pansa-kamereon-i

パンサーカメレオンの寿命と、病気のサイン・予防法を解説!

動物の寿命は種類によってさまざまです。今回は【パンサーカメレオン】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、ペットとできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

パンサーカメレオンの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、ペットにはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、パンサーカメレオンのかかりやすい病気やその予防法、ペットの種類に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

パンサーカメレオンの画像

パンサーカメレオンの平均寿命はどれくらい?

パンサーカメレオンの寿命は、6年~8年と言われています。

エボシカメレオンのメスは、産卵などがあるため、オスよりも短命なのが特徴です。しかし、パンサーカメレオンは、初心者でも比較的飼いやすいことで注目され始めています。

しかし、寒さには非常に弱いので、温度や湿度調整は大切です。

パンサーカメレオンの寿命と長生きするコツ

パンサーカメレオンの平均寿命は、6年~8年前後と言われています。

パンサーカメレオンの寿命を伸ばして長生きさせるポイントは、「パンサーカメレオンの性格をよく理解して接すること」「適切な飼育環境で育てること」「バランスよく餌を充てること」などが挙げられます。

パンサーカメレオンは、繊細でデリケートな性格をしています。

飼い主さんが何気なく触ることもストレスに繋がりますので、あまり触りすぎないように気をつけてください。

温度管理はとても重要で、1日に1度は霧吹きして湿度を保ったり、夏季以外はホットスポットを使用するなどして、パンサーカメレオンにとって快適な環境を作ってあげましょう。

パンサーカメレオンは、生コオロギなどの虫を好んで食べますが、菜っ葉やバナナなどのビタミン類も食べます。

しかし、餌を一種類だけ与え続けるのはストレスにもなるので、バランスよく栄養を与えるように心がけてください。

Sponsored Link

パンサーカメレオンのかかりやすい病気は?

パンサーカメレオンのかかりやすい病気には、「脱水症状」、「皮下線虫」、「クル病」などが挙げられます。

脱水症状は、水分不足や湿度がきちんと保たれていないときにおこる病気です。

パンサーカメレオンは、もともと乾燥に弱いため、霧吹きで小まめに葉や木、枝に水滴をつけたり、スポイトで直接水を与えるなどしましょう。

皮下線虫は、文字の通り、皮の中に虫が入り混んでしまう病気です。

飼い主さんが膜に切り目を入れてピンセットで虫を引っ張り上げることもあるそうですが、できれば専門家に診てもらってから対応したほうが良いかもしれません。

駆虫薬で治す方法もあるようです。

クル病は、ビタミン、カルシウム、紫外線不足からなる病気です。

餌を与えるときは、日頃から栄養補給に気をつけながら与えることが健康維持にも繋がります。

クル病は、人間も含めて、脊髄動物がかかる病気です。

病気になってしまうと骨折や神経麻痺まで色々な症状が出てくるため、早期受診が必要になります。

パンサーカメレオンの病気のサイン

パンサーカメレオンのかかりやすい病気のサイン(症状)を覚えておくことはとても大切です。

パンサーカメレオンは、平均寿命が6年~8年前後とされています。

パンサーカメレオンのかかりやすい病気には、「脱水症状」、「皮下線虫」、「クル病」などが挙げられます。

「脱水症状」のサインは、目の周りにあらわれます。

特に、目の周りのくぼみがひどい場合には、脱水症状を疑うとよいでしょう。

脱水症状になったときは、すぐに動物病院に連れて行くのがベストですが、脱水症状にならないための予防は大切です。

霧吹きで小まめに葉や木、枝に水滴をつけたり、スポイトで直接水を与えるようにしましょう。

皮下線虫のサインは、皮膚から虫が出ているのが見えるようになります。

その場合、飼い主さんが皮膚に切れ目を入れて、ピンセットなどで直接虫を引っ張り上げることもあるようですが、心配なときは、専門医に診てもらうとよいかもしれませんね。

クル病のサインは、目を閉じることがふえて、動きが鈍くなったり、しびれや痙攣などの神経症状が見られることです。

クル病は、ビタミンやカルシウム、適度な紫外線不足からなると言われています。

クル病を予防するためには、日頃からカルシムやビタミンDを不足させないように気をつけながら食事を与えたり、適度な紫外線が入るように心がけることです。

しかし、紫外線があたりすぎると、今度は皮膚の乾燥に繋がるため、温度調整には気をつけたいですね。

クル病になってしまうと、だんだん筋力も低下してくるため、落下しやすくなります。

餌も食べなくなるので最悪、命を落とすこともあるそうです。

クル病の疑いが見られたときには、すぐに専門医に診てもらいましょう。

病気の予防法と対処法を紹介

パンサーカメレオンのかかりやすい病気の対処法・予防法をご紹介します。

パンサーカメレオンのかかりやすい病気には、「脱水症状」、「皮下線虫」、「クル病」などが挙げられます。

「脱水症状」の対処法は、霧吹きで小まめに葉や木、枝に水滴をつけたり、スポイトで直接水を与えることです。

パンサーカメレオンは湿度に非常に弱いと言われているため、適度な湿度を保つためには、紫外線とバスキングの両方を使って、エアコンの温度を下げる方法がおすすめです。

基本温度を25度程度に保ちながら、バスキングランプの下は30度くらいにします。

冬は保温球で温めながら、日中はバスキングを使用するといった方法も有効だそうです。

バスキングやエアコンを使うと、どうしても乾燥しやすくなるため、加湿器などもプラスして湿度を60%くらいに保ってあげると、パンサーカメレオンはストレスなく生活することができます。

クル病は、ビタミンやカルシウム、適度な紫外線不足からなる病気です。

クル病の予防法としては、日頃からカルシムやビタミンDを不足させないように気をつけながら食事を与えたり、適度な紫外線が入るような飼育環境を心がけることです。

しかし、紫外線があたりすぎると、今度は皮膚の乾燥に繋がるため、適度な調整が必要になります。

カルシムやビタミンD、紫外線が不足すると、脱臼や骨折、痙攣、麻痺、しびれなどの神経症状が見られるようになります。

すると、筋力も低下して、落下しやすくなったり、餌も食べなくなって最悪、命を落とすことにもなります。

クル病は、飼育環境が悪いと発症しやすくなるため、第一に飼育環境を整えることが病気の予防にも繋がります。

クル病の疑いが見られたときには、すぐに専門医に診てもらいましょう。

パンサーカメレオンの老化のスピード

パンサーカメレオンは、平均寿命は6年~8年くらいと言われています。

パンサーカメレオンの平均寿命が8年と考えると、人間と比較して約10倍の老加速度となります。

人間の歳に換算すると、1年で約10歳を取ることになります。

パンサーカメレオンは、湿度調整が難しい生き物と言われるため、パンサーカメレオンがストレスを溜めないよう、適切な環境を与えることが長生きの秘訣です。

パンサーカメレオンの老化に伴う外見の変化

パンサーカメレオンの平均寿命は、6年~8年前後と言われていますが、メスが産卵などがあるため、もっと短命です。

湿度調整がとても難しい生物なので、飼育環境を間違うと、ストレスを与えてしまって、病気にもなりやすくなります。

病気になると、目が閉じてきたり、動きが鈍くなったり、筋力が低下するなどの変化が見られます。

なるべく、早期発見に繋げることが大切です。

パンサーカメレオンの外見の変化

歳を重ねたペットにおすすめの食べ物は?

パンサーカメレオンは、通常は乾燥したコロオギや人工飼料などを食べます。

他にも、ミルワームやジャイアントミルワームなども食べるようですが、生の餌ばかりだと栄養バランスが偏りがちなので、1種類の餌ばかり与えないよう配慮しましょう。

偏食の結果、病気にもかかりやすくなって体が弱ってしまい、寿命も短くなってしまいます。

特に年老いたパンサーカメレオンには、コオロギなどの餌に加えて、野菜やサプリなど、栄養バランスに配慮した餌を与えることがポイントです。

パンサーカメレオンの劣化や病気の症状によっては、専門医に確認してから餌を与えたほうがよいかもしれません。

Sponsored Link

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

パンサーカメレオンは、おとなしい性格なので、とても飼いやすい生物です。

パンサーカメレオンは、乾燥に弱く、脱水症状を起こしやすいので、日頃から霧吹きなどで小まめに葉や木、枝に水滴をつけたり、スポイトで直接水を与えるなどして、潤いを与えるなどしましょう。

そうすることで、パンサーカメレオンにとって、ストレスのない環境を与えてあげられます。

また、カルシウム、ビタミンが不足することで、クル病になるリスクもあるため、栄養バランスを考えながら餌を与えるようにしてください。

パンサーカメレオンの寿命に関するまとめ

おとなしい性格で動きがゆったりのパンサーカメレオン。

パンサーカメレオンは、湿度調整がとても難しい生物なので、飼育環境を間違うと、ストレスにもなって、病気にもなりやすくなります。

パンサーカメレオンは、乾燥に弱く、脱水症状を起こしやすいため、ケージ周辺の湿度を適切に保つことが重要です。

それ以外の対応としては、霧吹きなどで小まめに葉や木、枝に水滴をつけたり、スポイトで直接水をあげることがおすすめです。

湿度には十分に気をくばってあげることで、パンサーカメレオンは快適に過ごすことができ、長寿にも繋がります。

カルシウム、ビタミン、紫外線などが不足することで、クル病になるリスクもあるため、栄養バランスを考えながら餌を与えるようにしましょう。

関連記事

コメントを残す

*