feretto-i

ニュージーランドフェレットの正しい飼い方や性格・寿命・歴史を解説

ニュージーランド・サウスアイランド出身の「ニュージーランドフェレット」の性格・特徴や平均寿命などをまとめました。平均寿命6~8年のニュージーランドフェレットの長生きの秘訣は、飼い方や育て方にあります。意外と知らないニュージーランドフェレットの歴史や名前の由来なども紹介します!

ニュージーランドフェレットの基本情報

ニュージーランドフェレットの画像

  • 原産国、地域 ニュージーランド・サウスアイランド
  • 一般的な体重 1~1.8kg前後
  • 一般的な体高 現在調査中
Sponsored Link

ニュージーランドフェレットの名前の由来

フェレットには大きな違いはなく、いくつかの種類があります。

品種には大きな違いはありませんがそのほとんどが繁殖ファームの名称がそのままフェレットの種類名として付けられているものが多いです。

ニュージーランドフェレットの歴史

ニュージーランドフェレットにはどのような歴史はがあるのでしょうか?

フェレットは「ネコ目イタチ科イタチ族」の動物です。

その飼育の道のりはとても古く、ペットとして一般化したのは約2500年前といわれています。

ヨーロッパでは、独特な長い体を生かして長い間、狩猟に利用されていました。

時には人間が通ることのできない配管の竣工でも活躍していました。

ニュージーランドフェレットの性格や特徴

ニュージーランドフェレットには、どんな性格や特徴があるのでしょうか。

それぞれの性格や特徴をきちんと知っておくことでペットが長生きし(寿命が延び)、一緒に過ごせる大切な時間が増えることにも繋がります。

意外と知らないニュージーランドフェレットの性格が見えてくるかもしれません♪

ニュージーランドフェレットの性格

ニュージーランドフェレットの特色は丸い顔と目の周囲が黒くパンダ模様をした個体が多い事です。

もっとも原種に近いといわれ、2キロ前後の大型になる特徴があります。

毛は長いコートでふさふさしてさわり心地が良いのもトレードマークです。

ニュージーランドフェレットの噛み癖はとても強く、指導による矯正が不可欠になります。

フェレット自身はじゃれているつもりでも、流血するくらいとても強く噛んでくるので、教育に慣れていない未経験者が扱うと怪我をする事もあります。

子供のころから少しずつ教育をしていきましょう。

フェレットの噛み癖は数日で直せるものではなく、短くても1~2ヶ月は必要で、気長に根気よく続けていく事が重要です。

ニュージーランドフェレットの性格は個体によってかなりばらつきがあり、おだやかなおっとりさんから、気の強いいたずら好きまで、性格は個体差により色々です。

ニュージーランドフェレットの毛色

ニュージーランドフェレットの毛の色や柄はこんな種類があります。

セーブル、ブラックセーブル、ライトセーブルがあります。

ニュージーランドフェレットに似ているのは?

ニュージーランドフェレットに似ている種類のペットはこちら!

ジョルダンアンゴラ

Sponsored Link

ニュージーランドフェレットの飼い方としつけ方

種類によって適している飼い方やしつけ方は様々です。

室内で飼う方が適しているペットもいれば、逆に屋外で飼う方がストレスがたまらず快適に過ごせるペットもいます。

もちろん、性格によってしつけ方も全く変わってきます。

ニュージーランドフェレットに合わせた飼い方・しつけ方を解説します。

フェレットは寒さと暑さに弱く体温調節が苦手です。

飼育に適切な室温は15~23℃と言われており、室温を調節してあげなければいけません。

特に熱中症にかかりやすく、夏はエアコンでの室度管理が必ず必要になります。

フェレットは、寒さにはある程度耐えられますが、15℃を下回る寒さは苦手なのでヒーターやエアコンで対策してあげましょう。

また、フェレットは換毛期や普段からの抜け毛もあるので、定期的なブラッシングで取り除いてあげる必要があります。

フェレットを飼育するときには「トイレのしつけ」と「噛み癖のしつけ」必要で、どちらもすぐに注意することが大切で、後から注意してもなぜ怒られているのか、フェレットはわかりません。

また、トイレの場所を間違えたり噛み付いたりするときは、何か原因があるのかなど探ることも大切です。

ニュージーランドフェレットの飼い方

室内と屋外どっちで飼うのに適している?

ニュージーランドフェレットは、室内で飼うことに適しています。

ニュージーランドフェレットのオスとメスの違い

ニュージーランドフェレットオス・メスそれぞれの性格の違いや行動はあるのでしょうか?

ニュージーランドフェレットの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。

オス:甘えん坊で、構って欲しいと要求して噛んできたりします。

メス:比較的クールで、構って欲しくなくて噛んできたりします。

ニュージーランドフェレットのおすすめのエサ

ペットのエサは数えきれない種類があります。

何を選べばいいかわからない人も多いと思いますが、エサもペットによって様々です。

ニュージーランドフェレットの体質に合った、健康的で長生きすることにつながるエサの種類を紹介します。

もともと肉を食べる動物なので、必要な栄養素は植物性タンパク質ではなく動物性タンパク質です。

穀物、炭水化物がなるべく少なく、必須アミノ酸、必須脂肪酸、ビタミンなどがバランスよく配合されているものがおすすめです。

ニュージーランドフェレットの1ヶ月の食事代(エサ代)の平均

ニュージーランドフェレットの1ヶ月の食事代(エサ代)は、約4,000~8,000円です。

ニュージーランドフェレットのお風呂のペース

シャンプーは月に一度くらいを目安に、臭いが気になるようになったらで十分です。

あまり洗う頻度が多すぎるとフェレット自身が臭いを出そうとする為にかえって匂いが強くなってしまいます。

必ずシャンプーはフェレット専用を使用し、フェレットが外出する場合には ノミ取りシャンプーを使うとよいでしょう。

ニュージーランドフェレットにおすすめのグッズ

ニュージーランドフェレットを飼うにあたっておすすめのグッズを紹介します♪

とても好奇心が旺盛で活発なフェレットは狭いところを好み、潜ったり隙間に潜んだりして遊のが大好きです。

そんなフェレットの本能をくすぐり、夢中で遊べるおすすめなおもちゃはフェレット用のトンネル(チューブトンネル)です。

繋げて長くしたり、好みの形にしたりと遊び方にも幅があり、運動不足やストレスの解消にもなります。

1日に1回はコミニュケーションをとって、ぜひ遊んであげてください。

ニュージーランドフェレットのかかりやすい病気

体質によって、かかりやすい病気は様々です。

自分のペットのかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてきます。

ニュージーランドフェレットがかかりやすい病気はこのようなものがあります。

歯髄炎、インフルエンザ、副腎腫瘍、尿石症、リンパ肉腫、インスリノーマ、フィラリア症などです。

ニュージーランドフェレットのよく使う薬・サプリ

インフルエンザにはヒスタミン剤、副腎腫瘍には酢酸リュープロレリン(商品名リュープリン)、インスリノーマには1ステロイド抗炎症剤とプレドニゾロン錠、白内障には点眼薬で進行抑制などです。

ニュージーランドフェレットの治療平均価格

ペットを飼うには、もちろん高い医療費がかかります。

最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。

そして、治療費はペットの種類によってさまざまです。

フェレットは異物誤飲事故を起こしやすい動物です。

もしも誤飲してしまったときの症状、応急処置と、手術する場合の費用については、もしもフェレットが誤飲してしまったときの診断方法は、まず触診、エコー検査、レントゲン(X線)検査などを行い、確定診断を行います。

治療方法は嘔吐を誘発して吐き出させる方法と、胃と腸を開く手術を誤飲してしまった異物の量や種類、経過した時間によってどちらにするかを選択します。

開腹手術の費用は一般的に、130,000円~140,000円が目安です。

事前処置や投薬、検査費用、入院費用などもありますので、多めに見積もって200,000円ほどになります。

ニュージーランドフェレットの平均寿命と価格

ニュージーランドフェレットの平均寿命

人間よりもとても寿命が短いペットたち。

その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。

ですが、種類によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。

ニュージーランドフェレットの平均寿命は6~8年です。

ニュージーランドフェレットの価格相場

ニュージーランドフェレットの価格相場は、6~8万円です。

ニュージーランドフェレットを飼っている主な著名人

現在調査中

ニュージーランドフェレットに関するまとめ

ニュージーランドフェレットは野生の原種に一番近いフェレットで独特の顔立ちと目の周りがパンダのような模様が特徴です。

日本への輸入は少なくあまり見かけないフェレットです。

温和で人懐こい子から気が荒いタイプや神経質なタイプなど性格は色々です。

ニュージーランドフェレットの噛み癖はとても強く、しつけによる矯正が必要になります。

フェレット本人は遊んでいるつもりでも、流血するくらい強く噛んでくるので、フェレットを飼育したことが無いとしつけは難しく、初心者が扱うと怪我をする恐れがあります。

小さいときから少しずつしつけをしていく必要があります。

被毛はロングコートで、アンゴラフェレット以外のフェレットと比べると毛がふさふさしており、さわり心地のとても良いフェレットです。

フェレットにはたくさんの種類があり、外見や毛色などは似ているところが多いですが、顔の形や体型、性格の違いなど、種類によってそれぞれに特徴があります。

性格や特徴、ファームによって飼いやすさなども違ってくるので、自分にあった種類のフェレットを見つけましょう。

関連記事

コメントを残す

*