amerikaakarisu-i

アメリカアカリスの寿命と、病気のサイン・予防法を解説!

動物の寿命は種類によってさまざまです。今回は【アメリカアカリス】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、ペットとできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

アメリカアカリスの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、ペットにはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、アメリカアカリスのかかりやすい病気やその予防法、ペットの種類に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

アメリカアカリスの画像

アメリカアカリスの平均寿命はどれくらい?

アメリカアカリスの平均寿命は9歳前後といわれています。

野生のリスが5年程度なので、飼育下のリスは野生リスよりも長生きするでしょう。

近年では栄養バランスの良いフード等が沢山売っているので、平均寿命を超えるアメリカアカリスは沢山います。

アメリカアカリスの寿命と長生きするコツ

アメリカアカリスの平均寿命は9歳前後といわれています。

アメリカアカリスは、リスの中でも比較的大型な種類です。

アメリカアカリスはとても活発なリスで運動量が多い種類なので、ケージを広くもうける必要があります。

上下運動が好きなので、ケージ内に原木を配置しておもいっきり運動できるように工夫しましょう。

アメリカアカリスは土に穴を掘るのも得意です。

小屋の下に厚めに土をしていてあげると喜んでくれます。

また、ケージ内に巣箱を用意してあげることで、安心してその中で休むことが出来るため設置しましょう。

アメリカアカリスは比較的寒さには強い種類で冬眠をしないリスで、一年中野外での飼育が可能ですが、夏の暑さにはとても弱い動物です。

日本の高温多湿の環境では熱中症になる恐れがあるので、夏場は必ずケージに日陰を設け、風通しをよくしてあげる工夫をしましょう。

アメリカアカリスは平均9歳前後位まで生きると言われていますが、近年ではフードの種類も栄養も豊富なので長生きをするリスが多いです。

栄養バランスや、アメリカアカリスの特徴、性格、なりやすい病気などを知っておくと長寿に繋がっていくでしょう。

Sponsored Link

アメリカアカリスのかかりやすい病気は?

アメリカアカリスのかかりやすい病気についてご紹介致します。

まずは、「不正咬合」です。

アメリカアカリスの歯は一生延び続けます。

柔らかいものばかりの食事だと歯が削られないために伸び続け、結果噛み合わせが悪くなり不正咬合になります。

次は、「呼吸器感染症」です。

この病気は若いリスに多く発症します。

重症になると死に至るので早期発見、早期治療がとても重要です。

また、人間のインフルエンザはリスにも感染するので注意が必要です。

次は、「脱毛」です。

この病気は、栄養不足や感染症など様々な理由で起こります。

次は、「下痢」です。

この病気は、何らかの感染症や、腸内細菌が原因で発症します。

体力のない子リスや老リスに発症することが多いです。

下痢はリスのようなげっ歯類にとっては重症な場合死に至ることがある怖い病気です。

次は、「クル病」です。

この病気は日頃の栄養の偏りや動物性たんぱく質の不足などが原因で発症します。

アメリカアカリスの病気のサイン

アメリカアカリスのかかりやすい病気のサインについてご紹介致します。「不正咬合」です。

この病気のサインとしては、食欲不振、よだれの増加、などがあります。

次は、「呼吸器感染症」です。

この病気のサインとしては、軽度ならくしゃみ程度で済みますが、進行するにつれて食欲不振、呼吸困難等があり、酷いときには脱水症状で死に至ることもあります。

次は、「脱毛」です。

サインとしては、身体の一部、もしくは全身に渡って毛抜けてきます。

次は、「下痢」です。

この病気のサインとしては、人間と同じで便が緩くなります。

リスのようなげっ歯類にとっては命に関わる恐ろしい病気なので注意が必要です。

次は、「クル病」です。

この病気のサインとしては、普段よりも活発でなくなり、じっとして動かなくなります。

病気の予防法と対処法を紹介

アメリカアカリスの病気の予防法と対処法をご紹介致します。

次は、「不正咬合」です。

アメリカアカリスは、歯が延び続けるので柔らかいものばかりの食事だと歯が伸びすぎてどうしても噛み合わせが悪くなってしまいます。

予防法は硬いペレットを与えたり、定期的に歯が伸びすぎていないかチェックをすることです。

次は、「呼吸器感染症」です。

この病気の予防法は目には見えないウイルスが相手なので予防は難しくなりますが、早期発見で重症化することを防ぐことが出来るので、サインを見逃さないようにしましょう。

また、人間のインフルエンザもリスに感染するので注意が必要です。

次は、「脱毛」です。

この病気も原因が様々でハッキリした予防法はありませんが、早期発見、早期治療が重要になってきます。

次は、「下痢」です。

まずは食べ物を見直してみましょう。

改善されない場合は何らかの感染症にかかっている恐れがあるので、すぐに病院に連れていきましょう。

次は、「クル病」です。

原因が栄養の片寄りと、日照不足だといわれているので、小さい頃から食事内容に気を付け、ケージ内に日の当たる場所を作ってあげましょう。

アメリカアカリスの老化のスピード

アメリカアカリスがシニア期に入るのが、だいたい5歳位からとリスの中では平均的です。

ですが、人間や犬や猫に比べると断然平均寿命が短く、リスの中では老化のスピードは普通でも、動物全体で見るととても早く感じます。

しかし、寿命は環境によっても変化するので、平均寿命より長生きするアメリカアカリスはたくさんいます。

アメリカアカリスの老化に伴う外見の変化

アメリカアカリスがシニア期に入るのがだいたい5歳くらいからといわれています。

その頃になると、今まで活発に動いていたアメリカアカリスもだんだんと活発ではなくなってきます。

免疫力も弱くなってくるので、心臓などの循環器系や内蔵疾患も発症しやすくなりますので、病院で定期的な健康診断を受けましょう。

また、小動物を診察してくれる動物病院も限られてくるので、あらかじめかかりつけの病院を探しておくことをおすすめします。

リスはもともと寒いのが苦手なので冬だけでなく春先や秋等もペットヒーターを使うようにしてあげましょう。

アメリカアカリスの外見の変化

歳を重ねたペットにおすすめの食べ物は?

アメリカアカリスはリスの中でも大型なりすなので、食べる量も他のリスより比較的多いですが、シニア期に入ると、だんだんと量も、硬いものが食べられなくなってきます。

普段食べているフードを食べなくなってきた等があれば、高齢用のリスのエサに変えたり、今までのエサをふやかしてあげたりすることが必要です。

また、運動量も減ってくるので、肥満が気になったら低カロリーなフード、または野菜中心の食事に変えてあげましょう。

サツマイモやカボチャを柔らかくしてあげるのも良いですね。

Sponsored Link

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

アメリカアカリスは野生の血が多く残っているため、とても活発なリスです。

そのため、アメリカアカリスの飼育環境は広くもうける必要があります。

まずは、リスはもともと木の上で生活している動物なので、高さがあり、飛び回れる木を配置する必要があります。

木登り運動が出来ないと、運動不足になりストレスがたまってしまうので、必ず準備してあげましょう。

ケージから出して遊ぶ場合はキャットタワーなども良いですね。

その際は感電などのトラブルの原因にならないようにかじってはいけないものは必ず撤去するか、目を離さないでおきましょう。

また、アメリカアカリスは寒さに弱いので、冬の寒い季節は温度管理が必要です。

アメリカアカリスはなかなか人間には懐かない種類なので、構いすぎに注意して飼いましょう。

アメリカアカリスの寿命に関するまとめ

世界一賑やかな鳴き声といわれているアメリカアカリス。

とても活発なリスで冬眠もせず一年中元気に動き回っているリスです。

野生の血が根強く残っているため、なかなか懐かないリスだと言われていますが、そのクールな性格に夢中になってしまう飼い主さんは多いです。

リスの中でも大型で活動的なので飼育環境は大きなゲージが望ましいです。

少しでも長く元気で過ごしていく為には毎日の健康管理は重要です。

餌やりや、遊びなどを通して少しでもいつとも違う変化を見逃さないようにしましょう。

関連記事

コメントを残す

*