、飼い主とボール遊びを存分にしてあげると喜びます。

ドッグランに連れていき走らせてあげることも良いですが、もともと散歩の量が少ない犬種ですので、すぐに飽きる可能性があります。

子犬や成犬の時はたくさん散歩させたりすることで問題ありませんが、老犬になると足が弱くなって歩行が困難になってきます。

なので、抱っこして散歩をさせてあげるというような工夫が必要になります。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ボストンテリアにストレスをかけないために飼い主としてできることは、毎日の散歩を欠かさずするようにしてあげることや寂しがり屋で甘えん坊な一面があるので、長時間留守にして寂しがらせた時は帰宅した時に大好きなボール遊びで十分遊んであげることでストレスのない日常生活を送れるようにしてあげる。

目の周りなどのシワに汚れが溜まりやすくすぐに不衛生になって皮膚炎などを発症することがありますので、週に1回は綿棒などでシワの中を綺麗にしてあげて体を清潔に保つようにしてあげる。

ボストンテリアの寿命に関するまとめ

ボストンテリアは友好的で紳士的ですが、寂しがりやで甘えん坊な一面があります。

平均寿命は13歳~15歳であり、遺伝性疾患による病気のリスクが少し高いですが、日々の生活週間に気を付けることで長生きをすることができます。

1日の散歩量は30分程度を2回程度行うこと、または、ボール遊びが大好きなので安全な広場や公園でボールアドビをさせてあげることなどがオススメです。

顔や目の周りのシワに汚れが溜まりやすく不衛生になりやすいので、週に1回は綿棒などで綺麗にし、体を清潔に保つことで皮膚炎などの病気の予防を行うことができます。

コメントを残す

*