アメリカンアキタ

アメリカンアキタの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【アメリカンアキタ】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

アメリカンアキタの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、アメリカンアキタのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

アメリカンアキタの画像

アメリカンアキタの平均寿命は?

アメリカンアキタ犬の平均寿命は10歳~15歳と言われています。
アメリカ育ちの秋田犬で品種改良され誕生したことから「アメリカンアキタ」と言う名前が付きました。
超大型犬なので初心者には向きませんが、秋田犬より人懐こい性格といわれます。

アメリカンアキタの寿命と長生きするコツ

アメリカンアキタ犬の寿命と長生きするコツは、アメリカンアキタ犬の平均寿命はだいたい10歳~15歳になっております。
そして、体の大きさは61㎝~71cmで、体重は27㎏~59kg前後で、超大型犬に分類されます。
アメリカンアキタは秋田犬と同じく、がっしりとした骨太で均整が取れた体型で、三角形の広い頭部、深いマズル、小さな目、前傾した直立の耳、背上に巻くか脇腹に垂れる尾が特徴です。
動きはとても素早く、かなりの運動量も必要です。
飼うなら、飼い主がきちんと運動に付き合ってあげられる体力が必要になるので、そこは、毅然とした態度で望みましょう。
どの犬種でもいえることですが、犬に長生きしてもらうには食事がとても重要です。
食事を与え過ぎれば肥満になりますし、少ないと栄養不足で免疫力が低下してしまいます。
どちらも、病気にかかるリスクが大きくなるので、食事の量や内容には特に気を付けることが必要です。

Sponsored Link

アメリカンアキタのかかりやすい病気は?

アメリカンアキタ犬のかかりやすい病気は、大型犬にありがちな股関節形成不全は、アメリカンアキタが気を付けたい病気のひとつで、成長期の過度の運動は避け、関節に負担がかからないように肥満に注意しておくことが必要です。
アメリカンアキタの歩き方がおかしいと感じたときはすぐに病院に相談することが重要です。
脂腺炎になる事が多いですし、かかりやすい病気のひとつです。
被毛が脂性になる、フケが出る、アンダーコートが大量に抜けるなどの症状が出たら、脂腺炎を疑いましょう。
完治の難しい病気なので、もしも発症してしまったら根気よく付き合っていくことになります。
代謝を活発にする甲状腺ホルモンが減少することで起こる甲状腺機能低下症も比較的アメリカンアキタがかかりやすい病気です。
元気がなくなったり、寒がったり、皮膚に異常が表われることもあるようです。

アメリカンアキタの病気のサイン

アメリカンアキタ犬のかかりやすい病気は、大型犬にありがちな股関節形成不全は、アメリカンアキタが気を付けたい病気のひとつで、成長期の過度の運動は避け、関節に負担がかからないように肥満に注意しておくことが必要です。
アメリカンアキタの歩き方がおかしいと感じたときはすぐに病院に相談することが重要です。
脂腺炎になる事が多いですし、かかりやすい病気のひとつです。
被毛が脂性になる、フケが出る、アンダーコートが大量に抜けるなどの症状が出たら、脂腺炎を疑いましょう。
完治の難しい病気なので、もしも発症してしまったら根気よく付き合っていくことになります。
代謝を活発にする甲状腺ホルモンが減少することで起こる甲状腺機能低下症も比較的アメリカンアキタがかかりやすい病気です。
元気がなくなったり、寒がったり、皮膚に異常が表われることもあるようです。

病気の予防法と対処法

アメリカンアキタ犬は、日本の秋田犬を品種改良された犬です。
犬の中でも最も大きい犬種で頑丈な骨格と均整のとれた体つきは、重圧感を感じさせる程です。
体高より体長がやや長く、その割合は10:11と,とてもバランスが良いのも特徴です。
また気品もあることから犬の中で最も美しい犬種とも言われています。
もちろん、忘れてはいけないのが運動量です。
秋田犬は大型犬なので、1日2回各1時間程の散歩が必要です。
力も強いので、子犬の頃からしっかりとしつけを行い、飼い主さん主導で散歩をするようにすることも大切です。

アメリカンアキタの老化のスピード

アメリカンアキタ犬の犬の老化現象が始まる年齢は超大型犬が6~9歳くらいからと言われています。
その老化サインの一つが、ごはんを食べづらそうにすることです。
これは、噛む力や飲み込む力の衰えが原因ですが、加齢による食事量の減少や食の好みの変化なども影響します。
また、排便の様子や頻度の変化、粗相するなどトイレの失敗も増えてきます。
トイレに間に合わなくなるのは、主に泌尿器の機能低下が原因ですが、視力の低下によるものとも考えられます。
ほかにも老化サインがありますが、夜鳴きが増える、口臭や体臭が強くなってくる、耳が遠くなる、白髪が増えて薄毛になってくる、息遣いが荒くなる、水を多く飲むようになる、体が震えている等で、早めの対処によって進行を防げることもできるので見逃さないようにしましょう。

アメリカンアキタの老化に伴う外見の変化

アメリカンアキタ犬の一生は人間よりも短いものです。
当然、犬は人間よりも遥かに早いスピードで歳をとり、寿命を迎えます。
老化が進むと、歩行が困難になるのも老化サインで、大好きだった散歩にも行きたがらなくなってきます。
早めの対処によって進行を防げることもできるので見逃さないようにしましょう。

老化に伴う外見の変化

アメリカンアキタに似た犬種

秋田犬ジャーマンシェパード

老犬におすすめの食べ物は?

老犬期になると、子犬期や成犬期よりも「消化機能」、「代謝量」が低下します。
食が細くなる傾向があるので、必要な栄養素はある程度摂取しなければなりません。
成犬よりも気を使ってフード選びを行う必要があります。
できる限り体重が落ちないようにすることも大切です。
老犬期にはシニア用のドッグフードに切り替えて「サプリメント」を混ぜるなどの工夫も必要です。
また、成犬期のドッグフードよりも低カロリーで低脂肪の食事に替えることも視野にいれてください。

Sponsored Link

アメリカンアキタに適した散歩の量は?

アメリカンアキタ犬は、日本の秋田犬を品種改良された犬です。
犬の中でも最も大きい犬種で頑丈な骨格と均整のとれた体つきは、重圧感を感じさせる程です。
体高より体長がやや長く、その割合は10:11と,とてもバランスが良いのも特徴です。
また気品もあることから犬の中で最も美しい犬種とも言われています。
もちろん、忘れてはいけないのが運動量です。
秋田犬は大型犬なので、1日2回各1時間程の散歩が必要です。
力も強いので、子犬の頃からしっかりとしつけを行い、飼い主さん主導で散歩をするようにすることも大切です。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ストレスをかけない為に飼い主に出来ることは、室内飼育はストレスを与える原因になるため、基本的にはアメリカンアキタは室外飼育がいいでしょう。
つまり、餌もきちんと食べていて、家の中ではなにも問題行動がないのであれば、外で思いっ切り1日に2回以上の1~2時間の散歩を行いましょう。
歩くだけではなく優しい低い声をかけて犬を落ち着かせてあげましょう。
大きな体に適した十分な運動量が必要なので、走りを取り入れた散歩がいいでしょう。

アメリカンアキタの寿命に関するまとめ

アメリカンアキタ犬は、胴体と足はオオカミと戦えるほど筋肉が発達しており、強靭な顎の力を持っています。
護畜犬として活躍してきた犬種だけに、威厳があり頼もしい姿をしています。
アメリカンアキタは秋田犬と同様に、初心者にはしつけが非常に難しい犬種といえます。
縄張り意識が非常に強く、家族や家庭を守ろうとするため、他人への攻撃性が高い一面を持ちます。
他人への噛みつきなどの事故も多いため、しっかりとしたしつけを行う必要があります。
さらに飼い主に従順で学習能力も高い犬種ですので、確固たる主従関係と信頼関係を築くようにしましょう。
忍耐力があり賢い犬種のため、飼い主がリーダーシップを取り信頼関係を結ぶことができれば、アメリカンアキタは心強い従順なパートナーとなってくれるでしょう。

コメントを残す

*