メディコートphサポート

メディコートpHサポートは膀胱炎の犬におすすめ!口コミや効果とは

ドッグフード「メディコートpHサポート」は下部尿路疾患や膀胱炎など泌尿器系の病気に悩む犬におすすめの餌で、実際に愛用している方も多く、口コミ評価も良いおすすめの商品ではあります。今回はリアルな口コミ、特徴などをご紹介します。

メディコートは食物アレルギーに悩むワンちゃんのために開発されたドッグフードとして有名ですが、近年pHサポート用の餌としても注目を集めています。

膀胱炎に悩む犬におすすめされていますが、いったいその効果とは?

そしてリアルな口コミとは?
気になる特徴と実際の効果、さらにはリアルな口コミ評価をご紹介します。

愛犬が下部尿路結石や膀胱炎に悩んでいる方はぜひご覧ください。

Sponsored Link

メディコートpHサポートの特徴

Medycoat(メディコート)は日本原産のドッグフードであり、さまざまな症状に悩む犬に適したシリーズをたくさん販売しています。

その中でも最近話題を呼んでいるのが、「メディコート pHサポート」です。

泌尿器系の疾患に悩む犬に最適なドッグフードとされていますが、具体的な特徴とはどのようなものなのでしょうか?

マグネシウムの含有量を調節

膀胱炎や下部尿路結石の原因はドッグフードなどに含まれているマグネシウムやミネラルやカルシウムです。

これらの成分を上手に排出できないことで、成分が結晶化し膀胱を詰まらせてしまいます。

結晶化したマグネシウムはストルバイト尿石になり、尿道を塞いでしまい、痛みや出血を引き起こすだけではなく、最悪の場合は尿を排出できないことで腎不全に陥り死に至る危険性すらあります。

特に一度膀胱炎を患った犬は再発がしやすく、マグネシウムを多量に摂取するとすぐに尿路結石ができてしまうことも。

そのような事態を防ぐために、メディコートはドッグフードに含まれているマグネシウムの含有量を最小限にしています。

これにより、ストルバイト尿石ができるのを予防してくれるのです。

ミネラルやアミノ酸を調整

マグネシウムと同じように調整されているのがミネラルやアミノ酸の含有量です。

下部尿路結石の原因はマグネシウムだけではなく、ミネラルやアミノ酸といった、生きていくうえで必要不可欠な栄養素が関係している場合もあります。

これらの栄養素を多く摂取すると尿pHが酸性化し、結果的に膀胱炎や下部尿路結石などを誘発する危険があります。

メディコートpHサポートはそれらの危険を避けるために、ミネラルやアミノ酸の量を調節し、尿pHを弱酸性化することで泌尿器系の疾患を予防しているのです。

栄養が豊富

メディコートpHサポートが人気を集めているのは下部尿路結石などの泌尿器系疾患に適しているだけではなく、犬の健康をサポートするための栄養が豊富に含まれているからです。

特に注目をしていただきたいのが腸内環境を整えてくれるフラクトオリゴ糖が配合されている点です。

これにより腸内フローラルケア効果も発揮、泌尿器系の健康だけではなく腸も健康になれると口コミでも好評価を得ています。

さらに、目によいとされているタウリン、健康管理には欠かせない栄養素トリプトファン、良質なタンパク質を摂取できるヨード卵光など、健康維持に不可欠な栄養素をバランスよく配合しています。

この点も、メディコートpHサポートが注目を浴びている理由だといえるでしょう。

年齢や成長に合わせた最適なマグネシウム含有量

マグネシウムは犬にとって下部尿路疾患の原因となる栄養素ではありますが、健康を維持するために必要な成分でもあります。

そのため、pHコントロール系のドッグフードはその犬に適したマグネシウム量が含まれているかどうかが大切になります。

この必要となるマグネシウム含有量は、犬の年齢や成長度合いにより異なります。

メディコートpHサポートはこの事実を踏まえたうえで、その年齢に合わせたドッグフードを3種類発売しています。

1歳から与える「成犬用」、7歳から与える「高齢犬用」、そして11歳から与える「老齢犬用」と、愛犬の年齢や成長過程に合わせて選べるというのが口コミ評価が高い理由の一つです。

尿pHってなに?

白い大きな犬

メディコートpHサポートの大きなポイントは尿pH値を正常値に導いてくれる点です。

しかし、そもそも尿pHが何かをご存知ないかたも多いのではないでしょうか?

pHとはアルカリ性(塩化性)か酸性化を表す数値で、pH7.0を基準とし、これよりも数値が大きければアルカリ性、数値が低ければ酸性となります。

犬の尿は正常値であればpH6.2~6.4前後でやや酸性寄りです。

この数値よりも大きいpH6.8~7.2前後の場合は「ストラバイト結晶」に注意をしなければなりません。

さらにアルカリ性寄りの尿pH値を示している場合、腎臓機能が低下している可能性があります。

逆に尿pHが基準よりも低い場合は「シュウ酸カルシウム結晶」に注意が必要です。

犬の尿pHは高すぎても、低すぎてもよくありません。

基準値を大きく外れないようにするために、pHが大きく乱れる原因となるマグネシウムやミネラルを調整しているメディコートpHサポートが重宝されるのです。

メディコートpHサポートのリアルな口コミ

茶色の犬

メディコートの紹介記事や口コミ評価はネットでもよく見かけますが、「メディコート pHサポート」の口コミや評価はあまり目立っていませんね。

実際にメディコートpHサポートを使っている方は満足をしているのでしょうか?

Sponsored Link

メディコートpHサポートの良い口コミ

良い口コミ

動物病院で指定された外国産は高くて粒が大きく臭いがあり油ぽくしばらく与えてましたがメディコートを見つけてからはずっと与えてます。 価格も手ごろでなのに国産小粒で食べやすいのかよく食べてくれます。

引用:Amazonレビュー

私の周囲の方や口コミなどでは、phコントロールに配慮したドッグフードの中で1番評価が良いようです。
我が家のワンコも数値が落ち着いています。

引用:Amazonレビュー

我が家のわんこは尿結石で数カ月ごとに尿検査をしていますがこのドックフードにしてから一番良い数値でした。
病院で勧められていたフードは高くてこの先フード代だけでも大変と思っていたら、このフードを知り買ってみたらお値段が安いのに効果抜群でもうこれしかないって感じで使い続けています。

引用:Amazonレビュー

良い口コミ

今までは動物病院で他社のフードを与えていましたが2匹いる為、これに変えましたが食いつきは良くパクパク食べています。出来ればファスナー付ならより良いと思う。

引用:Amazonレビュー

メディコートpHサポートを愛用している多くの方が、尿phが下がり体調が安定したと実感しているようです。

犬にとってもっとも最適とされる尿ph値は6.2~6.4前後です。

この数値から大きく外れていた犬でもメディコートpHサポートに変えてから、数値が正常に近づいたというのです。

これは膀胱炎や尿路結石に悩む犬にとっては嬉しい結果でしょう。

そのほかにもこのような口コミが目立ちました。

  • 他社のpHコントロール食よりも食いつきがよかった
  • pHが落ち着いただけではなくお通じがよくなった
  • 国産品だから安心して与えられる
  • 体によさそうな原材料が使われているのがいい

など他社の療法食よりも食いつきがよく、国内生産であるため飼い主としても安心して与えられるという声が多かったです。

メディコートpHサポートの悪い口コミ

体に良さそうと思って購入しましたが、食べ初めて2日程でお尻に湿疹が…。

病院でアレルギーと言われ、元のエサに戻したら治りました。

こんなこと初めてだったので驚きましたが、エサ選びを安易に考えていた事に反省しました。

引用:Amazonレビュー

残念ながらこれでは,期待されたpHにならなかった。
現在,獣医から別の治療食を指示されている。

引用:Amazonレビュー

悪い口コミ

動物病院で購入したのと同じドッグフード。
その時は食べていたのに今では見向きもしなくなりました。
食べ飽きたのかな(*’Д`)
色んなドッグフードをめぐりつつまた戻る事を期待してストックとして置いておきます。

引用:Amazonレビュー

体のことも考えて買いましたが、うちの犬はあまり食べたがらずです。

引用:Amazonレビュー

良い口コミが多いですが、中には悪い口コミ評価も見られました。

どのようなドッグフードであっても、個体によって身体に合う合わないがあります。

そのため、犬によってメディコートpHサポートを食べさせても尿pH値が全く変わらない場合もあります。

さらに、pHは正常値に近づいたが下痢になってしまったという声や、アレルギー反応が出てしまい嘔吐や湿疹が出てしまったという声もありました。

メディコートpHサポートは多くのワンちゃんに効果がある療法食ではありますが、個体によっては期待する結果を得られない場合もありますので、様子を見ながら与えるようにしましょう。

メディコートpHサポートの購入方法

パグ

メディコートpHサポートは他の療法食ドッグフードに比べて手に入りやすいという特徴があります。

ペットショップ、ホームセンター、大型スーパー、動物病院など近隣の店舗で購入可能ですが、やはりお得に購入をしたいのであれば通販サイトがおすすめです。

タイミングにもよりますが、まとめ買いキャンペーンや割引キャンペーンなどを狙えば安く手に入れられます。

メディコートは公式サイトでは購入することはできませんので、大手の通販サイトなどを利用しましょう。

メディコート pHサポート 1歳から 成犬用 3kg

メディコート pHサポート 1歳から 成犬用 3kg

1,480円(11/21 17:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

参考までに各種通販サイトのメディコートpHサポートの販売ページのリンクを貼りますので気になる方はぜひチェックをしてください。

下部尿路疾患を予防するためにやるべきこと

水遊びする犬

餌をメディコートpHサポートに変更するだけでは下部尿路疾患を克服できるわけではありません

pHサポート用のご飯にプラスをし、普段の生活を見直す必要があります。

下部尿路疾患や膀胱炎を予防するために大切なポイントを最後にご紹介します。

規則正しい食事

下部尿路疾患の予防をするために大切なのか食事内容だけではなく、規則正しい食習慣もポイントです。

できるだけ決まった時間に食事をし、不要な間食を減らすことで、pH値が安定します。

またpH値だけではなく、決まった時間に食事を摂ることで肥満や内臓疾患などの病気予防に繋がります。

愛犬の健康を考えるのであれば、メディコートpHサポートに変えるだけではなく、食事の量や時間にも気を配りましょう

新鮮な水分を十分に摂取する

泌尿器系疾患をケアするために重要なポイントは、水分をしっかりととれているかです。

身体の中の水分量を多くすることで、尿中の水分量が増え結石の原因となる結晶の成分も薄まるため尿結石を予防できます。

また尿の量が増えることで身体の中の菌を排出するデトックス効果も期待できます。

ストルバイト尿結晶などを予防するためにも、新鮮な水をいつでも飲めるようにしてあげましょう。

もし、あまり水を飲まないのであれば犬用のスープやペーストタイプの餌を普段の食事にプラスしてあげるのもおすすめです。

pH値にお悩みの方は、合わせて試してください。

適度な運動

下部疾患や膀胱炎予防は食事だけではなく適度な運動も必要になります。

適度な運動をすることで身体の菌などを効率よく排出し、健康的な体へと導いてくれます。

お散歩はもちろんのこと、定期的にドッグランや公園などで思いっきり走り回れる日を作ってあげるだけでも効果はありますので、ぜひ検討をしてください。

清潔で使いやすいトイレ

最後に忘れてはいけないのがトイレ環境を整えることです。

膀胱炎の原因の一つにトイレを我慢してしまうことが挙げられます。

散歩に行けずにトイレを我慢してしまった、室内トイレが汚れていて我慢をしてしまった、落ち着いてトイレができなかったなど、下部尿路や膀胱炎を始めとした泌尿器系の疾患とトイレには大きな関係があります

現在下部尿路疾患や膀胱炎を発症している犬だけではなく、今は健康だという犬でもトイレはいつでも清潔に保つようにしましょう。

メディコートpHサポートを使って愛犬の健康管理をしよう

走る犬

メディコートpHサポートは膀胱炎や下部尿路に悩む犬に効果的なドッグフードです。

口コミ評価が高く、Amazonや楽天などでも人気のドッグフードだというだけあり、その効果も大変期待できるものとなっています。

尿pH値は最悪の場合、犬の生死に関わる可能性もある重要な項目です。

少しでも愛犬の体調や下部尿路疾患などに不安を感じたら獣医師に相談をし、メディコートpHサポートなどの療法食を検討するようにしましょう。

コメントを残す

*