risu-i

インドヤシリスの寿命と、病気のサイン・予防法を解説!

動物の寿命は種類によってさまざまです。今回は【インドヤシリス】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、ペットとできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

インドヤシリスの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、ペットにはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、インドヤシリスのかかりやすい病気やその予防法、ペットの種類に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

インドヤシリスの画像

インドヤシリスの平均寿命はどれくらい?

インドヤシリスの平均寿命は5歳から6歳前後といわれています。

野生のリスが5年程度なので、ほぼ平均的と言えるでしょう。

近年では栄養バランスの良いフード等が沢山売っているので、平均寿命を超えるインドヤシリスは沢山います。

インドヤシリスの寿命と長生きするコツ

インドヤシリスの平均寿命は5歳から6歳前後といわれています。

インドヤシリスは野生の血が根強く残っているため、たとえ赤ちゃんの頃から飼い始めたとしても人間には懐かない種類です。

あまりに構いすぎるとストレスの原因になるので、観賞用と割りきって飼いましょう。

インドヤシリスはとても活発なリスで運動量が多い種類なので、ケージを広くもうける必要があります。

上下運動が好きなので、ケージ内に原木を配置しておもいっきり運動できるように工夫しましょう。

インドヤシリスは土に穴を掘るのも得意です。

小屋の下に厚めに土をしていてあげると喜んでくれます。

また、ケージ内に巣箱を用意してあげることで、安心してその中で休むことが出来るため設置しましょう。

インドヤシリスは平均5歳から6歳前後位まで生きると言われていますが、近年ではフードの種類も栄養も豊富なので長生きをするリスが多いです。

栄養バランスや、インドヤシリスの特徴、性格、なりやすい病気などを知っておくと長寿に繋がっていくでしょう。

Sponsored Link

インドヤシリスのかかりやすい病気は?

インドヤシリスのかかりやすい病気についてご紹介致します。

まずは、「不正咬合」です。

インドヤシリスの歯は一生延び続けます。

柔らかいものばかりの食事だと歯が削られないために伸び続け、結果噛み合わせが悪くなり不正咬合になります。

次は、「日射病」です。

夏の暑い季節に特に発病しやすい病気です。

体温調節や呼吸が出来なくなってしまう事もあります。

次は、「自咬症」です。

この病気は、強いストレスを感じることで発病します。

次は、「細菌性皮膚炎」です。

この病気は、大腸菌、ブドウ球菌などの菌が原因となり発病します。

主に、ケンカでの傷やケージの網等で怪我をした事から感染します。

インドヤシリスの病気のサイン

インドヤシリスのかかりやすい病気のサインついてご紹介致します。まずは、「不正咬合」です。

この病気のサインとしては、食欲不振、よだれの増加、などがあります。

次は、「日射病」です。

この病気のサインとしては、体温が上昇し急に動かなくなります。

重症な場合は死に至ることがあるので、早期発見、早期治療が大変重要です。

次は、「自咬症」です。

この病気のサインとしては、自分のしっぽ、体、足を噛む、です。

噛むことで毛が抜けて、皮膚炎にもかかりやすくなります。

次は、「細菌性皮膚炎」です。

この病気に発症すると、皮膚に炎症が起こり、膿痕が出来る事があります。

脱毛や発疹が出来たら注意が必要です。

病気の予防法と対処法を紹介

インドヤシリスリスの病気の予防法と対処法をご紹介致します。

まずは、「不正咬合」です。

アメリカアカリスは、歯が延び続けるので柔らかいものばかりの食事だと歯が伸びすぎてどうしても噛み合わせが悪くなってしまいます。

予防法は硬いペレットを与えたり、定期的に歯が伸びすぎていないかチェックをすることです。

次は、「日射病」です。

この病気の予防法としては、ケージの場所を日に当たりすぎない所へ移動したり、ケージ内に日陰が出来る場所を作ってあげることで予防出来ます。

夏場は特に注意してあげましょう。

次は、「自咬症」です。

この病気はストレスが原因となることが多いので、何でストレスが貯まったのか見極め、それを改善してあげる必要があります。

次は、「細菌性皮膚炎」です。

この病気は、リス同士のケンカや、ケージの網による傷が原因となることが多いので、一匹で飼ったり、ケージの網が壊れていたらすぐに治すことである程度予防できます。

しかし、それだけが原因ではなく様々な理由で発症するので、皮膚に炎症が起こっていたらすぐに病気に連れていきましょう。

インドヤシリスの老化のスピード

インドヤシリスがシニア期に入るのが、だいたい5歳位からとリスの中では平均的です。

ですが、人間や犬や猫に比べると断然平均寿命が短く、リスの中では老化のスピードは普通でも、動物全体で見るととても早く感じます。

しかし、寿命は環境によっても変化するので、平均寿命より長生きするインドヤシリスはたくさんいます。

インドヤシリスの老化に伴う外見の変化

インドヤシリスがシニア期に入るのがだいたい5歳くらいからといわれています。

その頃になると、今まで活発に動いていたインドヤシリスもだんだんと活発ではなくなってきます。

免疫力も弱くなってくるので、心臓などの循環器系や内蔵疾患も発症しやすくなります。

インドヤシリスは他のリスよりも平均寿命が短いので、少しでも長く健康に居てもらうために病院で定期的な健康診断を受けましょう。

また、小動物を診察してくれる動物病院も限られてくるので、あらかじめかかりつけの病院を探しておくことをおすすめします。

リスはもともと寒いのが苦手なので冬だけでなく春先や秋等もペットヒーターを使うようにしてあげましょう。

インドヤシリスの外見の変化

歳を重ねたペットにおすすめの食べ物は?

インドヤシリスがシニア期に入ると、だんだんと硬いものが食べられなくなってきます。

普段食べているフードを食べなくなってきた等があれば、高齢用のリスのエサに変えたり、今までのエサをふやかしてあげたりすることが必要です。

また、運動量も減ってくるので、肥満が気になったら低カロリーなフード、または野菜中心の食事に変えてあげましょう。

サツマイモやカボチャを柔らかくしてあげるのも良いですね。

Sponsored Link

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

インドヤシリスは赤ちゃんの頃から飼い始めたとしても、ほとんと懐かないといわれています。

それは、野生の血が多く残っているためなので、飼うときは観賞用と割りきって飼った方が良いでしょう。

また、構いすぎもストレスの原因になるので注意しましょう。

インドヤシリスの飼育環境は広くもうける必要があります。

まずは、リスはもともと木の上で生活している動物なので、高さがあり、飛び回れる木を配置する必要があります。

木登り運動が出来ないと、運動不足になりストレスがたまってしまうので、必ず準備してあげましょう。

ケージから出して遊ぶ場合はキャットタワーなども良いですね。

その際は感電などのトラブルの原因にならないようにかじってはいけないものは必ず撤去するか、目を離さないでおきましょう。

また、インドヤシリスは寒さに弱いので、冬の寒い季節は温度管理が必要です。

インドヤシリスの寿命に関するまとめ

背中のストライプ模様がとってもチャーミングなインドヤシリス。

丸顔の他のリス比べると顔が尖っているのもまた魅力のひとつです。

野生の血が根強く残っているためなかなか人間に馴れるのは難しいようですが、リスらしい姿が見れるのも良いですね。

とても希少なので、ペットショップではなかなか見かけることがありませんね。

少しでも長く元気で過ごしていく為には毎日の健康管理は重要です。

餌やりや、遊びなどを通して少しでもいつとも違う変化を見逃さないようにしましょう。

関連記事

コメントを残す

*