howaitosyepa-do-i

ホワイトシェパードの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【ホワイトシェパード】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ホワイトシェパードの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ホワイトシェパードのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ホワイトシェパードの画像

ホワイトシェパードの平均寿命は?

日本では長渕剛の愛犬レオがホワイトシェパードという犬種として有名になりました。

そんなホワイトシェパードの平均寿命は12年前後と言われています。

しかし平均寿命はあくまでも1つの目安なので飼育環境や犬の体質、病気などで寿命は大きく変化します。

愛犬が長生きできる様に飼育環境などを整えましょう。

ホワイトシェパードの寿命と長生きするコツ

とても賢く温厚で人間に対しても友好的なホワイトシェパードは、従順で、知的で、冷静な性格ですが、その反面で甘えん坊な一面もある為飼い主が突然変わるとストレスで神経質になる場合があります。

元気が無くなったり、餌を食べなくなったりと目に見えて落ち込んでしまうのです。何かしらの理由で飼育を諦め、人に譲る場合はいきなりではなく、元の飼い主が何度がついて行き新しい環境に慣れさせてから譲るようにしましょう。

大型犬で肥満になりやすいホワイトシェパードは、運動時間をしっかり確保してあげる事が大切です。

ボールやフリスビー等のおもちゃを使って運動させるのもホワイトシェパードにとっては良いストレス解消です。

皮膚疾患にかかる可能性が高い犬種なので定期的にシャンプーやトリミングをして清潔にする事も忘れない様にしましょう。

ただし、シャンプーのし過ぎは皮膚や毛の必要な油分まで取り除いてしまい、その刺激で皮膚炎を発症する事があります。

ご自宅でシャンプーをする際はやり過ぎないように注意しましょう。

トリマーにお手入れをお願いしている方はどの様な頻度で通ったら良いか相談してみましょう。

Sponsored Link

ホワイトシェパードのかかりやすい病気は?

引き締まった頑丈そうな体を持つホワイトシェパードは一見病気に強そうなイメージですが、肥満による体内のインスリン不足による糖尿病や、体に痙攣等の異常が発生するてんかん発作、骨肉種に股関節形成不全、胃捻転、皮膚の疾患にかかりやすい為、皮膚炎や膿皮症等があります。

原因不明の病気が多く、治療法も無い場合があるのでホワイトシェパードの健康チェックを欠かさない様にし、異変が見つかったらすぐに動物病院へ連れて行くようにしましょう。

ホワイトシェパードの病気のサイン

ホワイトシェパードがかかりやすい病気は予防が難しいものも多いです。

早期発見をして早めに治療が受けられる様にしておく必要があります。

糖尿病は水をいつも以上に沢山飲んで、おしっこの量が増えます、食欲が異常な程増しますが、体重はどんどん落ちていき痩せてしまいます。

てんかん発作はよだれが多くなり、急に大人しくなったと思ったら失禁したり、意識が無くなったり、痙攣を起こしたりします。

胃捻転は苦しそうに息が荒くなったり、お腹が膨れたり、水を沢山飲んだりします。

骨肉種は発症すると激しい痛みを伴う為、足をかばったり引きずったり、鳴きながら痛がったりします。

股関節形成不全は歩行に異常が出たり、ふらついたりします。

皮膚疾患である。膿皮症は激しい痒みを伴うので痒がったり、毛が抜けたり、皮膚に発疹が出たり、膿が出たりします。

様々な症状がありますが、愛犬の様子を見ていていつもと違う異変を感じたら動物病院を受診しましょう。

病気の予防法と対処法

ホワイトシェパードはその見た目から運動を沢山しなくてはならないと感じる方もいると思いますが、関節があまり強く無い為過度な運動は関節炎や股関節形成不全の原因になります。

散歩は朝と夕に1回ずつ1時間から早歩きを入れてしっかり行いましょう。

ドッグランへ連れて行くと喜びますが、走り過ぎてしまうのであまりお勧めしません。

基本的には時間をかけて無理の無い運動をさせましょう。

ホワイトシェパードの老化のスピード

平均寿命が12年のホワイトシェパードは7歳を過ぎた頃から食欲が落ちたり、あまり走らなくなったり、寝てばかりいる様になったりします。

老齢化が原因なのが殆どですが、何かしらの病気を発症している可能性があるので注意深く観察しましょう。

ホワイトシェパードの老化に伴う外見の変化

ホワイトシェパードは外で遊ぶ事が好きな活発な犬種ですが、老齢化が進むとあまり走らなくなったり、ジャンプができなくなったり、散歩もゆっくり歩く事が多くなります。

散歩に出たがらない日もあるでしょう。

腰が落ちてお尻の肉が落ちてしまい、若い頃に比べると痩せた様な印象を受けるでしょう。

老化に伴う外見の変化

老犬におすすめのの食べ物は?

運動能力が高いホワイトシェパードですが関節系の疾患になりやすいのと体質的に太りやすい傾向があります。

関節のケアに必要なグルコサミンやコンドロイチンが含まれていて、低脂肪のものを与えると良いでしょう。

アレルギー性皮膚炎を発症しやすい為、アレルギー物質を含まないなるべく無添加のフードを選ぶようにしましょう。

ラム肉等には脂肪燃焼効果があるLカルニチンが豊富に含まれているので茹でたラム肉を与えるのも良いでしょう。

その他皮膚や被毛のケアに効果があるオメガ3脂肪酸や、ビタミンD、カルシウムが入ったサプリメントやフードも良いでしょう。

ホワイトシェパードの老齢化が進むとフードを残したりするようになります。

ラム肉を茹でた茹で汁をフードにかけて匂いを出したりと食欲を刺激する工夫をしましょう。

缶詰やパウチタイプのフードを混ぜるのも良いですが、脂肪分が多い為毎日与える事はお勧めしません。

Sponsored Link

ホワイトシェパードに適した散歩の量は?

ホワイトシェパードはその見た目から運動を沢山しなくてはならないと感じる方もいると思いますが、関節があまり強く無い為過度な運動は関節炎や股関節形成不全の原因になります。

散歩は朝と夕に1回ずつ1時間から早歩きを入れてしっかり行いましょう。

ドッグランへ連れて行くと喜びますが、走り過ぎてしまうのであまりお勧めしません。

基本的には時間をかけて無理の無い運動をさせましょう。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ホワイトシェパードの飼育にはストレスを溜めない為に広い環境が必要です。

お庭があるお宅ならしっかりとサークルをして放してあげても良いでしょう。

ですが、家族と過ごす事を望む犬種なので基本は室内飼いがおすすめです。

狭いケージに閉じ込めたり、家族と放して飼育すると神経質になったり臆病になったり、攻撃性が強くなったりします。

飼い主から仕事を与えられる事に喜びを感じる犬種なので日々散歩のついでにトレーニングをすると精神的にも安定して良いでしょう。

ホワイトシェパードの寿命に関するまとめ

洞察力があって知能が高く、家族を守る番犬としての役割を担う事もあるホワイトシェパードですが、家族に対してはとても愛情深くフレンドリーな一面もあります。

躾はしっかりと忍耐強く行う必要がありますので自身がない飼い主はブリーダーに力を借りる事も視野に入れておきましょう。

正しく躾けをしてあげればお子様がいるご家庭での飼育も安心して行えます。

そんなジャーマンシェパードが一日でも長生きするように食事や飼育環境を整えてあげましょう。

コメントを残す

*