ヨークシャテリア

毛が長い犬の手入れ方法はコレ!抜け毛を防ぐ方法とは?

今回は長毛種と呼ばれている犬の毛のケアについて詳しくまとめました。毛のお手入れが特に大変である長毛種の正しい抜け毛ケアやトリミングの重要性についてもご紹介します。

「抜け毛をなんとかしたい」「毛のお手入れの仕方が分からない」など、愛犬の毛のケアに関して問題を抱えている飼い主さんは決して少なくないでしょう。

特に長毛種とよばれる犬種は、他の犬に比べて毛が長いためそれだけ毛のお手入れも念入りに行う必要があります。

長毛種にはシングルコートとダブルコートがいる

パピヨン1

一言に長毛種といっても毛の性質や生え方によってシングルコートダブルコートの2種類があります。

犬の場合、人間と違って一つの毛穴から複数本の毛が生えますが犬種によって上毛と下毛の2重構造になっているのがダブルコート、下毛しか生えないシングルコートの2タイプがあります。

ダブルコート、シングルコートによっか換毛期の時期や抜け毛の量も異なります。

そのため、ブラシングや毛のケアをする際に必要なブラシを選ぶ際には愛犬の種類をしっかり認識したうえで正しいブラシを選ぶ必要があるのです。

Sponsored Link

ブラッシングや毛のケアの必要性

それではまず、愛犬のブラッシングや毛のケアの必要性について考えていきましょう。

愛犬の健康も関係することなので飼い主さんはその必要性をしっかり認識しブラッシングや毛のケアをしてあげましょう。

必要性1:汚れやゴミを取り除き病気を防ぐ

カール状の毛を持っている犬、もしくは長毛種の犬は特に体の毛皮に汚れやゴミが付きやすいです。

また、散歩や運動のために外出させた際にはダニやノミなどが付着する可能性があります。

汚れやゴミ、またダニやノミなどの微生物をそのままの状態にしておくと毛皮の中でばい菌が繁殖し皮膚や体調に悪影響を与え悪臭の原因にもなります。

そのため、定期的なブラッシングを行い毛皮に付着しているゴミや微生物などを取り除いてあげることによって細菌による感染を防ぎ、健康維持に繋がります。

特に外出した際は毛のケアだけでなく、肉球や陰部のケアもしっかり行いましょう。

必要性2:皮膚や毛皮の異常を見つける

犬の皮膚や毛皮というものは犬の健康状態を顕著に表れる重要な体のパーツです。

そのため、体調不良や何か病気を抱えている際には毛の艶が無くなる抜け毛が増えるといったサインを示すことがあります。

また、長毛種の場合皮膚のできものや盛り上がりというものは注意深く観察しないと発見することが難しい場合があります。

愛犬のブラッシングの際に皮膚や毛皮の状態を念入りにチェックしてあげることによって体調の異変にいち早く気づき対処してあげることができます。

つまり、健康状態を示すバロメーターである皮膚や毛皮のケアはそれらの異常を見つけるために重要なことなのです。

必要性3:愛犬とのコミュニケーション

犬にとっても毛皮にゴミや微生物、また毛玉や抜け毛がある状態は決して心地よいものではありません。

それらを取り除き毛皮のコンディションを整えてあげることは犬のリラックス効果につながり、快適な生活を送らせてあげることができます。

また、ブラッシングや毛のケアの際は愛犬と飼い主が密着するため、その行為自体が重要なスキンシップでありお互いがコミュニケーションをとる重要な時間であるため良好な関係を築くことにもつながります。

必要性4:抜け毛の飛散を防止する

犬には換毛期という季節の変わり目などに被毛が生え変わる時期が一年に複数回あります。

特にその換毛期の際に毛のケアをしっかりしてあげないと抜け落ちた毛が絨毯やフローリング、カーテンなどに付着し生活環境を汚してしまいます。

換毛期の犬は少し体を動かしただけでも毛が抜け落ち辺りに散らばるため、私達人間の生活スペースにも衛生上の悪影響を及ぼします。

特に長毛種の犬は多くの毛が生え変わるためそれだけ抜け毛の量も多くなります。

換毛期の抜け毛自体は防ぐことはできませんが、事前にしっかりブラッシングやトリミングをしてあげることによって毛が周りに飛散することを防ぐことができ、生活スペースの掃除もグンと楽になります。

長毛種のブラッシングを行う際に知っておきたい注意点

オーストラリアンシルキーテリア

以上の4つが長毛種の犬の毛のケアを行うことの必要性となります。

それでは実際に長毛種の毛のケアはどのように行えばよいのでしょうか。

ブラッシングの際に知っておきたい知識や注意点について一緒に見ていきましょう。

Sponsored Link

シングルコートとダブルコートを知る

一言に長毛種といっても毛の性質や生え方によってシングルコートとダブルコートの2種類があります。

犬の場合、人間と違って一つの毛穴から複数本の毛が生えますが犬種によって上毛と下毛の2重構造になっているのがダブルコート、下毛しか生えないのがシングルコートの2タイプがあります。

ダブルコート、シングルコートによっか換毛期の時期や抜け毛の量も異なります。

そのため、ブラシングや毛のケアをする際に必要なブラシを選ぶ際には愛犬の種類をしっかり認識したうえで正しいブラシを選ぶ必要があるのです。

長毛種のブラッシングの仕方

ブラッシングや毛のケアは散歩や運動などから帰宅した際に行うのがベストなタイミングです。

毛に付着したゴミや汚れを部屋に持ち込みたくない方もいるかと思いますが、公衆衛生やマナー上屋外ではなく愛犬の毛のケアは基本的に自宅で行うことが常識です。

そのため、毛が飛び散っても処理がしやすいように風呂場などですることをオススメします。

ブラッシングの仕方ですが、一般的な方法は犬の毛の流れにそって優しく行いましょう。

毛並みに逆らってのブラッシングは犬が不快感を感じる要因になり、ブラシング自体嫌いになってしまう可能性もあります。

また、ブラッシングや人に触られ馴れていない子犬は正しいブラッシングでも嫌がってしまう場合もあります。

その際はまずはスキンシップから始め徐々に馴れさせてから毛のケアをしてあげましょう。

定期的にトリミングをしよう

自宅で行うブラッシングや毛のケアはもちろん大切ですが、定期的に毛並みや長さを整えるためにトリミングに連れて行くことも重要です。

長毛種の犬にとって特に夏場などの気温が高い日は暑さや不快感を感じやすくなります。

そのため、季節の変わり目や換毛期には一度トリミングのための犬の美容室に連れていき愛犬の毛並みや長さを整えてあげましょう。

トリミングをすることによって抜け毛による汚れ防止や皮膚トラブルの発見にもつながります。

長毛種の犬の毛のお手入れ方法まとめ

今回は長毛種の毛のお手入れ方法について詳しく紹介してきました。

長毛種に限らず毛のブラッシングやケアというものは愛犬の健康にとって大変重要なことです。

特に長毛種の場合は毛の性質上抜け毛が目立ったり汚れやゴミが付着しやすく、その状態を放置しておくと愛犬にとっても大変心地の悪いものです。

お互いが快適な生活を送るために飼い主さんは念入りに日頃からブラッシングや毛のケアをしてあげて定期的にトリミングに連れて行くこともオススメします。

コメントを残す

*