waiya-fokkusuteria-i

ワイヤーフォックステリアの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【ワイヤーフォックステリア】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ワイヤーフォックステリアの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ワイヤーフォックステリアのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ワイヤーフォックステリアの画像

ワイヤーフォックステリアの平均寿命は?

ワイヤーフォックステリアの寿命は13歳~14歳といわれています。

中型犬としての寿命は13歳ほどで、平均的な寿命でだと言えます。

狩猟犬だったこともあり、かなりの運動量が必要で、運動不足などのストレスで体調を崩してしまうことがあります。

ワイヤーフォックステリアの寿命と長生きするコツ

ワイヤーフォックスの寿命は13歳~14歳といわれていて、中型犬としては平均的な寿命です。

狩猟犬だったこともあり、かなりの運動量を必要としていて、運動不足などから体調を崩すこともあります。

飼い主にとっては面倒かもしれませんが、運動不足にならないために毎日、1時間程度の散歩を1日2回きちんと行うことや、定期的に激しい運動を行ったりすることで、ストレスを発散させてください。

ドッグランで走りまわったり、ランニングやボール遊びなどをおすすめします。

その他に、皮膚予防と被毛のケアのために定期的にシャンプーとトリミングを取り入れて、ブラッシングをきちんとすることが大切です。

清潔に保つことで、ストレスをなくし皮膚疾患を予防することができます。

また、ワイヤーフォックステリアの特性を理解することで、食生活や生活のリズムなどに気を配って、快適に過ごせる環境を整えてあげることが、寿命を延ばす秘訣になると言えます。

Sponsored Link

ワイヤーフォックステリアのかかりやすい病気は?

ワイヤーフォックステリアは皮膚疾患の多い犬種だと言われています。

日頃からブラッシングやコーミングを丁寧に行ってください。

がっちりした肩をしていて、肩脱臼を起こしやすく、膝や肘の関節も脱臼しやすい子がいます。

脱臼を起こす原因として、獲物を追って、狭い穴に入り込んだりしていた名残とも考えられています。

何より、辛抱強く痛みを我慢し訴えないため、見逃してしますこともあり、少しでも様子がおかしいと思ったときは、早めに受診しましょう。

他に、二重まつ毛や角膜炎潰瘍、水晶体脱臼などの眼病にかかることもあります。

ワイヤーフォックステリアの病気のサイン

ワイヤーフォックステリアは特に皮膚疾患にかかりやすく、ブラッシングなどを行う際に異常がないか見ることと、痛がっていたり、異常にかきむしったりするなどの行動が見られる場合は早めに受診してください。

また、脱臼も起こしやすいため、高いところから飛んだりして、着地がおかしかったり、早く走ったりした後に、歩き方がおかしかったり、足を引きずるような行動が見られる場合は、早めに受診してください。

日々のコミュニケーションの中で行動の変化に気を付けてください。

少しでも気になることがあれば、獣医に相談することをおすすめします。

病気の予防法と対処法

明るく、時には騒がしいほどにぎやかな性格で、小さい体でもパワフルなため毎日十分な運動量が必要です。

飼い主にとっては面倒かもしれませんが、散歩を怠らず、運動不足でストレスを溜めないことが、飼いやすくするためには大切です。

散歩は1時間程度の散歩を1日に2回程行ってください。

散歩のときに、ランニングやボール遊びを加える事もおすすめします。

ワイヤーフォックステリアの老化のスピード

中型犬としては平均的な寿命で、日本の高温多湿な気候では。

、皮膚疾患を引き起こしやすいため、空調完備の整った室内で飼うことをおすすめします。

多くの運動量を必要とする犬種でも、年齢を重ねると運動量も落ちてきますが、運動不足にはならないよう気を付けてあげてください。

運動不足解消や皮膚疾患予防のブラッシングをきちんと行うことで、ストレスを溜めることなく、少しでも長く一緒に過ごすことができるでしょう。

ワイヤーフォックステリアの老化に伴う外見の変化

ワイヤーフォックステリアは、年齢を重ねるとまゆ毛やひげに白髪が出てきます。

被毛も年齢とともにつやがなくなり、パサついてきますがブラッシングはきちんと行ってください。

また、たれ耳のため、耳垢が溜まったり、通気が悪くなることで外耳炎になる場合があるため、耳の手入れを行ってください。

老化に伴う外見の変化

老犬におすすめのの食べ物は?

ワイヤーフォックステリアは狩猟犬だったことから、好奇心旺盛で、テリア気質が強く、少し攻撃的で神経質な面があり、運動神経がよく、小さい体でパワフルで元気に走り回ることが大好きです。

そのため、十分な運動が必要になりますが、年を取るとだんだん体力が落ちてきます。

代謝も低下するため、若い頃のような食事をしていると運動量も足りないため肥満になります。

運動不足と腸の働きの低下で便秘にもなりやすく、食事には、食物繊維を多く含んだものをあげてください。

食事の量も少なくなってくるため、食事の回数を増やしたり、高カロリーのものを少量与えるなど工夫をしましょう。

Sponsored Link

ワイヤーフォックステリアに適した散歩の量は?

明るく、時には騒がしいほどにぎやかな性格で、小さい体でもパワフルなため毎日十分な運動量が必要です。

飼い主にとっては面倒かもしれませんが、散歩を怠らず、運動不足でストレスを溜めないことが、飼いやすくするためには大切です。

散歩は1時間程度の散歩を1日に2回程行ってください。

散歩のときに、ランニングやボール遊びを加える事もおすすめします。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ワイヤーフォックステリアは、狩猟犬だったこともあり、運動神経がよく、小さな体でパワフルで元気に走り回ることが大好きです。

そのため、毎日十分な運動が必要で、運動不足によりストレスを溜めることがあります。

飼い主にとっては面倒かもしれませんが、きちんと毎日十分な運動をさせてください。

散歩のときにドッグランで走りまわったり、ランニングやボール遊びを取り入れてください。

また、皮膚疾患を起こしやすく、被毛はダブルコートのため、きちんと丁寧にブラッシングやコーミングを行うことで、皮膚疾患の予防になり、ストレスを溜めることはありません。

その他に、たれ耳のため耳掃除を行うことも大切です。

ストレスを溜めないよう、日々のスキンシップやコミュニケーションを取ることで、行動の変化などに気を付けてください。

ワイヤーフォックステリアの寿命に関するまとめ

狩猟犬だったことから、好奇心旺盛で、テリア気質が強く、少し攻撃的で神経質な面がありますが、運動神経がよく、小さい体でパワフルで元気に走り回ることが大好きな犬種です。

そのため、十分な運動量が必要で、散歩はきちんと行い、ドッグランやボール遊びなどを取り入れるといいでしょう。

また、ワイヤーフォックステリアは被毛がダブルコートのため、毛が絡まりやすく、皮膚疾患を起こしやすいため、きちんと丁寧にブラッシングやコーミングを行うことで、皮膚疾患の予防になります。

年齢を重ねることで運動量も落ちてきますが、犬に合わせて散歩を行ってください。

日々のスキンシップやコミュニケーションはきちんととって、行動の変化などに気を付けてください。

ストレスを溜めないよう気を付けることで、少しでも長く一緒に過ごせるでしょう。

コメントを残す

*