huremissyujaianto-i

フレミッシュジャイアントの寿命や病気のサイン、予防法は?

動物の寿命は種類によってさまざまです。今回は【フレミッシュジャイアント】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、ペットとできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

フレミッシュジャイアントの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、ペットにはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、フレミッシュジャイアントのかかりやすい病気やその予防法、ペットの種類に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

フレミッシュジャイアントの画像

フレミッシュジャイアントの平均寿命はどれくらい?

フレミッシュジャイアントは通常のうさぎの5倍ほどある大型のうさぎで、平均寿命は7歳~8歳であり、通常のうさぎに比べると少々短い寿命になります。

生活環境や個体差、食生活などにより差はありますが、生活習慣などに気を付けることにより寿命を平均よりも延ばすこともできます。

フレミッシュジャイアントの寿命と長生きするコツ

フレミッシュジャイアントは通常のうさぎの5倍ほどある大型のうさぎで平均寿命は7歳~8歳になります。

長生きさせるためのコツは「十分に運動をさせてあげること」「ストレスを与えないこと」などが挙げられます。

フレミッシュジャイアントは大人になるまではやんちゃで気性が激しいことがありますが、基本的に温厚な性格をしています。

フレミッシュジャイアントは遊ぶことも好きです。

特に遊んであげるためのおもちゃなどはありません。

一番は家の庭があれば、庭で飼い主の監視の元、走り回らせてあげると良いです。

庭がないのであれば室内でもよいですが、その際はフレミッシュジャイアントでは体が大きいので、家具などにぶつけて怪我をしないようにしてあげる必要があります。

時間としては1日10分程度遊ばせてあげると十分運動させてあげることができます。

フレミッシュジャイアントは通常の5倍程度の大きさがあり、成長すると柴犬と同程度の大きさまで成長します。

通常のうさぎのゲージで飼うと大きさが全く合わずに動きが窮屈になり、ストレスを感じるようになります。

なので、フレミッシュジャイアントを飼う時は、最初から大きいケージを購入してフレミッシュジャイアントが最低限動けるスペースを確保してあげることでストレスのない生活を送ることができます。

Sponsored Link

フレミッシュジャイアントのかかりやすい病気は?

フレミッシュジャイアントのかかりやすい病気として不正咬合、尿路結石症、毛球症、腸コクシジウム症、膝蓋骨脱臼などがあります。

不正咬合は歯がおかしな方向へ成長し口の中を傷つけてしまうようになります。

尿路結石症は膀胱や腎臓、尿道などに石が溜まる病気であり、排尿時に痛みを感じるようになるなどの症状が現れます。

毛球症は飲み込んだ抜け毛がフンと一緒に排泄されず、胃腸に毛が溜まり、胃腸の働きが低下します。

腸コクシジウム症はコクシジウム原虫という寄生虫が腸に侵入することでお腹を壊し下痢になります。

膝蓋骨脱臼は膝のお皿が正常の位置からずれ、歩行が困難になります。

フレミッシュジャイアントの病気のサイン

フレミッシュジャイアントのかかりやすい病気のサインは不正咬合では「普段はしていないのに急に歯ぎしりをするようになる」「フンが小さくなる」「以前よりも食欲がなくなるようになる」「あごを触った時にでこぼこしている」などの症状がみられるようになります。

尿路結石症では「排尿をする回数が増える」「排尿をする時に時間がかかる」「排尿時に尿に血液が混じっている」というような症状がみられるようになります。

毛球症では「以前よりも食欲がなくなる」「水をよく飲むようになる」「普段はしていないのに急に歯ぎしりをするようになる」「お腹が張るようになる」「体重が急に減る」などの症状がみられるようになります。

腸コクシジウム症では「以前よりも食欲がなくなる」「体重が減るようになる」というような症状がみられるようになります。

膝蓋骨脱臼では「足を後方に蹴るような仕草をするようになる」「寝起きに歩行に違和感がある」重症になれば「足を着くことができず歩行困難になる」といった症状がみられるようになります。

どの病気にしても、少しでも異常がみられるようであれば動物病院へ受診することをオススメします。

病気の予防法と対処法を紹介

フレミッシュジャイアントのかかりやすい病気として不正咬合、尿路結石症、毛球症、腸コクシジウム症、膝蓋骨脱臼などがあげられましたが、その予防法や対処法として、不正咬合では変な方向に伸びた歯をすり減らすことができるように十分な繊維質を含んだ牧草を主食にする、病院で歯をカットする、抗生物質を投与するというような予防法と治療法があります。

尿路結石症では小さい結石ならば超音波を与えて粉砕し自然に排出されるのを待つ方法と専用のフードを与えて溶かす方法があり、結石が大きくなると手術をして摘出しなければならなくなります。

毛球症では毛を飲み込まないように定期的にブラッシングをして抜け毛を取り除く、繊維質の多い牧草を主食にする、適度に運動をさせる、でんぷん質の食事を与えすぎないようにする、お腹をマッサージしてあげる、毛玉除去剤を投与する、手術をするなどの予防法と治療法があります。

腸コクシジウムではトイレを常に清潔に保つ、抗生物質を投与するなどの予防法と治療法があります。

膝蓋骨脱臼では転倒や落下により発症していく病気なのでフローリングなどの滑りやすい床の場合はカーペットを敷くなどして転倒防止を行うこと、落下の衝撃によるものもあるので段差が激しい箇所では飼い主が抱っこしてあげるなどの対策をする必要があります。

フレミッシュジャイアントの老化のスピード

フレミッシュジャイアントの老化のスピードは平均寿命が7歳~8歳いうことから人間の8倍のスピードで年をとります。

人間に換算すると1年で8歳年をとることになります。

生活環境や個体差、食生活などにより差はありますが、生活習慣などに気を付けることで寿命を延ばすこともできます。

フレミッシュジャイアントの老化に伴う外見の変化

フレミッシュジャイアントの老化に伴う外見の変化は歩行時に足がプルプル震えるようになる、食事をあまりしないようになる、動きが鈍くなるというような外見の変化が現れるようになります。

普段からの遊びなどを通じてコミュニケーションをとることで変化が多少であっても見逃すことなく気づくことができるようになります。

フレミッシュジャイアントの外見の変化

歳を重ねたペットにおすすめの食べ物は?

フレミッシュジャイアントは遊び好きで穏やかな性格ですが、年をとるにつれて元気がなくなったりします。

この症状が出てくるくらいの老いたうさぎになってきた時にはバニーセレクションメンテナンスというフードがオススメです。

バニーセレクションメンテナンスは高繊維、低脂肪、低カルシウム、低カロリーでフレミッシュジャイアントのかかりやすい病気である不正咬合、毛球症、尿路結石症などの病気になりにくくするための栄養素などがたくさん含まれているフードです。

Sponsored Link

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

フレミッシュジャイアントにストレスをかけないために飼い主としてできることは、遊ぶことが好きなので庭や室内で撫でてあげるなどで遊んであげることでストレスのない日常を過ごすことができます。

時間は毎日10分程度を目安に遊ぶようにしてあげると良いです。

また、うさぎは寂しがりなので、一人の時間が多すぎると亡くなってしまいますので、家にいる時はたくさん構ってあげると喜びます。

フレミッシュジャイアントの寿命に関するまとめ

フレミッシュジャイアントは遊び好き、穏やかな性格です。

平均寿命は7歳~8歳であり、生活環境や個体差、食生活などにより差はありますが、日々の生活習慣に気を付けることで長生きをすることができます。

遊ぶことが好きなので庭や室内で撫でてあげるなどして遊んであげると十分運動もでき喜びます。

時間としては10分程度を目安に遊んであげると良いです。

寂しがりやなので、一人の時間が長すぎると亡くなってしまうため、時間がある時は十分に構ってあげる必要があります。

Sponsored Link

関連記事

コメントを残す

*