tosaken-i

土佐犬・四国犬の正しい飼い方や性格・寿命・しつけ方を解説

土佐犬・四国犬を飼おうと考えている方やすでに飼っている方に、土佐犬・四国犬の性格や正しい飼い方・寿命・歴史など、基本的な情報を解説します。愛犬の性質やしつけ方を知って、毎日一緒に楽しく過ごしましょう!

土佐犬・四国犬の基本情報

土佐犬・四国犬の画像

  • 原産国、地域 日本
  • 一般的な体重 20~30kg
  • 一般的な体高 体高49~55cm
Sponsored Link

土佐犬・四国犬の名前(犬種)の由来

四国地方の土着犬だったことから、その名前がつけられました。

土佐犬・四国犬の歴史

土佐犬・四国犬にはどのような歴史はがあるのでしょうか?

祖先は高知の山岳地帯にいた「ヤマイヌ」と呼ばれていた野犬だといわれています。

猟師がヤマイヌを飼い慣らし、猟犬として育てたのが始まりです。

その後繁殖を繰り返し、獲物を追う犬種として確立させました。

四国犬は、古くから土着犬として四国山地に存在しており、1973年には「土佐犬」の名で、国の天然記念物として指定されました。

四国山地周辺の山村で主にクマ、イノシシ、シカなどを狩猟して過ごしていました。

高知の土着犬ということから、当初は「土佐犬」と呼ばれていましたが、「土佐闘犬」と混同されてしまうため、「四国犬」と改められました。

その姿がオオカミに似ていることから、ニホンオオカミと間違われて大騒ぎとなったこともあるほどです。

四国犬は産地ごとに違った個性があり、それぞれが混血を繰り返し、現在に至っています。

現在でも猟犬として飼われている四国犬もおり、その古くから受け継いできた野性的な性質から、ペットとしての飼育は簡単なものではありません。

土佐犬・四国犬の性格や特徴

土佐犬・四国犬には、どんな性格や特徴があるのでしょうか。

それぞれの性格や特徴をきちんと知っておくことで愛犬が長生きし(寿命が延び)、一緒に過ごせる大切な時間が増えることにも繋がります。

意外と知らない土佐犬・四国犬の性格が見えてくるかもしれません♪

土佐犬・四国犬の性格

体つきはしっかりとした筋肉質の中型です。

耳は立ち耳でしっぽは巻き尾が一般的で、毛質は短毛のダブルコートです。

飼い主にはとても忠実で従順ですが、他の人や動物には、心を許すことはありません。

冷静かつ勇敢であり、状況判断が良くでき、むやみに攻撃的になったりはしません。

物覚えは良く訓練はしやすいですが、日本の猟犬らしく飼い主以外の訓練には従わない傾向があります。

ですので、幼い子犬の時から、家族全員でしつけをし、信頼関係を築いておくことが大切です。

また、自分の縄張りをじっと守りながら過ごせる忍耐力にも優れており、不審な物音などには吠え、場合によっては攻撃することがあります。

山地での狩猟の経験などから、体力や持久力は優れており、温暖な地域や湿地の多い気候にも適応できる犬種です。

土佐犬・四国犬の毛色

土佐犬・四国犬の毛の色や柄はこんな種類があります。

黒褐色、胡麻、赤

土佐犬・四国犬のミックス犬

土佐犬・四国犬のミックス犬にはどのような種類があるのでしょうか。

現在調査中

土佐犬・四国犬に似た犬種

土佐犬・四国犬に似ている犬種はこちら!

甲斐犬、サーロス・ウルフホンド、チェコスロバキアン・ウルフドッグ

Sponsored Link

犬種別飼い方としつけ方のポイント

犬種によって適している飼い方やしつけ方は様々です。

室内で飼う方が適している犬種もいれば、逆に屋外で飼う方がストレスがたまらず快適に過ごせる犬種もいます。

もちろん、性格によってしつけ方も全く変わってきます。

土佐犬・四国犬に合わせた飼い方・しつけ方を解説します。

土佐犬・四国犬の飼い方

猟犬として現在も活躍中の四国犬は、運動量がかなり必要となりますので、毎日1時間以上の散歩を1~2回は必要です。

運動不足でストレスが溜まると、指示を聞かなくなるなど思わぬトラブルの原因となりかねませんので、注意が必要です。

また、負けん気の強さから、他の犬との交流があるドッグランは危険ですので避けましょう。

外に出る際は、飼い主のコントロールが常にできるよう、リードは欠かせません。

猟犬としてではなく、家庭犬として飼育するのであれば、子犬の時からできるだけ穏やかに育てましょう。

他の犬とのトラブルを避けるためには、幼い頃から他の犬と関わり合いを持ち、社会性を育ててあげる必要があります。

他人には警戒心を持ちますので、家への訪問客が来た際にはしっかり自分のサークルなどで待てるよう、訓練をしておくと良いでしょう。

他の動物や小さい子供などには、飼い主の目の届かぬ範囲では近づけないよう、注意が必要です。

四国犬はアレルギー疾患になりやすく、抜け毛も多い犬種ですので、ブラッシングなどのケアはこまめに行い、小さな変化を見逃さぬようにしましょう。

土佐犬・四国犬は、両方で飼うことに適しています。

土佐犬・四国犬のオスとメスの違い

土佐犬・四国犬の犬種に限らず、オス・メスの性別によっても、甘えんぼだったり社交的だったりと性格や性質は変わってきます。

オス・メスそれぞれの性格の違いや行動を知ることで、どんなしつけ方をしたらいいかなども分かるので、きちんと知っておくことも大切です。

土佐犬・四国犬の性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。

オス:メスより体高が高い傾向があります。
猟欲が強く、闘争心があるため、他の動物と一緒に暮らすのは難しいでしょう。

メス:オスより体高が低い傾向にあります。
体高より体長がやや長めな特徴があります。

土佐犬・四国犬におすすめのエサ

ペットのエサは数えきれない種類があります。

何を選べばいいかわからない人も多いと思いますが、エサも犬種によって様々です。

土佐犬・四国犬の体質に合った、健康的で長生きすることにつながるエサの種類を紹介します。

四国犬は古くから日本人と一緒に生活をしていたため、魚中心の食生活をしてきました。

現代のドッグフードは肉類中心のフードが多く、それですと老年期に痴呆症状が出る可能性があります。

魚には痴呆症の予防となるDHAやEPAやが豊富に含まれていますので、四国犬のフードを選ぶ際は、魚中心のフードを選ぶようにしましょう。

また皮膚炎予防のためにも、アレルゲンとなる穀物類、人口添加物、酸化防止剤などは避け、グレインフリーなフードを選びましょう。

1ヶ月の食事代(エサ代)の平均

土佐犬・四国犬の1ヶ月の食事代(エサ代)は、約1万円~1万5000円です。

土佐犬・四国犬のお風呂のペース

土佐犬・四国犬のお風呂のペースは、月1回のシャンプーを行いましょう。

ダブルコートですので抜け毛があり、ブラッシングは2日に1回はしてあげると良いでしょう。

皮膚炎も多い犬種ですので、抜け毛は綺麗に取り除き、ブラッシングの際には、皮膚に異常がないかチェックしてあげましょう。

土佐犬・四国犬におすすめのグッズ

土佐犬・四国犬を飼うにあたっておすすめのグッズを紹介します♪

短毛ですが、ダブルコートで抜け毛が多い犬種ですので、ブラッシングのためのブラシを用意しましょう。

皮膚炎を患いやすいので、優しくブラッシングをしながら、その都度皮膚の状態をチェックしてあげましょう。

警戒心の強い四国犬は、散歩の時に知らない人や他の動物と出会った際、思わぬ攻撃をする可能性もありますので、散歩の際に必要な丈夫な首輪とリードを用意しましょう。

かかりやすい病気は?

犬種の体質によって、かかりやすい病気は様々です。

愛犬のかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてきます。

土佐犬・四国犬がかかりやすい病気はこのようなものがあります。

老年性痴呆症、皮膚疾患、アレルギー疾患、神経痛などがあります。

土佐犬・四国犬のよく使う薬・サプリ

皮膚疾患対策・予防にオメガ3系脂肪酸が使われ、健康維持に、栄養素であるビタミンやミネラルなどが使われます。

土佐犬・四国犬の治療平均価格

犬を飼うには、もちろん高い医療費がかかります。

最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。

そして、治療費は犬種によってさまざまです。

ワクチン接種・約8000円、狂犬病予防接種・約3500円、健康診断・約2000円が基本となり、その他病気に関しては病院などによっても違いはありますが、年間で約35000円ほどです。

犬種によっての平均寿命と価格

土佐犬・四国犬の平均寿命

人間よりもとても寿命が短いわんちゃん。

2015年に一般社団法人ペットフード協会が調査した犬全体の平均寿命は14.85歳でした。

その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。

ですが、犬種によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。

土佐犬・四国犬の平均寿命は10年前後です。

土佐犬・四国犬の価格相場

土佐犬・四国犬の価格相場は、10万円前後です。

こんな著名人に愛されている!

土佐犬・四国犬を飼っている主な著名人はこちら☆

現在調査中

土佐犬・四国犬に関するまとめ

現在でも猟犬として活躍している四国犬は、その性質からペットとしては飼育が困難な面もあります。

現在でも四国犬と、人間とのトラブルや事件は、後を絶ちません。

飼い主には必ず服従をさせる必要があり、なおかつ四国犬をうまくコントロールができる飼い主ではないと危険なため、初心者向きの犬種ではありません。

運動量もかなり必要なため、環境にも配慮が必要です。

また、四国犬は痴呆症を患いやすく、その場合は夜鳴き、夜の徘徊、噛みつき、トイレの失敗、言うことを聞かなくなる、などの症状が出始め、介護となるととても大変となります。

その点も考慮し、最後まで責任をもって面倒をみていけるのかを考える必要があります。

Sponsored Link

関連記事

コメントを残す

*