tosaken-i

土佐犬・四国犬の飼い方や値段、寿命や性格まで調査!

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【土佐犬・四国犬】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

土佐犬・四国犬の寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、土佐犬・四国犬のかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

土佐犬・四国犬の画像

土佐犬・四国犬の平均寿命は?

土佐犬・四国犬の平均寿命は10年~12年前後で健康的な犬種です。

かつて土佐犬と呼ばれていた犬で、土佐闘犬と間違われやすく、四国犬と改名されました。

日本オオカミと間違われることもある野生的な気迫と素朴な外見が魅力です。

現在も猟犬として活躍しています。

土佐犬・四国犬の寿命と長生きするコツ

土佐犬・四国犬は中型犬としては平均的な寿命で、比較的健康な犬種ですが、日本犬に多いアレルギー性皮膚炎を引き起こしやすく、ひどいと慢性化してしまいます。

症状が軽いうちに病院で診断を受けるようにしましょう。

また、土佐犬・四国犬特有の疾患もあり神経痛や老年期痴呆症があります。

原因のよくわからない神経痛は子犬の頃に発症することが多く、成犬になると自然に治っていることがありますが、治っていても再発することがあるようです。

海に囲まれた土地柄で、土佐犬・四国犬は主食を魚としていたため、ドッグフードだけでは痴呆症状が出る場合があります。

日々のケアで、被毛はきちんとブラッシングを行い抜け毛がないか、肌が荒れていないかに気を付け、運動不足にならないようきちんと散歩などを行い、食事の管理はしっかりと行うことで病気を予防することに繋がり、また、少しでも長く一緒に過ごせるでしょう。

日頃のスキンシップやコミュニケーションの中で、行動に変化がないか観察し注意しましょう。

Sponsored Link

土佐犬・四国犬のかかりやすい病気は?

土佐犬・四国犬は比較的に健康な犬種ですが、日本犬に多いアレルギー性皮膚炎を引き起こしやすく、土佐犬・四国犬特有の神経痛や老年性痴呆症などにかかりやすいです。

アレルギー性皮膚炎は慢性化しやすく治りにくい病気のため、軽症のうちに病院で診断してもらうなどのケアが必要です。

もともと土佐犬・四国犬は海に囲まれた土地柄、魚を主食にしていたため、ドッグフードだけでは老年期に痴呆症状が出る可能性があり、食事の管理をしっかりしましょう。

土佐犬・四国犬の病気のサイン

土佐犬・四国犬は比較的健康な犬種ですが、日本犬に多いアレルギー性皮膚炎を引き起こしやすく、また、土佐犬・四国犬特有の神経痛や老年期痴呆症にもかかりやすいです。

そのため、ブラッシングなどで」被毛のケアを行い、皮膚疾患を防ぐために換毛期は特に、むだ毛を取り除いてあげてください。

また、子犬の頃に歩くと足をかばう、痛がるなどの行動には気を付けてあげてください。

神経痛の可能性があるため、早めに病院を受診してください。

また、子犬のときの神経痛が成犬になると自然に直る場合が多いですが、成犬になっても再発する可能性があるため、注意が必要です。

病気の予防法と対処法

土佐犬・四国犬は現役の猟犬でもあるため、かなりの運動量が必要です。

散歩は毎日2回1時間以上行ってください。

自転車を使った並走運動やジョギングなどを取り入れることをオススメします・

狩猟本能が強いので、子犬の頃からしっかりしつけていても、ドッグランで遊ばせるのはおススメできません。

土佐犬・四国犬の老化のスピード

土佐犬・四国犬は中型犬としては平均的な寿命で、比較的健康な犬種です。

現役の猟犬のため、若い頃は十分な運動量が必要ですが、年齢とともに運動量も落ちてきます。

その犬に合った運動を年齢とともに変えていくようにしましょう。

また、大型犬なので年を取ると関節の病気には注意が必要です。

予防のために、若い頃のような激しい運動や段差の上り下りには注意しましょう。

シニア期に入ったら、その犬に合わせて、散歩はゆっくりとしたペースで行うなど年齢に合った運動を行ってください。

土佐犬・四国犬の老化に伴う外見の変化

土佐犬・四国犬は年齢とともに、まゆ毛やひげの辺りに白髪が出ます。

猟犬のため、若い頃は十分な運動を必要としますが、年を取ると運動量も低下します。

また、運動不足により肥満などになることもあります。

年齢とともに運動量はその犬に合わせて行いましょう。

老化に伴う外見の変化

老犬におすすめのの食べ物は?

土佐犬・四国犬は、現在も猟犬として活躍していますが、年を取ると体力が落ちてきます。

若い頃のような運動量はなくなり、食事の量も少しずつ減ってきます。

また、年を取ると腸の働きが低下するため、便秘になりやすくなります。

そのため、食事には食物繊維の多いものを取り入れるようにしてください。

また、高齢になってくると食事の量も少なくなってきますので、そんな時は、少なめの食事を回数を増やして与えたり、顎が弱くなってくるため、硬いドッグフードはお湯などでふやかすなどして与えてください。

また、高カロリーな食事を少し与えるなど、食事の量を変えたり、与え方やドッグフードの内容などにも気を付け、年齢と体調に合わせて変えてあげてください。

年齢を重ねると関節が弱くなることもありますので、体重を支えている足腰の健康のためにも、コラーゲン・グルコサミン・コンドロイチンなどのサプリメントもおすすめです。

運動量や食事の管理をしっかり行なって、少しでも長く元気でいてほしいものですね。

Sponsored Link

土佐犬・四国犬に適した散歩の量は?

土佐犬・四国犬は現役の猟犬でもあるため、かなりの運動量が必要です。

散歩は毎日2回1時間以上行ってください。

自転車を使った並走運動やジョギングなどを取り入れることをオススメします・

狩猟本能が強いので、子犬の頃からしっかりしつけていても、ドッグランで遊ばせるのはおススメできません。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

土佐犬・四国犬は比較的健康な犬種ですが、現役の猟犬でもあるため十分な運動が必要です。

散歩を怠ると運動不足になり、ストレスを溜めてしまいます。

運動不足にならないためにも、しっかりと散歩などの運動を行いましょう。

また、日本犬に多いアレルギー性皮膚炎を引き起こしやすく、やたらと体を擦りつけたり、掻きむしったりといった行動をとり、ストレスを溜めてしまいます。

日頃の被毛のケアで抜け毛がいつもより多くないか、肌が荒れていないかなど、観察するようにしましょう。

子犬の頃は神経痛に注意し、歩くと痛がっていないかなど行動に変化がないか観察することで、ストレスを溜めないよう気を付けてあげましょう。

また、食事の管理をしっかりすることで、痴呆症状を防ぐことができるため、長く一緒に過ごすことができます。

土佐犬・四国犬の寿命に関するまとめ

四国地方の犬で、かつて土佐犬と呼ばれていましたが、土佐闘犬と間違われるため、四国犬と改名され、野性的な気迫と素朴な外見が魅力の四国犬です。

今も現役の猟犬として活躍していて、かなりの運動量を必要とするため、散歩などはしっかり行う必要があります。

日本犬に多い皮膚疾患や、土佐犬・四国犬特有の疾患などありますが、日頃のスキンシップやコミュニケーションの中で行動の変化に気を付けて、食事の管理もしっかり行うことで、病気の予防にもつながり、少しでも長く一緒に過ごすことができるでしょう。

コメントを残す

*