kanadhianferetto-i

カナディアンフェレットの寿命や病気のサイン、予防法は?

動物の寿命は種類によってさまざまです。今回は【カナディアンフェレット】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、ペットとできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

カナディアンフェレットの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、ペットにはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、カナディアンフェレットのかかりやすい病気やその予防法、ペットの種類に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

カナディアンフェレットの画像

カナディアンフェレットの平均寿命はどれくらい?

カナディアンフェレットの平均寿命は4歳から8歳くらいだといわれています。

多くのフェレットの平均寿命が6歳から10歳といわれていますので、カナディアンフェレットは他のフェレットと比べると少し短い寿命です。

しかし近年では栄養バランスの良いフード等が沢山売っているので、平均寿命を超えるフェレットは沢山います。

カナディアンフェレットの寿命と長生きするコツ

カナディアンフェレットの平均寿命は4歳から8歳くらいだといわれています。

カナディアンフェレットは他のフェレットに比べると寿命が短いので、少しでも長生きしてもらえるようフードや生活環境に気をつけましょう。

カナディアンフェレットは骨量のある大柄なフェレットなので、運動量も他のフェレットに比べるとやや多いです。

小動物だからといってケージから出さなければストレスが溜まってしまいます。

ストレス発散のためにも、毎日ケージから出して遊んであげましょう。

カナディアンフェレットに限らず、フェレットは暑さにとても弱い生き物です。

日本での高温多湿の環境では熱中症を起こす可能性がありますので、フェレットを飼育している室内は、15度から24度くらいに保ってあげましょう。

長時間の日に当たる場所にケージを置いているだけでも熱中症になる危険がありますので、注意が必要です。

カナディアンフェレットに限らずフェレットは、もともと野生だった頃にネズミや鳥、爬虫類や両生類を食べていた動物ですので、完全に肉食の動物です。

それによりフードも、低炭水化物、高たんぱく質のものを選んであげましょう。

カナディアンフェレットは平均4歳から8歳位までと他のフェレットと違い短命だと言われていますが、近年ではフードの種類も栄養も豊富なので長生きをするフェレットが多いです。

栄養バランスや、カナディアンフェレットの特徴、性格、なりやすい病気などを知っておくと長寿に繋がっていくでしょう。

Sponsored Link

カナディアンフェレットのかかりやすい病気は?

カナディアンフェレットのかかりやすい病気をご紹介致します。

カナディアンフェレットは比較的他のフェレットよりも病気に強い傾向がありますが、シニア期に入ると免疫力が弱くなるため病気にかかりやすくなります。

ここではフェレット全体にかかりやすい病気を書きます。

まずは、「インスリノーマ」です。

この病気は、腫瘍になった細胞がインスリンを過剰に分泌し、低血糖をおこす病気です。

次は、「リンパ腫」です。

この病気は血液のガンです。

血液中にあるリンパ球が悪性のガン化することで発症します。

次は、「副腎疾患」です。

この病気は、性ホルモンであるアンドロゲンや、エストロゲンが過剰に分泌しておこる病気です。

次は、「肥満細胞腫」です。

この病気は、頸や肩、胴の皮膚に出来る腫瘍です。

次は、「消化管内異物」です。

この病気は、誤飲をすることによって発症します。

次は、「巨大食道症」です。

この病気は、食道が緩み、食べ物がうまく運ばれなくなることで発症します。

次は、「尿石症」です。

尿路に結石が出来ることで発症します。

カナディアンフェレットに限らずフェレットは病気の多い生き物です。

カナディアンフェレットは他のフェレットに比べると平均寿命が短いため少しでも健康で長生きしてもらうため病院で定期的な健康診断を受けることをおすすめします。

カナディアンフェレットの病気のサイン

カナディアンフェレットのかかりやすい病気のサインをご紹介致します。

まずは、「インスリノーマ」です。

サインとしては、元気がなくなる、よだれが増える、重症な場合は意識を失うこともあります。

次は、「リンパ腫」です。

症状は、どこに腫瘍が出来るかでも違ってきますが、呼吸困難、下痢、体重減少などが見られます。

次は、「副腎疾患」です。

一番分かりやすいサインが「脱毛」です。

全身に広がる場合もあります。

次は、「肥満細胞腫」です。

この病気は皮膚に、2ミリから1センチ ほどの出来物が出来ます。

次は、「消化管内異物」です。

この病気のサインとしては、便の異常、体重減少、ヨダレが出たりします。

次は、「巨大食道症」です。

この病気のサインとしては、体重減少、嘔吐、食欲不振、咳、などがあります。

次は、「尿石症」です。

この病気のサインとしては、食欲不振、血尿、排尿時に痛みがあるので排尿の際悲鳴をあげたりします。

また、カナディアンフェレットは、非常に運動量の多いフェレットなので、広い場所で自由に遊べる時間を作って、ストレスを溜めないようにおもちゃなどで遊んであげましょう。

病気の予防法と対処法を紹介

カナディアンフェレットの病気の予防法と対処法をご紹介致します。

まずは、「インスリノーマ」です。

この病気の予防法は今現在はっきりしたものはありませんが、果物などのおやつは避けて、高たんぱく質のフードを与えるようにしましょう。

次は、「リンパ腫」です。

この病気の予防法は今現在はっきりしたものはありませんが、早期発見をすれば、病状の進行を緩やかにすることはできるので、定期的な健康診断を受けて早期発見に努めましょう。

次は、「副腎疾患」です。

この病気は昼夜明るい場所で生活していると発症のリスクが高まるため、一日の中で暗くなる時間を作ってあげることで予防できます。

次は、「肥満細胞腫」です。

この病気のはっきりした予防法はありませんので、早期発見のため定期的な健康診断を受けておきましょう。

次は、「消化管内異物」です。

食べてはいけないものを誤飲しないように危険なものを周囲から撤去しましょう。

次は、「巨大食道症」です。

この病気の予防ではっきりしたものはありませんので早期発見のためにも定期的な健康診断を受けておきましょう。

次は、「尿石症」です。

フェレットは肉食動物なので、動物性のたんぱく質を十分に与え、いつでも新鮮な水が飲めるよう配慮することである程度予防できます。

また、カナディアンフェレットは、大柄に育つ個体が多く、エネルギッシュな性格のため、ストレスを溜めて病気にならないように沢山遊んであげましょう。

カナディアンフェレットの老化のスピード

カナディアンフェレットがシニア期に入るのが、だいたい3歳からとフェレットの中では平均的ですが、カナディアンフェレットは他のフェレットと比べると、寿命が短いため、老化のスピードは早く感じるでしょう。

カナディアンフェレットの老化に伴う外見の変化

カナディアンフェレットがシニア期に入るのがだいたい3歳くらいからといわれています。

カナディアンフェレットはもともと他のフェレットよりも平均寿命が短いため、少しでも長生きしてもらえるよう普段の様子をよく観察し健康に気を付けましょう。

カナディアンフェレットがシニア期に入ると、食べ物の消化能力が衰えてきたり、毛がパサついてきたり、寝ている時間が長くなり、抵抗力が弱くなります。

病気もしやすくなるので、出来ればシニア期に入ったら病院で、健康診断を定期的に行うことをおすすめします。

カナディアンフェレットの外見の変化

歳を重ねたペットにおすすめの食べ物は?

カナディアンフェレットは大柄な体型で、遊び好きでヤンチャなため、運動量も多いフェレットなので、食べる量も他のフェレットより多いですが、歳を重ねるにつれて運動量も減り、食欲が落ちあまりエサを食べたがらなくなってしまうフェレットが多くいます。

それによってきちんとした栄養素を取り入れることが難しくなり、体力低下につながります。

それを防ぐために、高齢期を迎えたフェレット用のフードがペットショップでも販売されていますので、フードの切り替えをおすすめします。

Sponsored Link

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

カナディアンフェレットは他のフェレットと比べると身体が大きくがっしりした体格をしています。

噛み癖が強い傾向がありますので、人に噛んでトラブルの原因とならないように小さいうちからしっかりとしたしつけが必要になってきます。

カナディアンフェレットはヤンチャで遊びが好きなフェレットです。

近年フェレットの人気が上昇しているので、ペットショップでもフェレット用のおもちゃが置いてあったり、ネットショッピングでも買えますので、おもちゃを使って遊んであげましょう。

また、いくら小動物だからといってケージから出さなければストレスが溜まってしまいます。

ストレス発散のためにも、毎日ケージから出して運動をさせてあげましょう。

出来るだけ毎日30分から1時間くらいは運動量を確保してあげましょう。

カナディアンフェレットの寿命に関するまとめ

他のフェレットよりも体重が重く、身体も大きいのが特徴のカナディアンフェレット。

大きめのフェレットが飼いたい人にはとてもピッタリのフェレットです。

ヤンチャでエネルギッシュな性格で、噛み癖がある個体が多いので、しっかりとしたしつけが必要になります。

少しでも長く元気で過ごしていく為には毎日の健康管理は重要です。

ブラッシングや遊びなどを通して少しでもいつとも違う変化を見逃さないようにしましょう。

関連記事

コメントを残す

*