アナトリアンシェパード

アナトリアンシェパードの寿命や病気のサイン、予防法は?

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【アナトリアンシェパード】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

アナトリアンシェパードの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、アナトリアンシェパードのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

アナトリアンシェパードの画像

アナトリアンシェパードの平均寿命は?

アナトリアンシェパードの平均寿命は10~13歳くらいです。
犬の平均寿命が12歳~15歳なので少し短い方だといえます。
しかし、それは飼い主が飼育の仕方や与える餌、性格をきちんと認識しているかにもよるので寿命が長くなるか短くなるかは飼い主の育て方次第です。
また、犬も人間と同じように体は歳をとる共に老化をしていきます。
そのため様々な病気が発生したり、筋力が弱くなったり、動きが鈍くなったりということがでてきますので、日頃から注意して何かある時は定期的に獣医に診断してもらうことが重要となってきます。

アナトリアンシェパードの寿命と長生きするコツ

アナトリアンシェパードは大型犬です。
その平均寿命は10~13歳くらいですので、犬の一般的な今までのデータの中での平均寿命としては少し短い方です。
長生きするかどうかは、飼い主の飼育の仕方にかかってきます。
飼い主の育て方というと、日頃から室内をこまめに掃除しているか、与える餌を健康に良い物を与えているか、運動量が犬によって差があるのでその辺を把握してきちんと散歩をしているのかというところです。
この辺の飼い主による気配りが大変必要となってきます。
アナトリアンシェパードの散歩量は1日1時間前後必要といわれています。
仕事が終わってから夜、散歩に一時間も行くというのは大変かもしれないですが、その辺をきちんとしていかないと精神的なストレスや身体的なストレスにより体が病気にかかりやすくなってくるといえます。
また、外見だけではどのような病気にかかっているかは判断できないので、定期的に獣医に診断してもらい何か病気にかかっていたとしたら治療を続けて治していくことが必要となってきます。

Sponsored Link

アナトリアンシェパードのかかりやすい病気は?

アナトリアンシェパード大型犬で、その大型犬の多くに表れ易い症状の一つとして、遺伝性の股関節形成不全症は幼少期から健診でしっかりと判断しておかなければならないと言われています。
犬の股関節形成不全とは、太ももの骨と骨盤とを結合する股関節の形が先天的に異常な状態を言います。
近年では股異形成(こいけいせい)とも言われます。
犬の股関節形成不全の症状としては以下のようなものが挙げられます。
一般的に、子犬のころははっきりとした症状を示さず、生後6ヶ月頃から徐々に異常の徴候が見られるようになります。
これは、成長とともに大きくなるはずの骨盤の骨が不完全で、太ももの骨がすっぽりとはまるソケット部分が小さすぎるために起こる現象です。
この病気はどの犬にも出やすいと言われているようです。

アナトリアンシェパードの病気のサイン

アナトリアンシェパード大型犬で、その大型犬の多くに表れ易い症状の一つとして、遺伝性の股関節形成不全症は幼少期から健診でしっかりと判断しておかなければならないと言われています。
犬の股関節形成不全とは、太ももの骨と骨盤とを結合する股関節の形が先天的に異常な状態を言います。
近年では股異形成(こいけいせい)とも言われます。
犬の股関節形成不全の症状としては以下のようなものが挙げられます。
一般的に、子犬のころははっきりとした症状を示さず、生後6ヶ月頃から徐々に異常の徴候が見られるようになります。
これは、成長とともに大きくなるはずの骨盤の骨が不完全で、太ももの骨がすっぽりとはまるソケット部分が小さすぎるために起こる現象です。
この病気はどの犬にも出やすいと言われているようです。

病気の予防法と対処法

アナトリアンシェパードは大型犬で散歩量としては1日に1時間程度散歩することが必要らしいです。
確かに1時間も散歩するというのは決して楽ではないですし、仕事をされていつも夜遅くに帰ってくる一人暮らしの方などは大変かもしれないです。
しかし、散歩の量が健康を維持できるか、できないかにも関わってくるようなので気を付けておくべき点だと思います。

アナトリアンシェパードの老化のスピード

平均寿命でいうと犬の一般的な平均寿命よりアナトリアンシェパードは短い傾向にあるので、老化のスピードは他の犬よりも少し早いです。
しかしそれは飼い主の育て方、個体差にもよるので定期的に獣医に診断をしてもらっているかによります。
また、老化をしてきている犬に与える餌をきちんと考えているかも大切です。
日頃のスキンシップを行い無理な運動をさせていないかを注意して飼育してください。

アナトリアンシェパードの老化に伴う外見の変化

1、散歩を催促しない・散歩に連れて行っても途中で帰りたがる
2、白髪が増えてくる
3、肌のツヤが悪くなる
4、髪がパサついてしまう
5、目の眼球部分が白く濁って見えるようになる症状が出る
6、鼻の色が白くなってしまう、などがあげられています。

老化に伴う外見の変化

アナトリアンシェパードに似た犬種

カンガールドッグ

老犬におすすめの食べ物は?

人間も同じですが、おすすめの食べ物のひとつ目は魚です。
魚はたんぱく質やカルシウム、血液をサラサラにしてくれる作用を持ち脳を活性化させてくれる働きを持っています。
DHA、EPAなどにより認知症の予防にもなります。
二つ目はたんぱく質です。
老犬は運動量が減少し、筋肉量が減ると体力そのものが落ちてきますので筋肉のもととなるたんぱく質を十分にとることが重要です。
三つ目は老犬におすすめのドッグフードです。
犬も人間も老化していくことによって筋力が落ち、肥満になりがちです。
その肥満を改善させていくためには高タンパク&低炭水化物の食事をさせることが基本です。
犬は動物性タンパク質が不足すると筋力が落ち、同時に新陳代謝も下がってしまいます。
するとエネルギーを多く消費できなくなるので、余分なエネルギーが脂肪に変わってしまいます。
犬のダイエット用おすすめドッグフードと言えば「モグワン」がランキングで一番になっています。
モグワンは栄養バランスにとても優れた総合栄養食で、新鮮なチキンとサーモンを主要タンパク源としてあげられます。
炭水化物源には低GI値のサツマイモを使用し、穀物は一切使われていません。
また、油には脂肪になりにくいサーモンオイルやココナッツオイルが使われています。
健康的に体重を管理させてあげたいと考えている飼い主さんにおすすめなドッグフードがモグワンです。

Sponsored Link

アナトリアンシェパードに適した散歩の量は?

アナトリアンシェパードは大型犬で散歩量としては1日に1時間程度散歩することが必要らしいです。
確かに1時間も散歩するというのは決して楽ではないですし、仕事をされていつも夜遅くに帰ってくる一人暮らしの方などは大変かもしれないです。
しかし、散歩の量が健康を維持できるか、できないかにも関わってくるようなので気を付けておくべき点だと思います。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ストレスをかけないために必要なことはスキンシップをしっかりととってあげることです。
そして栄養のある物をしっかりと与え、定期的に診断をしてもらい体にどこか異変がないかを調べてもらって病気にかからないように注意してあげてください。
部屋の中などをこまめに掃除することも大切です。

アナトリアンシェパードの寿命に関するまとめ

アナトリアンシェパードは、オスの体重が70Kg程度まで成長する超大型犬です。
平均寿命は10~13歳と言われています。
性格や特徴は見た目とはギャップがあり、性格はおっとりしていて忠誠心が高いです。
警戒心が非常に高く勇敢なので、番犬としては最高の犬種だといえます。
ただ、これは子犬の間にしっかりした訓練を行うことが前提です。
護畜犬特有の独立心の高さから、飼い主には強いリーダーシップが求められますし、訓練の仕上がりが中途半端だと問題行動を起こしてしまうこともあります。
強靭な体躯を持つ超大型犬であるだけに、問題行動を起こすと手がつけられなくなる可能性もあります。
プロのトレーナーの手を借りながら、充分にしつけを行ってから飼うのがオススメです。
きちんと訓練をして鍛えてから一般の家庭でも飼育できる犬となるようです。

関連記事

コメントを残す

*