ja-manhanthinguteria-i

ジャーマンハンティングテリアの寿命や病気のサイン、予防法は?

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【ジャーマンハンティングテリア】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ジャーマンハンティングテリアの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ジャーマンハンティングテリアのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ジャーマンハンティングテリアの画像

ジャーマンハンティングテリアの平均寿命は?

ドイツ原産のテリア種、ジャーマンハンティングテリアの平均寿命は9年~10年と言われています。

高い運動能力があり比較的健康と言われている犬種ですが遺伝性の疾患を抱えている事が多く、平均寿命を縮めている原因の一つとも言われています。

ジャーマンハンティングテリアの寿命と長生きするコツ

ジャーマンハンティングテリアは飼い主に忠実で温厚な反面、独立心が強く攻撃性があり協調性に欠ける為、他のペットと一緒に飼育する事は難しい犬種です。

猫やその他の小動物がいると本能的に追いかけてしまう可能性があります。

飼育する際は基本他の動物がいない環境で飼育をしましょう。

体力がある犬種なので運動時間はしっかり確保してあげるようにしましょう。

運動不足はストレスや肥満の原因になり、部屋をめちゃくちゃにしたり、物を破壊したりなどと破壊的行動が増える可能性があります。

夏季は皮膚疾患を発症しやすいです。

一度かかった皮膚疾患が慢性化してしまう事は良くある事なので、コミュニケーションを良く取り、定期的に皮膚のチェックを怠らないようにしましょう。

お手入れも大切ですが、過度なシャンプーは必要な油分まで奪ってしまう可能性があります。

基本はブラッシングや固く絞ったタオルで体を拭いてあげる等のお手入れで十分です。

Sponsored Link

ジャーマンハンティングテリアのかかりやすい病気は?

ジャーマンハンティングテリアは比較的健康な犬種ではありますが、心疾患、眼疾患、膝蓋骨脱臼等の病気にかかりやすい為気をつけましょう。

膝蓋骨脱臼は関節系の疾患です。

歩行に異常が出たり、痛みを伴う場合があるので歩き方がおかしいなと思ったらすぐ動物病院へ連れて行きましょう。

ジャーマンハンティングテリアかかかりやすい眼疾患は原発性水晶体脱臼というものがあり、遺伝的な疾患の為予防法は無く、発症すると失明の恐れがあると言われています。

ジャーマンハンティングテリアの病気のサイン

病気は普段から予防していてもかかる場合があります。

万が一愛犬が病気になった際は早期発見し治療を行う必要があります。

膝蓋骨脱臼は足を引きずったり、足を曲げる事ができなかったりします。

日頃のお手入れ不足が原因の一つである外耳炎は耳を痒がったり、耳から悪臭がしたりします。

関節ケアに良いサプリメントを与えたり、耳を持ち上げて耳の中に風通しを良くしたりする事が必要です。

原発性水晶体脱臼は親犬からの遺伝が原因で、目を気にする仕草や、角膜のむくみ、瞳孔の一部で水晶体が欠けているのが見えたりします。

心筋症は食欲不振や、お腹が膨らんだり、後肢が麻痺したりします。

心筋症は治す事はできず、症状の進行を遅らせる事はできますが、発症から2~3年で死に至ります。

病気の予防法と対処法

運動能力に優れ、体力も底なしのジャーマンハンティングテリアの運動は豊富な運動時間とジョギングなどを交えた運動プランが必要です。

毎日2時間以上の運動が基本で、ジョギング等を入れると良いでしょう。

定期的にドッグランやノーリードで放せる広場で思いっきり走らせる事も必要です。

ボール遊び等のおもちゃを使った遊びも喜ぶでしょう。

運動不足はストレスとなり破壊的行動を増やす元になる事があります。

飼育をする際は飼い主がジャーマンハンティングテリアの運動を行う事ができるかよく考えてから購入しましょう。

ジャーマンハンティングテリアの老化のスピード

平均寿命が9年~10年のジャーマンハンティングテリアは6歳を過ぎた辺りから老齢化による様々な疾患が現れたり、行動が大人しくなったりします。

ジャーマンハンティングテリアの老化スピードは個体差がありますが、普段感じてるストレスによっても食べさせてもなかなか太らなかったり等、外見に現れる事もあるようです。

ジャーマンハンティングテリアの老化に伴う外見の変化

ジャーマンハンティングテリアの老齢化が進むと歩行に異変が生じたり、食欲が落ちたり、元気が無くなったりします。

体の線は細くなりその反面お腹は弛みます。

体毛には白髪が混じる事もあります。

活発に遊ぶ事も少なくなるので今まで喜んでいた遊びもそこまで意欲的にやらなくなるでしょう。

老齢化が進んだら散歩の量、食事の質を見直し、定期的に健康診断を受診しましょう。

老化に伴う外見の変化

ジャーマンハンティングテリアに似た犬種

ブラックアンドタンテリア、ジャーマンピンシャー、フォックステリア、ウェルシュテリア、オールドイングリッシュワイアーヘアードテリア

老犬におすすめの食べ物は?

ジャーマンハンティングテリアは運動量が多い為、動物性タンパク質を多く含むフードを選ぶ必要があります。

膝蓋骨脱臼の予防に効果があるグルコサミン、コンドロイチン、眼病予防に効果があるビタミンやミネラルが含まれているかを調べる必要もあります。

入っていない場合はサプリメントを与えると良いでしょう。

老齢化したジャーマンハンティングテリアは食欲が落ちて今まで食べていた餌を残したり、全く手を付けない事もあるでしょう。

老齢化すると鼻が悪くなり、餌に対しての興味が薄くなります。

今までのフードをふやかしたり、パウチタイプや缶詰のフードを少しだけ混ぜて食欲を刺激しましょう。

Sponsored Link

ジャーマンハンティングテリアに適した散歩の量は?

運動能力に優れ、体力も底なしのジャーマンハンティングテリアの運動は豊富な運動時間とジョギングなどを交えた運動プランが必要です。

毎日2時間以上の運動が基本で、ジョギング等を入れると良いでしょう。

定期的にドッグランやノーリードで放せる広場で思いっきり走らせる事も必要です。

ボール遊び等のおもちゃを使った遊びも喜ぶでしょう。

運動不足はストレスとなり破壊的行動を増やす元になる事があります。

飼育をする際は飼い主がジャーマンハンティングテリアの運動を行う事ができるかよく考えてから購入しましょう。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ジャーマンハンティングテリアを飼育する際はご自宅の環境を整えなくてはいけません。

お庭があるお宅は脱走用のフェンスをして定期的に遊ばせると良いでしょう。

十分な運動はジャーマンハンティングテリアにとって必要不可欠で、運動不足になるとストレスで破壊的行動が出たり攻撃的になったりします。

独立心が強い為、他のペットと一緒に飼育するとストレスが溜まったり、猫や小動物等はハンティングの真似事で狩られてしまう可能性があります。

飼い主の注意が自分に向いていないと家中を走り回り、悪戯をして困らせ、自分に関心を向けようとします。

コミュニケーションはしっかりと取ってあげましょう。

ジャーマンハンティングテリアの寿命に関するまとめ

活発でお転婆、悪戯好きなジャーマンハンティングテリアはアウトドアなタイプの飼い主なら良いですが、インドアな飼い主だと飼育に向かない可能性が出てきます。

購入を決める際は膨大な運動量ついて行かれるかを良く考えましょう。

独立心が強くお転婆で躾が入りづらい場合もありますが、憎めない愛らしい犬種です。

そんなジャーマンハンティングテリアの健康を守るのも飼い主の務めですよね。

一日でも彼らの寿命が延びる様に環境を整えてあげましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメントを残す

*