darumesian-i

ダルメシアンの寿命はどのくらい?なりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【ダルメシアン】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ダルメシアンの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ダルメシアンのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ダルメシアンの画像

ダルメシアンの平均寿命は?

ダルメシアンの寿命は10~13歳と大型犬の中でも平均的な寿命です。

過去に人気があったことから近親交配などの影響で遺伝性疾患が発生しやすい犬種になってしまいました。

アメリカでは、なんと全体の約20%に先天性の聴覚障害を持っているといったデータもあります。

ダルメシアンの寿命と長生きするコツ

ダルメシアンは過去に馬車の伴送犬として仕事をしていた事もあり、長距離を走る運動を得意としています。

ドッグショーなどの瞬発力を必要とした運動よりもマラソンのような持久力のある運動をする必要があるため、散歩の際は自転車を使った散歩をする必要があります。

散歩の量は1日に朝夕方に2回、長距離を走るため最低でも1時間の散歩が必要になります。

そのため、体力はもちろん時間に余裕がある人でないと飼育はかなり難しい犬種になります。

多くの運動量を要求しますが、フードを与える際も胸の深い犬種に発生する「胃拡張・胃捻転症候群(GDV)」が心配されるため、運動前の食事等を避ける必要があります。

アレルギー症状や尿路結石にもかかる事が多いので定期的に検診を受けるようにしましょう。

家族に対しては友好的な態度をとりますが、初対面の人や動物に対して警戒する一面もあるので幼犬期にドッグランで他の犬と遊べる状況を作る事で人に慣れさせる手段になります。

しつけは比較的に難しいと言われており、幼犬期から根気よく愛情を込めて教えてあげる必要があります。

褒めることを基本にストレスのないように教えてあげましょう。

Sponsored Link

ダルメシアンのかかりやすい病気は?

大型犬の幼犬期に発症する「股関節形成不全」や胸の深い犬に発生しやすい「胃拡張・胃捻転症候群(GDV)」といった命に関わる症状が挙げられます。

特に注意するのは遺伝性の疾患で「尿路結石」、「尿路閉塞」といった疾患は加齢によって発症する事が多い病気ですが、ダルメシアンの場合は尿酸を分解する能力が低いためシニア期に入る前から発症する確率が高いとされています。

他にも根治が難しいとされている食品やアトピーなどのアレルギー性の皮膚炎、生涯付き合っていくことになる「聴覚障害」など多くの疾患が存在します。

ダルメシアンのかかりやすい病気のサイン

運動量が減ると筋肉が弱くなる事で関節に負担がかかる病気が増えます。

主に足腰の関節に負担がかかる事によって、足を引きずる、座り方の変化などが関節炎を見つけるサインになります。

遺伝性疾患で発症する確率が高い難聴は呼んでも反応しない、臆病になり甘えるようになるといった行動に出ます。

噛む力が弱くなってウェットフードに切り替えた場合は歯垢や歯石が蓄積して歯周病になり、口臭に変化があったり虫歯の原因を増やします。

加齢によって「甲状腺機能障害」も発生する事によって皮膚病や脱毛といった症状もありますが、ストレスやアレルギーにも同じ症状があるので注意が必要です。

病気の予防法と対処法

ダルメシアンが発症する確率の高い疾患に対する予防法と対処法を紹介します。

「尿路結石」は予防する手段としてプリン体の少ないフードを与えましょう。

プリン体というのは、肉、魚、野菜などの旨味の成分で特にレバー、イワシ、カツオといった食物に特に多く含まれています。

ドッグフードを選ぶ際にこれらの原料を避け、チキン、羊肉、豚肉などのプリン体が少ない物を選び、水の量を増やして尿を出すように心掛けましょう。

尿の色を見て黄色の場合は水分が不足しているので注意しながら経過を観察しましょう。

進行した場合は結石が膀胱を傷つけて炎症を起こしてしまうため手術が必要になり多額の費用がかかるため、日々プリン体を控えめにした食事が大切になります。

他にもアレルギーを対処できるように使った食材を記録することで防ぐことができます。

ダルメシアンのアレルギー症状として、顔が腫れる、被毛に艶がなくなり抜け毛が多くなるなどが見られます。

食事、飼育環境を記録をして、気を配りながら観察しましょう。

ダルメシアンの老化のスピード

大型犬であるダルメシアンの老化の早さは1歳で人間の7歳です。

一部の国では中型犬として扱っていますが基準は大型犬の年齢計算になります。

遺伝性の疾患に十分な対策をして飼う事が出来れば、大型犬でもかなり長寿の15歳もいます。

ダルメシアンの老化に伴う外見の変化

老化によって背骨が曲がり腰が下がるようになります。

この点での注意は「変形性脊髄症」という老犬にかかる病気があり、腰が不安定になり歩行に支障が出る事もあります。

他にも加齢によって起こる「白内障」もあり、目が白く濁って見えます。

口元では歯垢・歯石の蓄積によって歯周病が発生しやすくなります。

老化に伴う外見の変化

ダルメシアンに似た犬種

現在調査中

老犬におすすめの食べ物は?

ダルメシアンは泌尿器の疾患やアレルギーの対策をする食事とシニア期の栄養の考慮をするため、フードを選択が比較的難しい犬種です。

シニア期での高タンパク、低カロリーを条件にした食材として挙げられるのが「鶏のささみ」、「サーモン」が無難です。

「サーモン」は抗酸化物質のアスタキサンチンを含んでいる他に、DHA、EPAも含んでいる優れた食材です。

生食は消化に適していないので、サーモンやチキンを原料にしたフードや加熱処理をしたものにしましょう。

イワシ、カツオ、鹿肉などは高タンパクでオメガ脂肪酸や栄養素の面で他犬種のシニア期に活躍する食材ですが、プリン体が多いためダルメシアンには向いていない食事になります。

老化の進行を防ぐため、抗酸化物質を含んだ「キャベツ」や「サツマイモ」などがおすすめです。

アレルギーによっては関節にいいコンドロイチンやコエンザイムQ10をサプリで摂取する方法も活用しましょう。

ダルメシアンは食欲旺盛で若い時の食事は一日に2、3回のペースで与えますが、歯が抜けたり加齢で食欲が落ち着くようになった場合は食事の量を減らして、食事の回数を増やすのも有効な手段です。

Sponsored Link

ダルメシアンに適した散歩の量は?

若い時は要求する運動量がかなり多く持久力も優れていましたが、シニアに入っても同じ運動量にすると筋肉が弱くなっているため、足腰への負担が大きくなり関節系の病気を誘発させます。

走るペースを下げたり、歩くなどして散歩のペースを調整してあげる事と、ドッグランに行く回数を減らしましょう。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

遺伝性の疾患が多いダルメシアンは日常的に「尿の色をチェック」、「食べた物を記録」、「運動前に食事をさせない」といった事をする必要があります。

尿路が細いためかかりやすいとされている尿路結石、比較的に多いとされているアレルギーも何を食べたか記録する事によって、プリン体の摂取やアレルギー食材を避ける手段として役に立ちます。

難聴は発症する確率が高いため、アイコンタクトをとったり、訓練が非常に難しいとされている視符(ハンドサイン)を覚えるといった手段を活用しましょう。

人とのコミュニケーションが少ない場合、人見知りになりがちで問題行動に発展する恐れがあるので、幼犬の頃から家族だけではなく他の人と触れ合うように育ててあげるようにしましょう。

ダルメシアンの寿命に関するまとめ

陽気で疲れることを知らないぐらいの体力を持つダルメシアンは幼い頃からしつけをする事で、本来の警戒心を和らげて一緒の時間を過ごせます。

遺伝による病気が多く加齢によって他の病気も心配されますが、最近では犬全体の寿命も長くなってきており対策は十分練れるようになってきました。

管理が大変な犬種で飼い主の努力でそれ以上に長生きできるかもしれませんが、定期検診を受けて獣医さんのアドバイスも聞き入れましょう。

そうすればダルメシアンは私達に元気と活力を与えてくれるパートナーになるでしょう!

コメントを残す

*