feretto-i

ミスティックフェレットの寿命や病気のサイン、予防法は?

動物の寿命は種類によってさまざまです。今回は【ミスティックフェレット】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、ペットとできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ミスティックフェレットの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、ペットにはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ミスティックフェレットのかかりやすい病気やその予防法、ペットの種類に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ミスティックフェレットの画像

ミスティックフェレットの平均寿命はどれくらい?

ミスティックフェレットは体長35cm~50cmの大きさのフェレットで、平均寿命は7歳~9歳であり、通常のフェレットと同程度の寿命になります。

生活環境や個体差、食生活などにより差はありますが、生活習慣などに気を付けることにより寿命を平均よりも延ばすこともできます。

ミスティックフェレットの寿命と長生きするコツ

ミスティックフェレットは体長35cm~50cmの大きさのフェレットで平均寿命は7歳~9歳になります。

長生きさせるためのコツは「十分に運動をさせてあげること」「ストレスを与えないこと」などが挙げられます。

ミスティックフェレットは遊び好き、好奇心旺盛、人懐こい性格をしています。ミスティックフェレットは遊ぶことも好きです。

おもちゃとしてはフェレット用のトンネルやボール、猫じゃらしなどを準備してあげるととても喜びます。

また、屋内で遊ぶ場合で注意しないといけない点は、室内では家具などがあり、フェレットがぶつかって怪我をしてしまう可能性がありますので、フェレットが怪我をしないように危ないものを取り除いとくことやフローリングなどの滑りやすい床の場合はフロアマットを敷くなどしてこけないようにすることが飼い主として必要です。

屋外で遊ぶ場合は、好奇心旺盛なので勝手にどこかへ行ってしまわないように、ハーネスやリードなどを付けてあげる必要があります。犬などの動物も飼っている場合は犬がにイタズラをしてミスティックフェレットがストレスに感じることがありますので、飼い主が生活に気を使ってあげることでストレスのない日常を過ごすことができます。

Sponsored Link

ミスティックフェレットのかかりやすい病気は?

ミスティックフェレットのかかりやすい病気としてインスリノーマ、副腎疾患、フィラリア症などがあります。

インスリノーマは膵臓の腫瘍で中・高齢のフェレットに多く見られます。

膵臓の細胞からインスリンが多量に分泌されることにより血糖値が低下します。

副腎疾患は中・高齢のフェレットに多くみられ、副腎という左右1対の小さな器官が腫瘍化または肥大化します。

フィラリア症は疲労、倦怠、咳、呼吸困難、腹水などを引き起こします。

ミスティックフェレットの病気のサイン

ミスティックフェレットのかかりやすい病気のサインはインスリノーマでは「ぐったりとするようになる」「前肢で口の周りを引っ掻くような仕草をするようになる」「後肢がふらつくようになる」「寝る時間が普段よりも長くなる」「ぼーっとして口からよだれが流れるようになる」「後肢が弱ってくる」「昏睡状態になる」「痙攣を起こすようになる」などの症状がみられるようになります。

副腎疾患では「脱毛が起こるようになる」「かゆみが起こり引っ掻くような仕草をするようになる」「メスでは陰部が腫大する」「オスでは前立腺が肥大し尿が出にくくなる」「体臭がいつも以上にきつくなる」「尿漏れが起こるようになる」「攻撃敵になってくる」「乳頭が目立ってくる」などの症状がみられるようになります。

フィラリア症では「疲労や倦怠が起こるようになる」「咳が出るようになる」「呼吸困難に陥る」「腹水になる」「血管や心臓の血液の流れに障害で出るようになる」などの症状がみられるようになります。

病気の予防法と対処法を紹介

ミスティックフェレットのかかりやすい病気としてインスリノーマ、副腎疾患、フィラリア症などがあげられましたが、その予防法や対処法として、インスリノーマではブレドニゾロンという薬を服用させ肝臓の糖新生を促し、末梢組織での糖分の利用を抑制することによって低血糖の症状を抑えます。

ですがこの内科療法は低血糖を抑えるのみなので生涯にわたる治療が必要、外科的治療法として手術によりインスリノーマの腫瘍を取り除く方法があります。

ですが、腫瘍は非常に小さい場合が多く、顕微鏡でみないとわからない程度なので難しいです。

生存期間は内科療法をとった場合より長いです。

食餌療法として甘いおやつや炭水化物の多いエサはインスリンの分泌を刺激し、低血糖を引き起こすので与えないようにします。

また、血糖値を一定にするため、食事の回数を複数回に増やすようにするなどの予防法や治療法があります。

副腎疾患では超音波検査やホルモン検査を定期的に行う、開腹手術をして、肉眼で副腎の異常を確認し、摘出する、ホルモン注射を打って症状を緩和させるなどの予防法や治療法があります。

フィラリア症では蚊を媒介に体内に入ってきたフィラリアの幼虫を殺す薬を投与するなどの予防法や治療法があります。

この治療法では蚊が出始めたころから蚊がいなくなって1か月まで毎月1回行う必要があります。

ミスティックフェレットの老化のスピード

ミスティックフェレットの老化のスピードは平均寿命が7歳~9歳いうことから人間の8倍のスピードで年をとります。

人間に換算すると1年で8歳年をとることになります。

生活環境や個体差、食生活などにより差はありますが、生活習慣などに気を付けることで寿命を延ばすこともできます。

ミスティックフェレットの老化に伴う外見の変化

ミスティックフェレットの老化に伴う外見の変化は歩行時に足がプルプル震えるようになる、あまり遊ばなくなる、活発だった動きが鈍くなるというような外見の変化が現れるようになります。

普段からの遊びなどを通じてコミュニケーションをとることで変化が多少であっても見逃すことなく気づくことができるようになります。

ミスティックフェレットの外見の変化

歳を重ねたペットにおすすめの食べ物は?

ミスティックフェレットは遊び好き、好奇心旺盛、人懐こい性格ですが、年をとるにつれて元気がなくなったりします。

この症状が出てくるくらいの老いたフェレットになってきた時にはプレミアムフェレットというフードがオススメです。

このフードには専門家が推奨するほど研究を重ねて作られたフェレット専用の完全栄養食であり、高品質な動物性たんぱく質と天然の脂質をフェレット専用にブレンドされています。

Sponsored Link

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ミスティックフェレットにストレスをかけないために飼い主としてできることは、遊ぶことが好きなので飼育スペースにフェレット用のトンネル、ボール、猫じゃらしなどを準備してあげて、運動することができるスペースを十分確保してあげることでストレスのない日常を過ごすことができます。

犬などの別の動物を飼っていたりすると、特に犬などでは、遊び道具と間違えてミスティックフェレットとじゃれてしまうことがあります。

このようなことがあると、ミスティックフェレットはとてもストレスに感じてしまうので注意が必要です。

このようなことが起こらないように飼い主としてミスティックフェレットの生活環境に十分注意してあげる必要があります。

ミスティックフェレットの寿命に関するまとめ

ミスティックフェレットは遊び好き、好奇心旺盛、人懐こい性格です。

平均寿命は7歳~9歳であり、生活環境や個体差、食生活などにより差はありますが、日々の生活習慣に気を付けることで長生きをすることができます。

遊ぶことが好きなので飼育スペースにフェレット用のトンネル、ボール、猫じゃらしなどを準備して運動ができるスペースを確保してあげたりする必要があります。

屋内ではフローリングなどの滑りやすい床や家具がある場合、カーペットを敷いて滑りにくくしたり、邪魔な家具をよける必要があります。

屋外では好奇心旺盛なミスティックフェレットがどこかへ行ってしまわないようにハーネスやリードを付ける必要があります。

Sponsored Link

関連記事

コメントを残す

*