ganisonpure-ri-dog-i

ガニソンプレーリードッグの寿命や病気のサイン、予防法は?

動物の寿命は種類によってさまざまです。今回は【ガニソンプレーリードッグ】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、ペットとできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ガニソンプレーリードッグの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、ペットにはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ガニソンプレーリードッグのかかりやすい病気やその予防法、ペットの種類に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ガニソンプレーリードッグの画像

ガニソンプレーリードッグの平均寿命はどれくらい?

ガニソンプレーリードッグの寿命は、6年~10年くらいと言われています。

とても寂しがりやで人懐っこい性格をしているため、構ってあげないと、そのストレスから病気になることもあります。

病気になると寿命も短くなるため、日頃からたくさんコミュニケーションをとりましょうね。

ガニソンプレーリードッグの寿命と長生きするコツ

ガニソンプレーリードッグの寿命は、6年~10年くらいと言われています。

ガニソンプレーリードッグの寿命をなるべく長くするためには、ガニソンプレーリードッグの性格をきちんと理解し、ストレスを溜めさせない環境をつくることが挙げられます。

ガニソンプレーリードッグは、野生下では集団生活をしているため、群れることに慣れています。

そのため、警戒心は強いものの、慣れてくると人懐っこくて、とても寂しがりやです。

単体で飼う場合は、スキンシップをふやすなどして、しっかりとコミュニケーションをとりましょう。

ガニソンプレーリードッグは寂しがりやな性格なので、放置してしまうと「自咬症」を発症してしまうこともあります。

ガニソンプレーリードッグは、リス科の動物のため、木登りなどの運動を好みます。

しかし、ケージから出てカーテンなどに登ったときには、落下してしまう危険もあるため、注意が必要です。

ガニソンプレーリードッグは体調が悪くても、あまりそれを表にみせません。

もしも体調不良だとか、食欲不振、皮膚の異常などがわかったときには、すぐに動物病院に連れて行くようにしましょう。

Sponsored Link

ガニソンプレーリードッグのかかりやすい病気は?

ガニソンプレーリードッグのかかりやすい病気には、感染症のものが多いようです。

中でも、皮膚糸状菌症、副鼻腔炎、肝臓病、肺炎、自咬症などが挙げられます。

皮膚糸状菌症は、糸状菌の感染が原因で起こる病気で、飼育環境が悪いと発症しやすくなります。

副鼻腔炎も細菌が原因で起こる病気で、埃などが副鼻腔内に入ると、感染しやすくなります。

肝臓病は、細菌やウイルスの感染が原因とも言われていますが、高脂肪や高カロリーの餌をあげてもかかりやすくなります。

肺炎は、衛生状態が悪い環境で飼育していると発症しやすくなるため、飼育環境には注意が必要です。

肺炎にかかると、異常な呼吸音などを発生させるようになります。

自咬症は、リス科の動物にはよく見られる病気です。

寂しさやストレスが原因で、自分の体が傷つくほど過剰に毛づくろいしてしまうといった症状が出ます。

ガニソンプレーリードッグの病気のサイン

ガニソンプレーリードッグのかかりやすい病気のサイン(症状)を覚えておくことは大切です。

ガニソンプレーリードッグは、平均寿命が6~10年と言われています。

ガニソンプレーリードッグのかかりやすい病気は、感染症のものが多いと言われていますが、中でも皮膚糸状菌症、副鼻腔炎、肝臓病、肺炎、自咬症などが挙げられます。

皮膚糸状菌症のサインは、皮膚にかゆみが出てきて、脱毛などの症状が見られます。

皮膚に白っぽい円形ができたり、小さい水泡や赤みが見られる場合もあるそうです。

副鼻腔炎のサインは、最初はくしゃみや鼻水などの症状が見られます。

ひどくなると呼吸器官にも異常が出てくるようなので、早期発見が大事です。

肝臓病のサインは、食欲不振や便の異常、嘔吐などが見られたときです。

肺炎のサインは、異常な呼吸音を発生させるようになることです。

呼吸に異常が見られたときは、すぐに動物病院に連れて行くようにしてください。

自咬症は、ほとんどのリス科の動物がなる病気で、寂しさやストレスが原因です。

自咬症のサインは、体に過剰な傷がつくほど、毛づくろいをするようになります。

対策としては、日頃から飼い主さんが遊んであげたり、コミュニケーションをとることが病気の予防にも繋がるでしょう。

病気の予防法と対処法を紹介

ガニソンプレーリードッグのかかりやすい病気の対処法・予防法をご紹介します。

ガニソンプレーリードッグのかかりやすい病気には、感染症のものが多いようです。

中でも、皮膚糸状菌症、副鼻腔炎、肝臓病、肺炎、自咬症などが挙げられます。

皮膚糸状菌症は、糸状菌の感染が原因で起こります。

飼育環境が悪いと発症しやすくなるので、ケージやエサ入れ、トイレ、部屋などを清潔な状態にしておくことが大切です。

副鼻腔炎も、細菌が原因で起こる病気と言われています。

埃などが副鼻腔内に入ると、感染しやすくなるため、日頃から衛生面には気をつけて、こまめに掃除をするように心がけてください。

肝臓病は、細菌やウイルスの感染が原因でなりますが、高脂肪や高カロリーの餌をあげてもかかりやすいため、注意が必要です。

ガニソンプレーリードッグは草食動物ですから、草食動物用のペレットやほし草を食べますが、毎度、高カロリーな餌を与えないことが、肝臓病の予防にもなります。

肺炎を予防するためには衛生状態がよい環境で飼育することが大切です。

肺炎にかかると、異常な呼吸音を発生させるようになります。

呼吸に異常が見られたときは、すぐに動物病院に連れて行くようにしてください。

自咬症は、寂しさやストレスが原因でなる病気です。

日頃から飼い主さんがガニソンプレーリードッグと遊んであげたり、コミュニケーションをとることが予防に繋がります。

ガニソンプレーリードッグの老化のスピード

ガニソンプレーリードッグは、平均寿命は6~10年くらいと言われています。

ガニソンプレーリードッグの平均寿命が10年と考えると、人間と比較して約8倍の老加速度となります。

人間の歳に換算すると、1年で約8歳を取ることになります。

メキシコプレーリードッグは、正しい飼育環境で育てることや、高カロリーな餌を与えすぎないことが老化予防になります。

ガニソンプレーリードッグの老化に伴う外見の変化

ガニソンプレーリードッグの平均寿命は、6~10年くらいと言われています。

飼い主さんに放っておかれたり、飼育環境が悪いとストレスを溜めてしまって寿命が短くなります。

老化すると視力が弱くなってきて、木から落下することもあるので、必ずケージの下には床材を敷き詰めてあげましょう。

ガニソンプレーリードッグの外見の変化

歳を重ねたペットにおすすめの食べ物は?

ガニソンプレーリードッグは、草食動物なので、基本は野菜や専用の牧草フードなどを食べます。

高脂肪や高カロリーの餌をあげると肝臓病にかかりやすくなるため、注意が必要です。

特に、老化したガニソンプレーリードッグに高カロリーな餌をあげるのは危険です。

老化や病気の症状によっては、専門医にきちんと確認することが大事です。

Sponsored Link

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ガニソンプレーリードッグは、寂しがりやで群れを好む性格です。

野生下だと集団で生活しているため、二匹飼いがおすすめです。

ガニソンプレーリードッグにストレスを与えないためには、日頃から飼い主さんがスキンシップをはかったり、コミュニケーションをとることが大切です。

ガニソンプレーリードッグの寿命に関するまとめ

犬のような声で仲間とコミュニケーションをとるガニソンプレーリードッグ。

感染症による病気を起こしやすいため、部屋やケージ内の汚れなどには注意をしましょう。

ガニソンプレーリードッグは、警戒心が強いでものの、慣れると人懐っこい性格でもあるため、単体飼いよりも2匹以上で飼うのがおすすめです。

もしも単体飼いするときは、毎日スキンシップしたり、いっしょに遊ぶなどして、たっぷりとコミュニケーションをとってくださいね。

Sponsored Link

関連記事

コメントを残す

*