dappu--i

ダップーの寿命を伸ばすポイントは?病気のサイン・予防法を解説

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【ダップー】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ダップーの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ダップーのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ダップーの画像

ダップーの平均寿命は?

体毛がもこもこ、胴長短足が可愛いと人気のダップーの平均寿命は10年~15年と言われています。

ミックス犬としては平均的な寿命であります。

顔や体はそれぞれ個体差があり、ダックスフンドよりかトイプードルよりかで分かれる様です。

ダップーの寿命と長生きするコツ

近年ブームとなっているミックス犬の一角として繁殖されたダップーは小型犬ですが性格はダックスフンド寄りか、トイプードル寄りか、または両方の性格をバランス良く受け継いだかと、個体差がある犬種です。

ダックスフンドの様に甘えん坊で遊び好きか、トイプードルの様に聡明で従順かはそれぞれの個体を良く観察して見極める必要があります。

そこがミックス犬を飼育するにあたっての魅力ですが、どちらにしてもダックスフンドとトイプードルは甘えん坊で従順な所が共通しています。

しかし、誰とでも仲良くできて社交的なトイプードルと比べ、ダックスフンドは嫉妬深く、飼い主の愛情を独り占めしたい傾向があります。

基本ダックスフンドは多頭飼いには向かない犬種なのです。

ダップーはそんな相対する性格の二頭が交配されたミックス犬なので、多頭飼いをする時は愛犬がトイプードル寄りの性格かどうかを見極めてから飼育する様にしましょう。

嫉妬深い性格の子にとって飼い主の愛情が分散されるなんてストレス以外の何物でもなく、構って欲しさの悪戯や、新入りの子に意地悪をしたりしてしまいます。

可愛くて嬉しくも感じますが少し可哀想ですよね。

Sponsored Link

ダップーのかかりやすい病気は?

ダップーは体型と性格がそれぞれ個体差があります。

ダックスフンド寄りならダックスフンドがかかりやすい疾患を発症しやすく、トイプードル寄りならその逆です。

ダックスフンド寄りの胴長短足なら腰痛、椎間板ヘルニア、ダックスフンドとトイプードルがかかりやすい病気はてんかん発作、眼疾患、鼓腸症、耳疾患、皮膚疾患、膝蓋骨脱臼、股関節形成不全などがあります。

かかりやすい病気にも個体差があるので愛犬はダックスフンドとトイプードルのどちら寄りなのか、動物病院で健康診断をしてもらいましょう。

ダップーのかかりやすい病気のサイン

病気には様々な初期症状があります。

それを飼い主が見つける事で重大な病気の早期発見に繋がります。

椎間板ヘルニアは、抱き上げた時に鳴いたり、足を地面に擦るように歩く等の歩行異常が現れます。

前肢に麻痺が出る為酷い場合は歩行が困難になる場合もあるでしょう。

てんかん発作は急に痙攣しだしたり、倒れたり、失禁したりなどの症状が出ます。

白内障は瞳の水晶体が白く濁ります。

進行性網膜委縮症は瞳の中がキラキラ光るよ様に見え、一瞬綺麗と思う方もいる様ですがそれは網膜が委縮している症状です。

鼓腸症はゲップをする、おならが出る、お腹が膨れる、食欲不振、体重の減少、下痢、嘔吐などの症状が現れます。

外耳炎は耳を異常に痒がり、悪臭します。

アレルギー性皮膚炎は激しい痒みが出る為、皮膚を掻き毟り、脱毛する事があります。

膝蓋骨脱臼は足が付けなかったり、引きずったりします。

股関節形成不全はふらついたり躓く等の歩行異常が出て、痛みを伴う場合があります。

病気の予防法と対処法

ダップーがかかりやすい病気は予防ができないものもあります。

その場合早期発見と治療が必要なので日頃から健康チェックを怠らない様にしましょう。

椎間板ヘルニアは抱き上げようとすると痛みで鳴いたり、歩行がおかしくなったりします。

肥満や過度な運動が原因となる事があるので気をつけましょう。

軽い症状の場合はステロイドなどで炎症を抑えますが、重症の場合は外科手術で治療する場合があります。

麻痺が残る場合があるので早期発見と治療が必要です。

てんかん発作は残念ながら遺伝が原因と言われており、予防法はありません。

薬による治療を一生続けていかなくてはならないので、かかりつけにできる動物病院を調べておく事が大切です。

白内障は予防法はありませんが薬で進行を遅らせる事はできます。

重症化したら瞳の水晶体を入れ替える手術もあるそうです。

進行性網膜委縮症は発症すると治療法が無く、最終的には失明してしまう疾患です。

鼓腸症は胃や小腸、大腸などにガスが過剰に溜ってしまう病気です。

早食いや食物繊維の取り過ぎが原因と言われています。

外耳炎は定期的に耳のお手入れをしてあげる事で防げる病気です。

皮膚疾患にかかりやすい為、シャンプーやトリミングで皮膚を清潔に保つようにしましょう。

股関節形成不全はツルツル滑るフローリングなどでの飼育が原因となる場合もあります。

カーペットを敷いて滑りにくい環境を整えましょう。

膝蓋骨脱臼は高い所から飛び降りたりすると起きる怪我です。

ダップーの老化のスピード

平均寿命が10年~15年のダップーは7歳を過ぎた頃から体のあちらこちらに老化現象が現れます。

嬉々としてついてきた散歩もあまり好まなくなり、食欲は落ち、寝ている事が多くなる可能性があります。

こうなると様々な病気を発症する危険がある為、定期的な健康診断は忘れない様にしましょう。

ダップーの老化に伴う外見の変化

ダップーはダックスフンドとトイプードルのどちら寄りかによって老齢化が進んだ時に外見に出る変化が違います。

体毛には白髪が混じり、艶を失い、元気よく走らなくなります。

運動意欲と食欲が落ちて筋肉が衰え痩せた様な外見になる可能性があるでしょう。

歩行の速さもゆっくりになり、寝ている事が増えるので肥満になる事もあります。

老化に伴う外見の変化

ダップーに似た犬種

ミニチュアダックスフンドトイプードル

老犬におすすめの食べ物は?

ダップーは小型犬です。

元より小型犬は食欲にムラがある犬種が多く、食べたり食べなかったりとその日その日で違います。

だからできるだけ食いつきが良い、高タンパクのフードを選ぶ事が大切です。

穀物を使ったフードは腹持ちが良いのですがダップーにとって消化不良の原因となる可能性がある為なるべくグレインフリー(穀物を一切使わない)のものを選びましょう。

皮膚疾患にかかりやすい傾向があるのでフードの品質は無添加でヒューマングレード(人間が口にするものと同等の品質の食材を使用)のものをお勧めします。

関節や目、皮膚や体毛のケアに必要な成分グルコサミン、コンドロイチン、ビタミン、ミネラル、亜麻仁油などが入ったフードなら尚良いでしょう。

老齢化したダップーは食欲がさらに落ちる可能性があるので、ささみを茹でた茹で汁でフードをふやかしたり、少しだけ缶詰やパウチタイプのフードを混ぜて食欲を刺激しましょう。

Sponsored Link

ダップーに適した散歩の量は?

小型犬で可愛らしい見た目ですが、ダックスフンドもプードルも元々は狩猟犬の為、運動量は小型犬にしては多い方です。

毎日30分の運動時間を確保しましょう。

定期的にドッグランへ連れて行き自由運動をさせると良いですよ。

雨などの悪天候で散歩が難しい日はお家の中で放して遊ばせてあげると良いでしょう。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ミックス犬の中でも人気があるダップーは、トイプードルの社交性があればダックスフンドの様な警戒心も持ち合わせています。

その性質は個体差があり、明るく社交的な子もいれば警戒心が強く、飼い主以外には閉鎖的な子もいます。

飼い主は自身の愛犬がどの様な性格なのかを見極める必要があり、一概にダップーはこうすると良いよとは決めつける事ができません。

ダックスフンド寄りの嫉妬深い性格なら多頭飼いはストレスになる為向かないし、トイプードルの様に社交的ならお友達を作ってあげると喜びます。

それぞれの性格を見極めて飼育環境を整えてあげましょう。

ダップーの寿命に関するまとめ

ミックス犬ブームの代表であるダップーは飼い主自身が性質を見極めて飼育をしていく必要があり、飼育が難しそうに見えますが実際はとても飼いやすい犬種です。

賢い為、躾もあまり困る事なく入るでしょう。

そんなダップーの健康を飼い主はしっかり守ってあげて下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメントを残す

*