sya-pei-i

シャーペイの性格や特徴・飼い方は?画像・販売価格も

シャーペイを飼おうと考えている方やすでに飼っている方に、シャーペイの性格や正しい飼い方・寿命・歴史など、基本的な情報を解説します。愛犬の性質やしつけ方を知って、毎日一緒に楽しく過ごしましょう!

シャーペイの基本情報

シャーペイの画像

  • 原産国、地域 中国
  • 一般的な体重 16~20kg
  • 一般的な体高 体高46~51cm

シャーペイの名前の由来

シャーペイは中国原産の犬種で、シャーペイの名前は中国語で沙皮と書き、砂のような(ざらざらした)皮という意味です。

Sponsored Link

シャーペイの歴史

シャーペイにはどのような歴史はがあるのでしょうか?

シャーペイは原産国である中国の広東省に、紀元前200年頃には既に存在していたと言われ、食用犬や番犬、闘犬として飼育されていました。
1949年頃に中国が中華人民共和国として思想統制を始めると「犬の飼育は贅沢」という理由で当時の飼い犬達が次々に処分されてしまいます。
これにはシャーペイ以外の中国原産の犬種も含まれ、同時に歴史的記録も処分されました。
シャーペイは闘犬として飼育されていた香港でわずかに生き残り、その数は当時60等あまりだったと伝えられています。
一時は絶滅を危惧されていたシャーペイですが、1973年に香港のブリーダーがこの危険な状況を世界にアピールし、アメリカの愛犬家達がそれに応え繁殖を開始、その結果わずか1年後の1974年には、アメリカンケネルクラブで正式な犬種として認められる程になりました。

シャーペイの性格や特徴

シャーペイには、どんな性格や特徴があるのでしょうか。

それぞれの性格や特徴をきちんと知っておくことで愛犬が長生きし(寿命が延び)、一緒に過ごせる大切な時間が増えることにも繋がります。

意外と知らないシャーペイ性格が見えてくるかもしれません♪

シャーペイの特徴や性格って?

シャーペイの性格は独立心が高く常に冷静沈着です。
飼い主と認めた相手にはとても従順で忠誠心が高いので優秀な番犬になってくれます。
ただ、祖先が闘犬として飼育されていた時の名残か、見知らぬ人や動物に対し攻撃的な行動をとってしまう所があるのでドッグラン等の他の犬や人とのふれあいの場では注意が必要です。
シャーペイの最大の特徴は体のしわと小さな瞳で、容姿は単純に「可愛い」や「格好いい」と言うより「ブサ可愛い」といった感じでとてもユニークな愛嬌があります。

シャーペイの毛色

シャーペイの毛の色や柄はこんな種類があります。

フォーン、ブラック、ブラウン、クリーム、サンド、レッド、ライラック

シャーペイのミックス犬

最近増えているミックス犬。

シャーペイのミックス犬にはどのような種類があるのでしょうか。

コッカーペイ(アメリカンコッカースパニエル)、ジャーマンシャーペイ(ジャーマンシェパード

シャーペイに似た犬種

シャーペイに似ている犬種はこちら!

ナポリタンマスティフボルドーマスティフ

Sponsored Link

シャーペイの飼い方としつけ方

犬種によって適している飼い方やしつけ方は様々です。

室内で飼う方が適している犬種もいれば、逆に屋外で飼う方がストレスがたまらず快適に過ごせる犬種もいます。

もちろん、性格によってしつけ方も全く変わってきます。

シャーペイに合わせた飼い方・しつけ方を解説します。

シャーペイの飼い方

シャーペイは独立心が強く、自身に満ち溢れた犬なので飼い主をリーダーと認めない場合は自分でリーダーシップをとろうとします。
ですので子犬の頃から主従関係をはっきりとさせ、誰がリーダーであるかをしっかり分からせる必要があります。
きちんと躾けないと他人や他の動物に攻撃したり、闘争心を露わにする等の問題行動を起こしてしまう危険性があるので、しつけに自信のない方ややり方がわからない方はプロのドッグトレーナーに相談してみると良いでしょう。
リーダーだと認めた相手にはとても従順で忠誠心が高い優秀な番犬になってくれますし、とても愛情深く接してくれるようになります。
献身的に愛情表現をしてくれる姿はとても可愛らしく、しわしわの少しユニークな容姿と相まって、1度触れ合えば癖になる魅力を持った犬種です。

シャーペイは、両方で飼うことに適しています。

シャーペイのオスとメスの違い

犬種だけでなく、オス・メスによっても、甘えんぼだったり社交的だったりと性格や性質は変わってきます。

オス・メスそれぞれの性格の違いや行動を知ることで、どんなしつけ方をしたらいいかなども分かるので、きちんと知っておくことも大切です。

シャーペイの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。

オス:常に冷静沈着な行動をし、落ち着きがあります。

メス:オスに比べて明るく、人懐こい性格をしています。

シャーペイにおすすめのエサ

ペットのエサは数えきれない種類があります。

何を選べばいいかわからない人も多いと思いますが、エサも犬種によって様々です。

シャーペイの体質に合った、健康的で長生きすることにつながるエサの種類を紹介します。

シャーペイは大豆を分解する酵素の力が弱い為、大豆製品を含まないフードを選んであげると良いでしょう。
大豆以外にもトウモロコシや米、小麦といった穀物は本来犬の体には必要のない物ですのでそれらが含まれないグルテンフリーのフードだと尚良いです。

シャーペイの1ヶ月の食事代(エサ代)の平均

シャーペイの1ヶ月の食事代(エサ代)は、約22,000円です。

シャーペイのお風呂のペース

シャーペイのお風呂のペースは、シャーペイは体臭の強い犬種で、体のしわの間に余分な皮脂や埃等の汚れが溜まってしまうので定期的なシャンプーが重要になります。
シャンプーは月に1回、暖かく汗や皮脂の分泌が盛んになる季節には月に2回程、しわの間まで丁寧に行ってあげると良いでしょう。
それ以外の時に体臭や汚れが気になる時はシャンプー剤を使わず水やお湯だけで洗い流すか、濡らして固く絞ったタオルで拭いてあげると良いです。
汚れや汗をそのままにしてしまうと、皮膚病の原因になってしまうので毎日チェックしてあげるようにしましょう。

シャーペイにおすすめのグッズ

シャーペイを飼うにあたっておすすめのグッズを紹介します♪

シャーペイは他の犬種に比べて抜け毛が多いという訳ではありませんが、体にしわがある為にブラシ選びには注意が必要になります。
シャーペイのゆるんだ皮膚はブラッシングの際、ブラシに引っかかりやすく、コームやスリッカーブラシのように硬い素材で作られたブラシでは皮膚を傷つけてしまいます。
ですのでシャーペイのブラッシングにはラバーブラシやソフトタイプの獣毛ブラシ等の柔らかい素材で作られたブラシを使用すると良いでしょう。

シャーペイのかかりやすい病気

犬種の体質によって、かかりやすい病気は様々です。

愛犬のかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてきます。

シャーペイがかかりやすい病気はこのようなものがあります。

緑内障、眼瞼内反症、チェリーアイ、乱生まつげ、アトピー性皮膚炎、全身性毛包虫症、突発性皮膚ムチン症、短頭種気道症候群

シャーペイのよく使う薬・サプリ

シャーペイのかかりやすい病気の中にはいくつか皮膚疾患が含まれており、皮膚疾患は様々な理由で起こりますが、その原因の1つに免疫力の低下があります。
犬の皮膚の免疫力を維持する為には乳酸菌・キングアガリクス・エンザミン・ビタミンE・ビオチン等の成分が有効で、これらの栄養素を含むサプリメントを適量与えることで愛犬の免疫力をサポートする事ができます。

シャーペイの治療平均価格

犬を飼うには、もちろん高い医療費がかかります。

最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。

そして、治療費は犬種によってさまざまです。

緑内障の場合・検査や治療費1,500~5,000円手術費100,000~200,000円、眼瞼内反症の場合・治療費3,000~10,000円手術費50,000~100,000円、チェリーアイの場合・4,000~65,000円、アトピー性皮膚炎の場合・2,000~5,000円程です。

シャーペイの平均寿命と価格

シャーペイの平均寿命

人間よりもとても寿命が短いわんちゃん。

2015年に一般社団法人ペットフード協会が調査した犬全体の平均寿命は14.85歳でした。

その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。

ですが、犬種によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。

シャーペイの平均寿命は10年前後です。

シャーペイの価格相場

シャーペイの価格相場は、40万円前後です。

シャーペイを飼っている主な著名人

現在調査中

シャーペイに関するまとめ

シャーペイは日本では珍しく、見慣れない犬種です。
販売価格も300,000~400,000円ととても高額で高級感漂う犬ですが、その容姿はユニークで1度触れ合うと癖になってしまう程の魅力がある犬でもあります。
しつけやケアは他の犬種に比べて少し特殊だったり手がかかったりしますが、愛情を持って接すればシャーペイも愛情深く献身的に尽くしてくれます。
ペット初心者には少し難しい犬かもしれませんが、きちんと躾けられる方や優秀な番犬をお求めの方にはオススメの犬です。

関連記事

コメントを残す

*