nihonsupittu-i

日本スピッツの飼い方や性格、寿命や値段について詳しく調べてみた

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【日本スピッツ】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

日本スピッツの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、日本スピッツのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

日本スピッツの画像

日本スピッツの平均寿命は?

日本スピッツは、スピッツ系を小型に改良した日本原産の純血種で平均寿命は10~16年くらいといわれています。

体高より体長がやや長く、真っ白な長毛が特徴で立ち耳に、黒く円らなアーモンドの形状をした瞳を持っています。

日本スピッツの寿命と長生きするコツ

日本スピッツを長生きさせるコツとして日本スピッツの性格は、陽気で遊び好きですがデメリットとして吠え癖が強いことがあげられます。

日本スピッツがナーバスになってしまわないようにすることが肝心ですが、やはり家族が大切にしてあげることで、吠え癖もしっかり収まり、長生きできるようになると思います。

大型よりも小型のほうが長生きし、外飼いより室内のほうがより長く、純血種より雑種の方が長生きするとも言われます。

長生きのコツの一つとしてシャンプーやブラッシングも欠かせません。

日本スピッツはダブルコートタイプですので、アンダーコートは毎年生え変わります。

アンダーコートは寒さから体温を保つために密生していますので換毛期になるとかなりたくさん抜けてきます。

室内の掃除にもやはり注意が必要です。

また、シャンプーを嫌がる日本スピッツは多くいます。

まずはいきなりお湯をかけるのではなく、徐々に慣らしていくことが大切です。

そのためには、飼い主さんが濡れているところを見せてあげたり、ドライヤーの音を聞かせてあげるなど、日常的になんとも思わないような状態にさせることが大切です。

Sponsored Link

日本スピッツのかかりやすい病気は?

日本スピッツのかかりやすい病気は、【小眼症】・【膝蓋骨脱臼】・【涙やけ】等が主な病気としてあげられます。

小眼症は、生後間もない頃から半年程度に多い症状です。

眼球が小さい状態で生まれてくると、涙の量も少なくて眼が乾燥しやすくなり、手術を決断する例も多くなります。

膝蓋骨脱臼とは、膝蓋骨が外れた状態が膝蓋骨脱臼で、膝蓋骨が内側に外れると【内方脱臼】外側に外れると【外方脱臼】と言います。

【涙やけ】は、涙に含まれる塩化リゾチームという成分が過剰に毛につくことによって茶色く着色してしまう症状です。

日本スピッツのかかりやすい病気のサイン

日本スピッツのかかりやすい病気は、【小眼症】・【膝蓋骨脱臼】・【涙やけ】等が主な病気としてあげられます。

小眼症は、生後間もない頃から半年程度に多い症状です。

眼球が小さい状態で生まれてくると、涙の量も少なくて眼が乾燥しやすくなり、手術を決断する例も多くなります。

膝蓋骨脱臼とは、膝蓋骨が外れた状態が膝蓋骨脱臼で、膝蓋骨が内側に外れると【内方脱臼】外側に外れると【外方脱臼】と言います。

【涙やけ】は、涙に含まれる塩化リゾチームという成分が過剰に毛につくことによって茶色く着色してしまう症状です。

病気の予防法と対処法

日本スピッツの主な病気の特徴として【小眼症】この病気は生まれつき眼球が小さい状態のことを言います。

眼球が小さいことで涙の量が少なくなりドライアイになってしまうことがあります。

症状が重い場合は、手術で眼球を大きくすることもあります。

【膝蓋骨脱臼】は膝のお皿が正常な位置からずれてしまう病気です。

初期にはほとんど症状が現れませんが、進行していくと歩行が困難になり手術が必要になる場合があります。

【涙やけ】流涙症とも予防ばれるこの病気は本来、鼻へ抜けていくはずの涙が、目からあふれてしまう症状です。

涙がどんどんと流れていくことによって、目の周りの毛が赤茶色に変色する涙やけを起こしてしまいます。

純白の毛を持つ日本スピッツは涙やけを起こすと、とても目立ってしまうので、こまめに涙を拭いてあげることが必要となってきます。

【皮膚病】日本スピッツは、とても皮膚がデリケートですので、皮膚病にかかりやすいです。

皮膚は長い毛で覆われている部分が多いので、常に清潔を保つようにして、毎日のブラッシングの際に皮膚の状態をチェックするようにしましょう。

日本スピッツの老化のスピード

日本スピッツような小型犬の場合は6歳からがシニア期となり11歳からが高齢犬と呼べます。

日本スピッツの老化に伴う外見の変化

老化現象に伴う外見の変化としては、白髪が出始める、被毛が薄くなり始める、肌の乾燥やベタつきが目立つようになる。

等が現れるといわれています。

老化に伴う外見の変化

日本スピッツに似た犬種

サモエドポメラニアン

老犬におすすめの食べ物は?

老犬になると食事の「質」の向上が必要不可欠な要素になります。

消化吸収しやすいお肉をあげてください。

穀物類は、老犬には消化吸収しにくい為なるべく避けるようにしてください。

お肉だけでは、栄養が偏りがちになります。

魚にはグルコサミンやコンドロイチンの他、認知症予防に期待ができるDHAや炎症の抑制効果が期待できるEPAなどが含まれていますので、魚もできるだけ積極的に取り入れてください。

Sponsored Link

日本スピッツに適した散歩の量は?

日本スピッツは、活発で遊ぶのが大好きな犬種です。

運動不足はストレスのもとなので1日2回、30分程度の散歩に加えて、ドッグランで走らせたり、ボール遊びをしてあげたりしてください。

日本スピッツは、ふんわりとした見た目から想像つくように、寒さに強く暑さに弱いタイプです。

夏の散歩は日中の日差しの強い時間帯を避け、早朝や夕方など涼しい時間帯に行ってください。

散歩は病気の予防にもつながります。

手足の細い日本スピッツは、膝蓋骨脱臼が起きやすい犬種ですが、しっかりと筋肉を付けることで予防ができます。

日々の散歩を欠かさないようにしてください。

高いところから飛び降りるなど、膝に負担がかかることも避けてください。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

純白のきれいな毛は汚れが目立ちやすく、そのままにしておくと黄ばんできてしまいます。

汚れてしまった時は、シャンプーや濡れたタオルで拭くなどしてあげる必要があります。

ダブルコートの被毛をしていますので、定期的なブラッシングをしてあげてください。

季節の変わり目には毎日のブラッシングが欠かせません。

日本スピッツは、皮膚疾患になりやすいです。

脱毛がないか、赤みや湿疹がないかなど、毎日のコミュニケーションの中で、チェックしてあげてください。

汚れがたまらないように、こまめなブラッシングや定期的なシャンプーなども必要です。

ストレスをかけない為に定期的なブラッシングやシャンプーや散歩、また飼い主とのコミュニケーションがとても大切です。

日本スピッツの寿命に関するまとめ

ふわふわした純白の被毛とつぶらな瞳が愛らしい小型犬。

日本スピッツは、明るく活発で、遊び好きな性格です。

家族と一緒に遊ぶことが大好きな犬種です。

少し人見知りすることがあり、警戒心を見せることもありますが、とても賢い犬種です。

家族と飼い主に対しては深い愛情を見せ、他の動物とも仲良くできます。

以前は無駄吠えが多いとされていましたが、近年は穏やかな性格の日本スピッツが増えています。

コメントを残す

*