minityuasyunauza--i

ミニチュアシュナウザーの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【ミニチュアシュナウザー】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ミニチュアシュナウザーの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ミニチュアシュナウザーのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ミニチュアシュナウザーの画像

ミニチュアシュナウザーの平均寿命は?

ミニチュアシュナウザーの平均寿命は12歳から15歳くらいと言われています。

これは人間換算で69歳から86歳くらいということになります。

生活環境や食生活によっても寿命は変わってきますが、小型犬の中でも寿命は長い方となります。

記録では21歳まで生きた例もあるようです。

ミニチュアシュナウザーの寿命と長生きするコツ

ミニチュアシュナウザーはほかの犬種より長生きする犬種と言われています。

ミニチュアシュナウザーは小型ながらも勇敢であり、聡明で好奇心旺盛という特徴があります。

時に人間の言葉を理解しているようなところもあるといわれるほど賢い犬種です。

そんなミニチュアシュナウザーの寿命を延してあげるポイントは「適度な運動」、「バランスのとれた食事」、「ストレスをため込まない」等が挙げられます。

ミニチュアシュナウザーも他の犬種などと同じように毎日の運動は必須です。

30分から1時間程度の散歩を1日2回ほどしてあげましょう。

軽い運動やドッグランの利用、ボールを使った室内での遊びなどで、適度な運動とストレスを解消してあげることが大切です。

タオルを使った引っぱり合いなども室内で遊んであげる分には効果的です。

寂しがりやな面もあるミニチュアシュナウザー、時間を取り適度にコミュニケーションを取るのもストレス解消にはいいですね。

また、ブラッシングなどで被毛のお手入れをしながら体に変化がないかも気を付けて観察しておきましょう。

毛のお手入れをすることで皮膚病の予防にもなります。

Sponsored Link

ミニチュアシュナウザーのかかりやすい病気は?

ミニチュアシュナウザーのかかりやすい病気に「尿路結石」が挙げられます。

尿路結石は血液中の栄養素や壊れた細胞が固まってできる石が原因で、尿管や膀胱に炎症が起きる病気です。

おしっこの回数が増えたり、おしっこの色が濃くなったりなどの症状が頻繁にみられるようになったら早めに動物病院で診てもらうようにしましょう。

また、遺伝的な要因が強い眼病として、「白内障」や「進行性網白衣縮小」、「レッグペルテス」、「腎臓病」などが挙げられます。

ミニチュアシュナウザーの病気のサイン

ミニチュアシュナウザーのかかりやすい病気の症状の一部を紹介します。

愛犬の健康のためにも大切なことですので覚えておくようにしましょう。

ミニチュアシュナウザーのかかりやすい病気に「尿路結石」があります。

ほとんどの場合は膀胱に結石ができるのですが、腎臓や尿管、尿道にできることもあります。

治療方法は結石の発生個所によってことなります。

尿管や尿道に結石ができた場合、おしっこが体外に排出されず、大変なことになります。

尿が出ていかなかったり、出づらい様子、また頻繁にトイレへ行くような症状が出ます。

「糖尿病」もいろいろな症状が出る病気です。

例えば、おしっこの回数が増えたが同時に飲む水の量も増えたり、食欲が増して、食事量が増えたのに体重が減少していったりします。

他にも老化によって白内障が発病し、ものによくぶつかるようになる。

皮膚病になり常に痒がったりフケに似た白い粉のようなものが見えるようになったり、耳の中が炎症を起こす外耳炎などがかかりやすい病気として挙げられます。

これらの症状がみられた場合、早めにお医者様に診てもらうようにしましょう。

病気の予防法と対処法

ミニチュアシュナウザーの散歩は1日2回、1回30分から1時間を目安にドッグランや軽い運動、室内遊びなどを組み合わせながら上手にストレス解消につながるようにしてあげましょう。

しかし、生後半年くらいまでは運動のやりすぎは体への負担や将来的なケガの原因になることもあり、気を付けなければいけません。

また、ミニチュアシュナウザーは暑さに弱いといわれています。

昨今は夏場が特に暑くなりますので、散歩の時間を調整する、散歩をした後は具合が悪くなっていないかなど体調にも気を付けてあげてください。

ミニチュアシュナウザーの老化のスピード

ミニチュアシュナウザーの平均寿命は12歳から15歳といわれています。

生まれて2年ほどで23歳前後まで歳を取ったあとは1年で5歳ずつ歳を取っていきます。

シニア期には6歳から入るといわれていますので、シニア期に突入したらストレスをためないよう気を付けてあげましょう。

ミニチュアシュナウザーの老化に伴う外見の変化

ミニチュアシュナウザーは、毛が2層になっているダブルコートという種類であるため、被毛の手入れの仕方や成長とともに毛色が変化することがあります。

しかし、老化によって被毛の色素が全体的に薄くなったり、色素が抜けた白い毛が混じるようになります。

老化に伴う外見の変化

老犬におすすめのの食べ物は?

ミニチュアシュナウザーはもともと好奇心旺盛な性格の犬種ですが、歳を取ると寝ていることが多くなり、反応することが少なくなっていくことがあります。

そのため、運動量が減り、肥満になったり、筋肉量が減ったりしやすくなります。

肥満はいろいろな病気、特に「白内障」の原因にもなったりしますので、全体的に低カロリー高タンパク質の食事を取るように心がけましょう。

また、ミニチュアシュナウザーのなりやすいといわれている病気に配慮して、ビタミンEが含まれているもの、これは抗酸化作用があるといわれ、白内障の予防又は進行を遅らせる作用があるといわれています。

ほかにもミニチュアシュナウザーがなりやすいといわれている尿路結石、そのの原因になるといわれているマグネシウムやリンを過剰に摂取しないように気を付けてあげましょう。

Sponsored Link

ミニチュアシュナウザーに適した散歩の量は?

ミニチュアシュナウザーの散歩は1日2回、1回30分から1時間を目安にドッグランや軽い運動、室内遊びなどを組み合わせながら上手にストレス解消につながるようにしてあげましょう。

しかし、生後半年くらいまでは運動のやりすぎは体への負担や将来的なケガの原因になることもあり、気を付けなければいけません。

また、ミニチュアシュナウザーは暑さに弱いといわれています。

昨今は夏場が特に暑くなりますので、散歩の時間を調整する、散歩をした後は具合が悪くなっていないかなど体調にも気を付けてあげてください。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ミニチュアシュナウザーは活発で好奇心旺盛なため筋肉は発達しています。

1日2回、1回30分から1時間の散歩をはじめ、広い場所での運動や、室内でできる遊びなどでしっかりと運動をさせてストレスを解消してあげましょう。

また、規則正しい生活、バランスのとれた食事など、ストレスの少ない生活を心がけてあげましょう。

ミニチュアシュナウザーの寿命に関するまとめ

農場で番犬やネズミ捕りなど、農場犬として生活していた犬種です。

ですので勇敢で好奇心旺盛、そして飼い主への忠誠心が高い性格をしているミニチュアシュナウザー。

そんなミニチュアシュナウザーも実は甘えん坊で、飼い主に構ってほしくていたずらすることもあります。

しかし、賢い犬種ですので、ちゃんと教えてあげればやったらダメなことはやらなくなっていくでしょう。

長く一緒に過ごすためにも適度な運動と適度なコミュニケーションを取り、ストレスをため込まない生活を心がけてあげましょう。

コメントを残す

*