pigumi-syeruboa-i

ピグミージェルボアの寿命と、病気のサイン・予防法を解説!

動物の寿命は種類によってさまざまです。今回は【ピグミージェルボア】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、ペットとできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ピグミージェルボアの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、ペットにはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ピグミージェルボアのかかりやすい病気やその予防法、ペットの種類に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ピグミージェルボアの画像

ピグミージェルボアの平均寿命はどれくらい?

ピグミージェルボアは体長3cm~5cmの大きさの世界一小さいと言われるネズミで、平均寿命は2歳~3歳であり、通常のネズミと同程度の寿命になります。

生活環境や個体差、食生活などにより差はありますが、生活習慣などに気を付けることにより寿命を平均よりも延ばすこともできます。

ピグミージェルボアの寿命と長生きするコツ

ピグミージェルボアは体長3cm~5cmの大きさの世界一小さいと言われるネズミで平均寿命は2歳~3歳になります。

長生きさせるためのコツは「十分に運動をさせてあげること」「ストレスを与えないこと」などが挙げられます。

ピグミージェルボアは遊び好き、無防備な性格をしています。

ピグミージェルボアは遊ぶことも好きです。

おもちゃとしては小動物のための滑車を準備してあげると特に飼い主が遊んであげなくてもピグミージェルボア自身が遊びたい時に自由に遊ぶことができます。

また、かじり木を準備してあげると歯の病気の予防にもなります。

飼い主と遊ぶ時は手のひらに乗っけて撫でるなどの可愛がりや安全な場所でゲージなどから出してあげるなどがあります。

この時の注意点としては手のひらから絶対に落とさないこと、フローリングなどの滑りやすい床の場合はフロアマットを敷くなどしてこけないようにすることがあります。

ピグミージェルボアは警戒心などはないですが、ゲージを頻繁にわざと揺らしたり、犬などの動物も飼っている場合は犬がピグミージェルボアにイタズラをしてピグミージェルボアがストレスに感じることがありますので、飼い主が生活に気を使ってあげることでストレスのない日常を過ごすことができます。

Sponsored Link

ピグミージェルボアのかかりやすい病気は?

ピグミージェルボアのかかりやすい病気として不正咬合、尿路結石症、熱中症、膝蓋骨脱臼などがあります。不正咬合は歯がおかしな方向へ成長し口の中を傷つけてしまうようになります。尿路結石症は膀胱や腎臓、尿道などに石が溜まる病気であり、排尿時に痛みを感じるようになるなどの症状が現れます。熱中症は暑さにより体温調節がうまくできなくなり、最悪の場合亡くなってしまいます。膝蓋骨脱臼は膝のお皿が正常の位置からずれ、歩行が困難になります。

ピグミージェルボアの病気のサイン

ピグミージェルボアのかかりやすい病気のサインは不正咬合では「普段はしていないのに急に歯ぎしりをするようになる」「フンが小さくなる」「以前よりも食欲がなくなるようになる」「あごを触った時にでこぼこしている」などの症状がみられるようになります。尿路結石症では「排尿をする回数が増える」「排尿をする時に時間がかかる」「排尿時に尿に血液が混じっている」というような症状がみられるようになります。便秘では、「ふんばっても便が出ないようになる」「排便されないため食事の量が減ってくる」などの症状がみられるようになります。

熱中症では「よだれが出るようになる」「普段の呼吸ではなく呼吸が荒くなるようになる」「痙攣をおこすようになる」というような症状がみられるようになります。

膝蓋骨脱臼では「足を後方に蹴るような仕草をするようになる」「寝起きに歩行に違和感がある」重症になれば「足を着くことができず歩行困難になる」といった症状がみられるようになります。

どの病気にしても、少しでも異常がみられるようであれば動物病院へ受診することをオススメします。

病気の予防法と対処法を紹介

ピグミージェルボアのかかりやすい病気として不正咬合、尿路結石症、熱中症、膝蓋骨脱臼などがあげられましたが、その予防法や対処法として、不正咬合では変な方向に伸びた歯をすり減らすことができるように十分な繊維質を含んだ牧草を主食にする、病院で歯をカットする、抗生物質を投与するというような予防法と治療法があります。

尿路結石症では小さい結石ならば超音波を与えて粉砕し自然に排出されるのを待つ方法と専用のフードを与えて溶かす方法があり、結石が大きくなると手術をして摘出しなければならなくなります。

熱中症ではピグミージェルボアにとって適切な温度と湿度を保つ、エアコンを活用して温度を一定に保つ、風通しが良く、直射日光があたらない場所にモルモットのケージを置くようにする、補液療法などの予防法と治療法があります。

膝蓋骨脱臼では転倒や落下により発症していく病気なのでフローリングなどの滑りやすい床の場合はカーペットを敷くなどして転倒防止を行うこと、落下の衝撃によるものもあるので段差が激しい箇所では飼い主が抱っこしてあげるなどの対策をする必要があります。

ピグミージェルボアの老化のスピード

ピグミージェルボアの老化のスピードは平均寿命が2歳~3歳いうことから人間の30倍のスピードで年をとります。

人間に換算すると1年で30歳年をとることになります。

生活環境や個体差、食生活などにより差はありますが、生活習慣などに気を付けることで寿命を延ばすこともできます。

ピグミージェルボアの老化に伴う外見の変化

ピグミージェルボアの老化に伴う外見の変化は歩行時に足がプルプル震えるようになる、活発だった動きが鈍くなるというような外見の変化が現れるようになります。

普段からの遊びなどを通じてコミュニケーションをとることで変化が多少であっても見逃すことなく気づくことができるようになります。

ピグミージェルボアの外見の変化

歳を重ねたペットにおすすめの食べ物は?

ピグミージェルボアは遊び好き、無防備な性格ですが、年をとるにつれて元気がなくなったりします。

この症状が出てくるくらいの老いたネズミになってきた時にはオリエンタル酵母MFというフードがオススメです。

このフードにはピグミージェルボアの栄養バランスを考えて開発されていますので、健康維持に効果があります。

Sponsored Link

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ピグミージェルボアにストレスをかけないために飼い主としてできることは、遊ぶことが好きなので飼育スペースに小動物用の滑車などを準備してあげて、運動することができるスペースを十分確保してあげることやピグミージェルボアがかじって遊べるようなものを準備してあげることでストレスのない日常を過ごすことができます。

また、ゲージの外で遊ばせる場合は飼い主の手のひらに乗っけて散歩をするなどの方法があります。

ピグミージェルボアは警戒心などはありませんが、長時間飼い主の手のひらの上で散歩をする、犬などの別の動物を飼っていたりすると、特に犬などでは、遊び道具と間違えてピグミージェルボアとじゃれてしまうことがあります。

このようなことがあると、ピグミージェルボアはとてもストレスに感じてしまうので注意が必要です。

このようなことが起こらないように飼い主としてピグミージェルボアの生活環境に十分注意してあげる必要があります。

ピグミージェルボアの寿命に関するまとめ

ピグミージェルボアは遊び好き、無防備な性格です。平均寿命は2歳~3歳であり、生活環境や個体差、食生活などにより差はありますが、日々の生活習慣に気を付けることで長生きをすることができます。

遊ぶことが好きなので飼育スペースに小動物用の滑車などを準備して運動ができるスペースを確保してあげたり、かじって遊べるようなものを準備してあげる必要があります。

臆病ですので飼い主がピグミージェルボアが安心できる空間作りをしてあげる必要があります。

関連記事

コメントを残す

*